鳴っている弦の振動で、鳴っていない弦までが震え出し、震え出した弦が知らぬ間に鳴ってしまう、ということがあります。それを弦の共鳴と言い、弦の共鳴が大きすぎてしまうと、演奏に支障をきたすので、それを防ぎながら演奏するというのが、ここで説明する弦の共鳴を防ぐミュートです。指弾きの場合は親指ミュートとして、ピック弾きの場合はチョップミュートとして説明していきます。

指弾きの親指ミュート


指弾きの親指ミュートの写真

指弾きは親指を移動させてミュートする

指弾きでは「親指をピックアップの上に乗せる」という説明をしている場合が多いです。その状態で暫くの間、1弦だけを弾くとしましょう。2弦には指弾きによる、人差し指と中指が当たりますが、3・4弦には触れる指がないので、弦の共鳴が始まってしまいます。押弦している手の方で3・4弦に触れる、という方法もありますが、ベースラインによっては無理な場合もあります。そこで写真のように、親指をピックアップの上から、4弦にも触れるようにして、3弦の上に乗せてやり、3・4弦をミュートさせて弦の共鳴を防ぎます。

黄色で示す弦を親指ミュートする4小節

親指ミュートのフィンガリング

指弾きだと3弦を弾く時には、人差し指か中指が4弦に当たるので、1小節目の親指の位置はピックアップの上で問題ないでしょう。2小節目の2弦3フレットから、親指を4弦の上に移動させ、1弦4フレットからは、4弦にも親指が当たるように、3弦の上に移動させます。3小節目の2弦5フレットから、親指は4弦の上に移動させてもいいですが、そのまま3弦の上でも弾ける人は、そのままでも良いでしょう。このように、親指ミュートのフィンガリングは、ベーシストにより変わってくると思います。4小節目は親指をピックアップの上に戻します。

ピック弾きのチョップミュート


ピック弾きのチョップミュートの写真

ピック弾きはチョップを弦に当てながら弾く

ピック弾きでも1弦を弾くとしましょう。ピック弾きの場合は、手のチョップ部分を2・3・4弦に当てながら、1弦を弾くというミュートです。2弦を弾く時は3・4弦をチョップミュート、3弦を弾く時は4弦をチョップミュートします。4弦を弾く時は、1・2・3弦をチョップミュート出来ない、と思う人もいるでしょうが、その場合は押弦している手の方で、ミュートをすることになります。ピック弾きのミュートも、コツを掴むまでは非常に難しいフィンガリングです。

黄色で示す弦をチョップミュートする4小節

チョップミュートのフィンガリング

1小節目は3弦3フレットから、4弦をミュートします。2小節目は3弦3フレットから4・3弦を、1弦4フレットから4・3・2弦をミュートします。3小節目は2弦5フレットを弾く時に、当然ミュートしていた2弦を離してやらないと、音が雲ってしまいます。弾きながらも、繊細なフィンガリングが必要なので、ポイントを見つけるまでに苦労します。また「手のチョップでミュートする」と説明しましたが、ピックを弦に当てる角度によっては、手のひらの手首寄りなどで、ミュートする場合も出てくるので、チョップミュートもベーシストよって、フィンガリングは異なってくるでしょう。

親指ミュートとチョップミュートの練習

弦の共鳴を防ぐミュートは慌てずに

今度も4分音符だけを使い、弦の共鳴を防ぐミュートの練習をしてみましょう。先ほど説明したように、指弾きなら親指を移動させ、ピック弾きならチョップを使いミュートをしますが、弦の共鳴に焦り、慌ててミュートしに行く必要はありません。何故なら、弦の共鳴は直ぐに起こる現象ではなく、ジワジワとやってくるものだからです。弾きながらでも、慌てず探るようにミュートしていけば、それで十分に間に合います。

音の余韻を消すミュート

最後の8小節目ですが、4弦1フレット弾き終え、弦をフレットから離した時に、音の余韻が残る場合もあります。こういう時にもミュートは効果的で、指弾きなら、次の2弦2フレットを弾くのと同じ位に、親指を4弦の上に乗せてミュート、ピック弾きも説明してきた、チョップでミュートしてやります。

弦の共鳴を気にしないベーシストも多い

弦の共鳴を防ぐミュートは難しく地味な上に、聴いている人には何一つ伝わらないテクニックです。また音量によっては、共鳴が全く起こらない場合もあります。なので、共鳴を気にしないベーシストも居り、それはそれで良いとも思います。今は必要ないと思ったら、急いで覚える必要もないでしょう。