スケール(音階)を基にして、音を積み重ねて作られるコードをダイアトニックコードと言います。スケールを基にするので、先ずはド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドのCメジャースケールで、ダイアトニックコードの基本から知りましょう。

ダイアトニックスケールとは?

Cメジャースケールの全音と半音

全音と半音について

C音から隣り合うD音は全音(ぜんおん)という距離です。E音からF音も隣り合っていますが、その間には黒いキーの黒鍵(こっけん)がないので、これは半音(はんおん)という距離で、それはB音からC音も同じです。その他の白いキーである、白鍵(はっけん)は隣り合っていますが、間に黒鍵があるので全音です。先ずはこれらの、全音半音について知っておきましょう。

ダイアトニックスケールは全音5つと半音2つ

C音から次のC音までを、1オクターブと言いますが、この1オクターブ内に全音が5つ、半音が2つあるスケールをダイアトニックスケールと言います。上記の鍵盤図ではCメジャースケールを表していますが、他のメジャースケールも全てが全音が5つ、半音が2つで作られている、ダイアトニックスケールと言えます。

ダイアトニックコードの作り方

Cメジャースケールのダイアトニックスケール

ルートを土台に音を積み重ねる

上記の小節はダイアトニックスケールであるCメジャースケールで、それをTAB譜面では3弦のみで表しています。実際に演奏する場合は、3弦だけではなく2弦と1弦を使うのが普通です。ただ、こう表した方が全音半音を、分かりやすく見られるかと思います。ここで注目してほしいのが、C音から順に番号が振ってあり、この一音ずつがダイアトニックコードの、ルートというコードの一番下の音になったり、そのルートの上に積み重ねられる音になります。その積み重ね方は次のようになります。

Cメジャースケールから作られるダイアトニックコードのトライアドコード

トライアドコードは三和音

前述したように、Cメジャースケールの一音ずつをルートにして、音を二つ重ねてやりました。何の音を二つ重ねても良いという分けではなく、同じCメジャースケール内から、音を持ってきます。ルートも含めると「」「」「」というように、ルートから一音ずつ飛び石で、順序よく重なっていくのが、コードの基本と思ってください。ここでは三つの音が重なる三和音で、これをトライアドコードと言います。コード名は以下の通りです。

  • C(シー・メジャー)
  • Dm(ディー・マイナー)
  • Em(イー・マイナー)
  • F(エフ・メジャー)
  • G(ジー・メジャー)
  • Am(エー・マイナー)
  • Bm(♭5)(ビー・マイナー・フラット・ファイブ)

ダイアトニックコード(テトラッドコード)

Cメジャースケールから作られるダイアトニックコードのテトラッドコード

テトラッドコードは四和音

同じくCメジャースケールを基にした、ダイアトニックコードですが、今度は四和音という意味のテトラッドコードです。テトラッドコードも、トライアドコードと同じように「CM7」なら「」というように、ルートから一音飛ばしで重ねていきます。更に音が重なった、五和音や六和音もありますが、ダイアトニックコードは三和音のトライアドコードと、四和音のテトラッドコードが基本、と思っておけば良いでしょう。コード名は以下の通りです。

  • CM7(シー・メジャー・セブンス)
  • Dm7(ディー・マイナー・セブンス)
  • Em7(イー・マイナー・セブンス)
  • FM7(エフ・メジャー・セブンス)
  • G7(ジー・セブンス)
  • Am7(エー・マイナー・セブンス)
  • Bm7(♭5)(ビー・マイナー・セブンス・フラット・ファイブ)
Cメジャースケールから作られるダイアトニックコード表

メジャースケールからマイナーコード?

このページで説明したのは、Cメジャースケールを基にして作った、ダイアトニックコードでした。メジャースケールから作ったのに、コードを見ると「Dm」や「Em」などの、マイナーコードがあるのは、感覚的に変だと思うかもしれません。僕も最初はメジャースケールからだと、コードも全てメジャーコードになるのが自然だ、と思っていました。しかし曲というのは、ダイアトニックコードを基本に作られており、メジャーコードだけだと、雰囲気がずっと明るいままになってしまうので、マイナーコードも都合よく入ってくる分けです。次のページでは、その辺りを音楽理論的に見ていきましょう。