主に基本的なコードは、3つや4つの音が集まり構成されますが、それらの音をコードトーンと言います。コードトーンを使えるようになると、ルート弾きとは違い、ベースラインも華やかなものになります。しかし、気をつけなければならないことも、幾つか出てきます。

コードトーンの並べ方

コードトーンはアルペジオ

上記は簡単なメロディに、コードが付けられた9小節です。最終的にはこの9小節のコード進行に、コードトーンだけのベースラインを作りますが、先ずコードトーンの並べ方について考えてみます。因みに、コードトーンはアルペジオとも言われるので、覚えておきましょう。

不自然なベースラインの4小節

不自然なベースライン

オクターブの差がある、ルートのRoot(根音)の記号で挟むように、コードトーンを並べたベースラインです。コードの変わり目の音に注目してみましょう。1・2小節目なら、1弦5フレットから4弦0フレットのように、音が離れすぎています。2・3小節目と3・4小節目もそうで、音の離れすぎが続くと、不自然なベースラインになってしまいがちです。

落ち着いたベースライン4小節

落ち着いたベースライン

先ほどのベースラインから、4拍目のRoot(根音)の記号だけをオクターブ下げてみました。これでコードの変わり目の音が近づき、落ち着いたベースラインになるかと思います。コード間のベースラインの繋がりというのは重要で、これがベースラインの作り方のポイントになってきます。それらについては、この後のページでも解説します。

コードトーンを順番に並べた4小節

コードトーンを順番に並べる

今度はコードが四和音なり、Root(根音)の記号から3度・5度・7度と、順番にコードトーンが並んでいます。分かり易く使い易いベースラインではありますが、やはりベースラインの繋がりを考えると、不自然さが残る部分もあるかと思います。

コードトーンをバラバラに入れ替えた4小節

コードトーンをバラバラにする

各小節の1拍目にRoot(根音)の記号を弾くというのは同じですが、2拍目からのコードトーンを、バラバラに入れ替えたベースラインです。コードトーンをバラすと、ベースラインも自由になり、コードの変わり目の音にも気を配れ、ベースラインの作り方に、余裕が生まれてきます。

1拍目にルート以外のコードトンを弾いた4小節

1拍目にルート以外を弾く

先ほどは1拍目にルートを弾いていましたが、ルート以外のコードトーンを弾く、というベースラインもあります。3度・5度・7度の、どれを1拍目に弾いても良いですが、2小節目「Am7」は短3度の短3度の記号で、4小節目「G7」は長3度の長3度の記号というように、1拍目に3度の音を弾くと、ルートと同じくらいの安定感が得られるかと思います。

邪魔をしないベースラインを作る

このページで最初に見た譜面に、ベースラインを付けてみました。コードのコードトーンを全て使っているので、動きの多い華やかなベースラインですが、これが合っているかどうかは、個々により意見が違うはずです。曲の主役はメロディなので、それの邪魔をしてしまっている、と感じる人もいるでしょう。

音を聴きながら弾けるように

曲の主役はメロディだと言いましたが、それ以外の音を聴くことも大切です。プロのミュージシャンでも、自分の音だけを前に出す人も多いですが、それだとバンド演奏の意味がありません。大変に難しいことですが、自分以外のパートも聴ききながら、演奏できるようになると、バンド演奏も更に楽しくなるはずです。