コードにはメジャーコードやマイナーコードという種類がありますが、コードの中身がどのように変われば、メジャーコードやマイナーコードの違いが出てくるのか、気になったこともあるかと思います。ここでは主にピアノの鍵盤図を使い、Cメジャースケール内の音だけに絞り、コードの成り立ちを具体的に見ていきたいと思います。

度数の数え方

C音の1度から8度とD音の1度から8度までを説明した2小節

度数は最初の音が1度になる

音の距離を音程と言いますが、その音程の単位を度数(どすう)と言います。度数は最初の音を1度とし、次からの音を2度・3度・4度と順番に数えます。片方の小節はC音を1度としていますが、もう片方は最初の音がD音なので、D音を1度として数えていく分けです。これは最初の音がE音でも、F音になっても同じことです。度数は9度以降も続きますが、コードは1度から8度までで基本を作れるので、先ずは1度から8度までの、度数の数え方を覚えましょう。

C音とD音が1度の時の3度と5度で作るコード

1度と3度と5度で作られるコード

例外も多くありますが、コードは最初の音から1音ずつを飛ばし重なり合い、作られていくのが基本です。上記の2小節を例に挙げてみると、C音とD音を1度とした場合、そこに3度と5度を積み重ね、3つの音が集まって構成されているので、三和音のコードということです。それぞれ1度・3度・5度なので、一見すると同じ種類のコードと思いますが、1度からの音程に違いがあるので、異なるコードになります。これを具体的に、ピアノの鍵盤図を使い見てきましょう。

長3度と短3度は半音

3度の半音4つ分は長3度と半音3つ分は短3度の鍵盤図

3度の半音4つ分は長3度で半音3つ分は短3度

鍵盤図にある半音の記号は半音1つ分を表しており、エレキベースでいうところの、フレット1つ分だと思ってください。C音を1度とする時は、E音の3度まで半音4つ分です。D音を1度とする時は、F音の3度まで半音3つ分です。同じ3度でも半音の数が違うので、区別する必要があります。これを半音4つ分は長3度(ちょうさんど)とし半音3つ分は短3度(たんさんど)とするのが音楽理論的な言い方です。

5度の半音7つ分は完全5度の鍵盤図

5度の半音7つ分は完全5度

今度も同じようにして、5度までの半音の記号を見てみましょう。C音を1度とする場合、G音の5度まで半音は7つ分あります。D音を1度とする場合も、A音の5度まで半音は7つ分あります。3度に長短が付いたように、半音7つ分は完全5度(かんぜんごど)と言います。では、これら1度・3度・5度で作られるコードを考えてみましょう。

コードC(シー・メジャー)とDm(ディー・マイナー)の構成と省略

コードの根音と略記号

コードの最初に表記されるアルファベットですが、あれは根音(こんおん)の音名です。根音は1度と同じことで、コードの最初には必ず根音(1度)の音名を表記するのがルールです。次に3度ですが、長3度を「M3」、短3度を「m3」という略記号をよく使います。同じように、完全5度の略記号は「P5」です。根音と略記号を使い表したのが、上記のコードネームなのですが、コードネームは無駄なものを除外し、省略するのが普通です。その省略できるもの、省略できないものは次の通りです。

長3度と完全5度は省略できる

C音を1度とし長3度と完全5度を、略さずに表すと「C M3 P5」となりますが、長3度と完全5度は省略しても良いというのが決まりごとです。なので、1度の音名を書くだけで「根音・長3度・完全5度」の詰まった、コード「C(シー・メジャー)」を表すことが出来ます。

短3度は「m」

D音を1度とし短3度と完全5度を、略さずに表すと「D m3 P5」となります。完全5度は全てを省略することが出来ますが、短3度は全てを省略できず、コードに表す時は小文字の「m」とします。1度の音名と短3度の「m」で「根音・短3度・完全5度」の詰まった、コード「Dm(ディー・マイナー)」を表します。

完全5度と減5度も半音

F音とB音が1度の時の3度と5度で作るコード

F音とB音が1度の時の3度と5度

F音が1度になる時と、B音が1度になる時の度数を確認してみても、順番に2度・3度・4度と増えているのが分かります。両方ともに1度から3度までと、1度から5度まで、音符だけを見れば同じ音程だけ離れているように見えますが、やはり半音で数えていくと違いが分かります。今度は特に5度に注目して見ていきましょう。

1度から半音6つ分の減5度の鍵盤図

5度の半音6つ分は減5度

F音が1度の時の半音4つ分の3度が長3度、B音が1度の時の半音3つ分の3度が短3度というのは、1度の音名が違うものの、これまでに説明してきたことと同じ理屈です。F音が1度の時の半音7つ分の5度が完全5度、というのも説明してきた通りです。B音が1度の時の5度ですが、こちらは半音で数えると6つ分です。これも完全5度としてしまうと拙いので、半音6つ分は減5度(げんごど)とするのが音楽理論的な言い回しです。

