コードが変わる直前の音に気をつけると、ベースラインが効果的になることもあります。その1つがクロマチックアプローチという音使いです。クロマチックアプローチは頻繁に、どのようなジャンルの曲でも使われるので、必ず覚えておきましょう。

クロマチックノートの使い方

半音は隣のフレット

最終的には上記の譜面のコード進行に、クロマチックアプローチを利用した、ベースラインをつけていきましょう。クロマチックアプローチは半音(はんおん)という音程がポイントで、半音をエレキベースのフレットで表すと、直ぐ隣のフレットということになります。半音のフレットに注目し、見ていきましょう。

クロマチックノートの2弦4フレット

クロマチックノート

1小節目ので示す2弦4フレットは、2小節目のコード「F」の、ルートであるRoot(根音)の記号の2弦3フレットに、フレットが隣り合う半音で繋がっています。これをクロマチックアプローチと言い、半音で繋げるのような音をクロマチックノートと言います。

クロマチックノートの2弦2フレット

二通りのクロマチックアプローチ

先ほどはRoot(根音)の記号の2弦3フレットに、2弦4フレットから繋がる、クロマチックアプローチでしたが、今度はでも示すよう、2弦2フレットから半音で繋がっており、クロマチックアプローチは二通りの方法があります。この場合の2弦2フレットは、コード「C」の長3度でもあるので、上記のように長3度の記号とも記しています。

ルート以外にも繋がるクロマチックアプローチ

ルート以外にもクロマチックアプローチ

クロマチックアプローチは、コードのRoot(根音)の記号以外に対しても使われます。上記2小節の場合、コード「F」の長3度の記号に半音で繋がる、1弦3フレットのが、クロマチックノートです。

同じコード内のクロマチックノート

同じコード内のクロマチックノート

クロマチックノートは異なるコードの間だけではなく、同じコード内にも登場する時もあり、それはコードトーンに半音で繋がる場合です。のクロマチックノートは、2小節目のコード「F」のRoot(根音)の記号に、半音で繋がっており、これまで通りです。は同じコード内の「C」の、完全5度である完全5度の記号に、半音で繋がっています。こういった音も、クロマチックノートとして扱われます。

クロマチックノートの考え方

このように、同じコード内のコードトーンに半音で繋がる音であれば、それもクロマチックノートと考えるのが普通です。しかし、音楽理論所や教える人によっては、同じコード内ではクロマチックノート、としては扱っていない場合もあります。クロマチックノートの考え方には、少し違いもあるようなので、気をつけましょう。

半音が2回続くダブルクロマチックアプローチ

ダブルクロマチックアプローチ

3弦3フレットのRoot(根音)の記号半音が2回続いており、これをダブルクロマチックアプローチと言います。使い過ぎるとクドくなりがちですが、要所で使えば効果的なベースラインです。ダブルクロマチックアプローチはクロマチックノートのを、2回続けなければならないという分けではなく、2弦5フレットからでもダブルクロマチックアプローチです。

トリプルクロマチックアプローチ

7小節目のコード「Dm7」は、終わりの音が2弦4フレットです。8小節目はコード「G7」なので、ルートへ半音で繋ごうとすると、1弦0フレット(2弦5フレット)ですが、1オクターブ低い4弦3フレットから入っています。半音で繋がっていないので、クロマチックアプローチではありませんが、こういうベースラインもよく見られます。最後の8・9小節目にかけては、ダブルクロマチックアプローチより更に1つ多い、言うなればトリプルクロマチックアプローチになっており、このベースラインもよく使われています。