短調(たんちょう)とはマイナーキーのことで、マイナースケールのことだと思ってください。ディグリーネームにはマイナーキーのものもあり、メジャーキーのディグリーネームとは異なる部分があります。また、マイナースケールの種類に応じても、ディグリーネームは使い分けられます。

マイナースケールから作るディグリーネーム

Aマイナースケールの全音と半音

Aマイナースケールもダイアトニックスケール

Aマイナースケールなので、主音であるトニックは「A」音です。過去のページでダイアトニックスケールとは全音が5つと半音が2つから構成される音階だと説明しました。なのでAマイナースケールも、ダイアトニックスケールの条件に当てはまり、Cメジャースケールと同様に、鍵盤楽器なら白鍵だけで作れるスケールです。CメジャースケールとAマイナスケールのように、同じ音から構成される関係を、平行調(へいこうちょう)といいます。詳しくは平行調の平行短調と平行長調で説明しています。同じAマイナースケールを、音符でも見ていきましょう。

Aマイナースケール(自然的短音階)

Aマイナースケールから作るダイアトニックコード

Cメジャースケールの時もやったように、Aマイナースケールにも番号を振ってみました。やはりからの一音ずつが、ルート(一番下の音)になり、そこに音を重ねていくのが、ダイアトニックコードです。音の重ね方も、メジャースケールの時と全く同じで、次のように一音ずつ飛ばして重ねてやります。

コード「Am7」と「Bm7(♭5)」を作っている音

コード「Am7」と「Bm7(♭5)

の「A」音がルートなら、順番にの「C」音、の「E」音、の「G」音と積み重なり、コード「Am7」が作られます。同じようにの「B」音がルートなら、の「D」音、の「F」音、の「A」音が積み重なり、コード「Bm7(♭5)」が作られます。どの音をルートにした場合にでも、次の次の音を選び、そこからまた次の次の音を、重ねていきます。Aマイナーキーから作られる、ダイアトニックコードを確認してみましょう。

Aマイナーキーのダイアトニックコードとディグリーネーム(四和音)

マイナーキーのディグリーネーム

AマイナースケールとCメジャースケールは、平行調の関係にあるので、順番こそ違いますが、同じダイアトニックコードが出来上がります。オレンジ色で記されたものが、短調であるマイナーキーのディグリーネームで、Aマイナーキーのダイアトニックコードの、ルート部分だけがローマ数字になっており、このローマ数字に、マイナースケールの音名を当てはめれば、他のマイナーキーの、ダイアトニックコードが出来上がります。これはメジャーキーのディグリーネームと同じです。

マイナーキーのディグリーネームには「♭」が付く

  • ⅢM7(3度フラットメジャーセブンス)
  • ⅥM7(6度フラットメジャーセブンス)
  • Ⅶ7(7度フラットセブンス)

マイナーキーのディグリーネームになると、上記の3つに「♭」が付きます。この「♭」は約束的なことで「ディグリーネームの基準はメジャースケール」という考えがある為です。マイナーキーによってはコードに「♭」が必要な場合もありますが、上記のAマイナーキーのように「♭」が不必要なこともあるので、ディグリーネームの「♭」に惑わされないように気をつけましょう。ディグリーネームの「♭」がややこしく思えたら、先ずは無くして考えてもいいでしょう。マイナーキーのダイアトニックコード一覧表も作成しておいたので、確認しておいてください。

ハーモニックマイナーのディグリーネーム

マイナーキーのディグリーネームを見てきましたが、それはナチュラルマイナースケールを基にしたものです。ハーモニックマイナーのディグリーネームを、ハーモニックマイナースケールから考えてみましょう。

Aハーモニックマイナースケール(和声的短音階)

ハーモニックマイナースケール

「A」音がトニックの、ハーモニックマイナースケールを見ていきましょう。これはナチュラルマイナースケールの、7番目の音が半音上がり、作られるマイナースケールです。このことにより、6番目と7番目の音程が、半音3つ分に広がるので、ダイアトニックスケールではなくなります。また、積み重ねられるコード郡や、ディグリーネームにも、次のように変化が表れてきます。

Aハーモニックマイナーのコード郡とディグリーネーム

ハーモニックマイナーのディグリーネーム

ハーモニックマイナースケールは、7番目の音が半音上がり「♯」が付きますが、コードに変化が表れるのは、7番目だけということではありません。7番目の音が積み重ねられ、関係してくるコード全部に変化が見られます。オレンジ色で記したのがハーモニックマイナーのディグリーネームで、ナチュラルマイナーキーのディグリーネームと、違うのもあれば同じのも見られます。

メロディックマイナーのディグリーネーム

マイナースケールにはナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケールに続き、更にメロディックマイナースケールというのもあります。やはり、それに合わせてダイアトニックコード・ディグリーネームにも変化が見られます。メロディックマイナースケールから見ていきましょう。

Aメロディックマイナースケール(旋律的短音階)

メロディックマイナースケール

ハーモニックマイナースケールの、6番目に「♯」を付けたのが、メロディックマイナースケールになります。これにより、6番目と7番目の音程が全音に縮まり、不自然さが解消されたマイナースケールになりましたが、これもダイアトニックスケールの条件に、当てはまらないのが分かります。(勘違いをしており、ダイアトニックスケールの条件に当てはまりました。訂正してお詫び申し上げます。)ここから作られるダイアトニックコードと、ディグリーネームは次のようになります。

Aメロディックマイナーキーのダイアトニックコードとディグリーネーム

メロディックマイナーのディグリーネーム

これもやはり6番目のコードだけに変化があるのではなく、6番目の音が積み重ねられるコード、全てに影響が出てきます。オレンジ色がメロディックマイナーのディグリーネームです。一番最初に見たナチュラルマイナーのディグリーネームからだと、全てに変化が表れています。3種類のマイナーキーによるディグリーネームを、次の表にまとめてみました。

マイナーキーのディグリーネーム表

ディグリーネームを覚える必要はない

説明してきたように、マイナースケールの種類は主に3種類あり、その種類ごとにダイアトニックコードが変わり、ディグリーネームにも変化が見られます。メジャーキーも含めてですが、ディグリーネームは暗記必須なのかと言われれば、全くそんなことはないでしょう。僕は音楽理論も教えているので、一応は覚えていますが、エレキベースを弾くだけなら、ずっと縁のないものだと思います。音楽をやっている人でも、特にマイナーキーのディグリーネームとなると、本やサイトで確認する人も多いです。