ルート弾きのベースラインは、過去のページでも説明しましたが、ここではルートに完全5度(かんぜんごど)を加えた、ベースラインを考えていきましょう。これまでにも完全5度は説明してきましたが、ここでも簡単に完全5度のフレットを、指板図を使い見ていきたいと思います。

完全5度のフレット

完全5度を含むコード

上記の譜面は、僕が考えた簡単なメロディです。これら全てのコードには、完全5度の音を含んでいます。最終的にはこの譜面に、完全5度のベースラインを付けてやりますが、その前に完全5度について考えてみます。

完全5度がフレット7個分の指板図

完全5度はフレット7個

3弦3フレットをルートのRoot(根音)の記号とした時に、フレット7個分の音程に当たるのが、完全5度の完全5度の記号です。これはどのフレットを、Root(根音)の記号とした時でも同じです。しかし、これでは押弦し辛いので、異弦同音で押弦し易いポジションに直します。

上下の完全5度の指板図

上下の完全5度

2弦5フレット(1弦0フレット)は、Root(根音)の記号に対し音の高くなる完全5度の記号で、ここでは上の完全5度としておきましょう。4弦3フレットはRoot(根音)の記号に対し、音の低くなる完全5度の記号で、ここでは下の完全5度としておきます。2弦5フレットと4弦3フレットの完全5度の記号は、オクターブの関係になり、どちらを選んでも完全5度として使えます。

同弦上と押弦用のメジャーセブンスコードとマイナーセブンスコードの完全5度を説明する指板図

完全5度は同じフレット

両方ともに4弦1フレットをRoot(根音)の記号としていますが、一方はメジャーセブンスコードで、もう一方はマイナセブンスコードです。メジャー系とマイナー系ですが、完全5度の記号は同じフレットにあるのが分かります。こういったコードの場合は、次のようなベースラインも可能です。

4小節とも同じベースラインのTAB譜面

同じベースラインでもOK

これらのコードのルートは全てFなので、4弦1フレットをRoot(根音)の記号としています。また、これらのコードは全てに完全5度の記号も含むので、コード進行的には4小節とも、同じベースラインになっても、問題がない分けです。

完全5度のリズムと運指

次からもRoot(根音)の記号完全5度の記号を使ったベースラインですが、それのリズムと運指について、考えてみましょう。音を鳴らすばかりではなく、音を鳴らさない休符を使えるようになると、リズムには変化をつけられ、運指には余裕も生まれてくると思います。

4分音符だけの完全5度

1小節目はRoot(根音)の記号に対し上の完全5度の記号で、2小節目はRoot(根音)の記号に対し下の完全5度の記号という、4分音符だけのベースラインです。2小節とも同じ完全5度ですが、音を聴いてみると印象は大きく違ってきます。4分音符だけでも、運指は意外に難しいかと思います。

4分休符と完全5度

今度は音符だけではなく、音を鳴らさない4分休符を使い、リズムに変化をつけてあります。これはボサノバという音楽にも見られるベースラインで、ポピュラー音楽でも使われています。また休符を使う分だけ、運指にも余裕が生まれてくると思います。

8分休符と完全5度

今度も休符を使っていますが、4分休符より短い8分休符という種類で、また違った印象を受けるリズムかと思います。このベースラインもボサノバで見られ、ポピュラー音楽でも使われます。運指はセーハを使っても良いですし、8分休符の間に人差し指を、移動させても良いでしょう。

上下の完全5度を覚える

このページの最初に見た譜面に、僕が付けたベースラインです。1小節目から4小節目までは、直ぐ前のRoot(根音)の記号に対して上の完全5度の記号で、5小節目からは直ぐ前のRoot(根音)の記号に対して、下の完全5度の記号を使っているのが分かります。開放弦が入ってくると少し複雑ですが、コードのRoot(根音)の記号に対して、どのフレットが上下の完全5度の記号に当たるか、把握できるようにしておきましょう。