これまではメジャーコードに、長7度や短7度の音を加え、テトラッドコード(四和音)にしてきましたが、ここではマイナーコードに、短7度の音を加えたマイナーセブンスコードを見ていきましょう。マイナーコード(短三和音)から考えてみます。

マイナーセブンスコード

マイナーセブンスコードのポジション指板図

マイナーセブンスコードのポジション

どちらの指板図も3弦3フレットをRoot(根音)の記号のルートとして、短3度の短3度の記号と完全5度の完全5度の記号があります。ここまでなら三和音の「Cm」ですが、短7度の短7度の記号が加わると、四和音の「Cm7」になります。ルートから見て上の短3度と、下の短7度が同じフレットに並んでいる、のが分かりますでしょうか。

短七の和音の響き

マイナーセブンスコードは日本名で短七の和音(たんしちのわおん)と言います。片方の指板図と音源は、根音がC音に続く、短3度と完全5度の短三和音です。もう片方の指板図と音源は、短三和音に短7度が加わり、四和音となった短七の和音となります。短三和音は暗く悲しい響き、が一般的な特徴とされますが、そこに短7度が加わると、悲壮感が薄まり格好良くなる、というのが僕の短七の和音の印象です。全体的に7度系の音は、洒落た感じにしてくれると思っています。

マイナーセブンスコードのベースライン

1・3・5・7小節目がマイナーコードで、2・4・6・8小節目が、同じルートのマイナーセブンスコードです。1・2小節目は異弦同音を利用し、3弦6フレットを2弦1フレットに、2弦5フレットを1弦というようにした方が、運指押弦が楽になる人もいるでしょう。しかし、3・4小節目のように、異弦同音を利用出来ない小節もあるので、どんなフィンガリングにも対応できる、ことも大事かと思います。

マイナーセブンスコードの書き方

2・4小節目のように、ルートの右に「m7」と書くことが多いでしょう。この譜面にはないですが「mi7」や「min7」と、微妙に異なる書き方もあります。以前のページでも説明したように、6・8小節目のように書く人もいるので、それにも慣れておきましょう。