コードF(エフ・メジャー)とBm♭5(ビー・ディミニッシュ)の構成と省略

減5度の略記号

長3度(M3)と完全5度(P5)をコードに表す場合、全て省略できると説明した通り、根音の音名を書くだけでコード「F(エフ・メジャー)」の完成です。短3度の略記号は「m3」で、これをコードに表す時は全てを省略できず「m」になると説明しました。減5度の略記号ですが「♭5」や「-5」とする場合が多いかと思います。コードに表す時はカッコを付け(♭5)(-5)とします。

コードの読み方・書き方は複数

根音・短3度・減5度で作られるコード「Bm(♭5)」の読み方は「ビー・ディミニッシュ」と言いますが「ビー・マイナー・フラット・ファイブ」とも言われます。後者の方がコードの見た目にもマッチしているので、初心者には分かり易いかと思います。同じコード「Bm(-5)」になると「ビー・マイナー・マイナス・ファイブ」と、コードに合わせた読み方をするのが一般的でしょう。このように、コードの読み方や書き方は複数あるので、最初は難しく思うはずです。

長7度と短7度も半音

C音とG音が1度の時の3度と5度と7度で作るコード

四和音目の音は7度

コードは三和音の他に四和音もよく使用され、四和音目の音は7度の音が基本と思ってください。上記の2小節を例に挙げると、四和音のコードも1度から一音ずつ飛ばし積み重なり、作られていくのが分かると思います。これまでと同じように、これら2小節の1度から7度の、半音の数を鍵盤図で見ていきます。

7度の半音11こ分の長7度と半音10個分の短7度の鍵盤図

7度の半音11こ分は長7度で半音10こ分は短7度

C音が1度の時はB音が7度になり、半音は11こ分あります。この半音11こ分を長7度(ちょうしちど)と言います。G音が1度の時はF音が7度になり、半音は10こ分あります。この半音10こ分を短7度と言います。1度からの音程が広い方に長を付け、音程が狭い方に短を付けるのは、3度の音程と全く同じです。

コードCM7(シー・メジャー・セブンス)の構成と省略

長7度の略記号

長7度の略記号は「M7」とします。根音の音名と略記号を使い表すと「C M3 P5 M7」ですが、長3度と完全5度は省略するので、コードは根音の音名と長7度で「CM7(シー・メジャー・セブンス)」です。この「M7」ですが「△7」や「Maj7」ともコードに表され、これでも同じ「シー・メジャー・セブンス」です。

コードG7(ジー・セブンス)の構成と省略

短7度の略記号

長7度の略記号を「M7」としましたが、それに合わせると、短7度の略記号は「m7」と思うのが自然なので、ここでも先ずはそうしておきます。長7度の場合は略記号の「M7」を、そのままコードにも書き表しましたが、短7度をコードに表す時には「m7」ではなく「7」だけ、ということを覚えておきましょう。何故なら「Gm7」にしてしまうと、3度の音程が短3度を表すことになってしまうからです。コードに表すと根音の音名と短7度で「G7(ジー・セブンス)」です。

E音とA音が1度の時の3度と5度と7度で作るコード

コードの音がコードトーン

最後にE音とA音が1度の時の、3度・5度・7度で作られるコードを見ていきましょう。この1度を含めたコードを構成する音ですが、コードトーンやアルペジオとも言われるので覚えておきましょう。1度からそれぞれのコードトーンまで、半音の数がどれだけあるか、これまでの通り鍵盤図で確認していきます。

7度の半音が10こ分は短7度の鍵盤図

半音の数で決まるコードの種類

1度から半音の数である半音の記号に注目してみると、両方とも3度までが半音3つ分で短3度、5度までが半音7つ分で完全5度、7度までが半音10こ分で短7度、と同じなのが確認できます。1度の音名は違いますが、それぞれのコードトーンまでの半音の数が同じなので、同じ種類のコードになるということです。

コードEm7(イー・マイナー・セブンス)の構成と省略

小文字の「m」は短3度

根音と略記号を並べると「E m3 P5 m7」となります。この中で全てを省略できるのは、完全5度の「P5」だけなので、コードに表すと「Em7(イー・マイナー・セブンス)」となります。前述したように、短7度の略記号「m7」をコードに表す時は「7」だけなので、この時の小文字の「m」は3度が短3度というのを表しています。

コードAm7(エー・マイナー・セブンス)の構成と省略

完全5度のみ省略可能

コード「Am7(エー・マイナー・セブンス)」を区切ってみると、1度でもある根音の音名「A」と、短3度を表す「m」と、短7度を表す「7」と考えることが出来ます。完全5度の「P5」はということ、何度も説明してきたように、全てを省略できるので、コードには表されない分けです。

エレキベースに度数や半音は不要?

非常に長々と説明してきましたが「3度の半音4つ分は長3度で、5度の半音7つ分は完全5度」などを覚えないと、ベースのコードについても理解できないのかというと、決してそんなことはありません。私たちはベーシストなので、長3度や完全5度などの音程を、エレキベースの指板で視覚的に直感的に、考え押弦していくことも可能です。むしろ、ベーシストはそのようにして、コードを考える人が多いでしょう。それに関しては長3度と完全5度のフレットなどでも説明しているので、参考にしてください。