8分音符が主体となったリズムを、8ビート(エイトビート)と言います。そこにシャッフル(shuffle)バウンス(bounce)という音楽記号が加えられると、跳ねるようなリズムに変化します。これは1拍3連符と非常に深い関係にあるので、思い出しながら見ていきましょう。

シャッフル/バウンス

ストレート/イーブン
ストレート/イーブンの2小節

ストレートはイーブン

上記2小節は何の変哲もないリズムです。ここにシャッフルのリズムになると8分音符に変化が表れますが、ここにはシャッフル記号が無いので、普通に歌えば良い分けです。この普通に歌ったり弾いたりすることを、イーブンストレートと言います。

シャッフル記号
シャッフル記号のある2小節

シャッフル記号で変化あり

次も同じ2小節ですが冒頭にシャッフル記号があり、これにより8分音符に変化が表れます。イーブンだと8分音符はタタでしたが、シャッフルになると1つ目の8分音符が、少し長くなりとなります。1拍3連符を思い出し、更に詳しく見ていきましょう。

1拍3連符とタイ記号
1拍3連符とタイ記号の2小節

2対1に分ける

先程の2小節の8分音符の部分を、1拍3連符とタイ記号で表しています。こうしてやると、音符の見た目的にもという、2対1のリズムに分けられている、というのが分かりますでしょうか。このリズムこそが先程の、シャッフルの2小節と同じリズムになるわけです。

8分休符のshuffle
8分休符のshuffleの2小節

8分休符もシャッフル

シャッフル記号は8分音符だけでなく、8分休符にも影響してきます。1小節目のように8分休符が前に来る場合は、ウンというように8分休符が長くなります。2小節目のように8分休符が後に来る場合は、というように8分休符が短くなります。これも1拍3連符とタイ記号を使い見てみましょう。

shuffleもシャッフル記号

今度は冒頭にshuffleとありますが、これもシャッフル記号の1つです。

1拍3連符とタイ記号(休符)
1拍3連符とタイ記号(休符)の2小節

8分休符も2対1

1小節目は1拍3連符の1つ目と2つ目が休符で、ウンの2対1になっています。2小節目は1拍3連符の3つ目が休符で、の2対1になっています。シャッフルがかかる8分休符の場合も、1拍3連符とタイ記号にしてから考えると、先ずは分かり易いかと思います。

付点4分音符のbounce               ┃4分音符+8分音符のbounce
付点4分音符と4分音符+8分音符のbounceの2小節

付点4分音符のバウンス

左の小節は付点4分音符から8分音符、というバウンスのリズムがあります。これは右の小節のように、4分音符と8分音符をタイ記号で結んだ形と同じなので、先ずはそれから考えてみるのも良いでしょう。

bounceもシャッフル記号

ここでは冒頭にbounceとありますが、これもシャッフル記号と同じです。

4分音符                      ┃1拍3連符のタイ記号
4分音符と1拍3連符のタイ記号の2小節

4分音符の感じ方

左の小節のように、バウンスのリズムで4分音符だけを弾くとします。単にターターターターと弾くよりも、右の小節のように、1拍3連符をタイ記号で結んだアアアアアアアアというような、跳ねる感じを意識して弾けると、4分音符にもバウンス感が生まれてくると思います。

シャッフルやバウンスの対比率

ここでは1拍3連符とタイ記号を使い、シャッフルやバウンスを2対1のリズムだと説明してきました。しかし、シャッフルやバウンスは必ず2対1になるものではなく、それ以外のリズムになる場合もあります。標準的なシャッフルやバウンスが2対1、という考えを持っておくと良いでしょう。

シャッフル/バウンスのリズム練習

大きな譜面を開く
シャッフル/バウンス(休符なし)                                                           ┃5小節目
シャッフル/バウンス(休符なし)の譜面

8分音符の跳ね方

3小節目は全て8分音符なので、シャッフルで跳ねている感じが分かると思います。をしっかりと、意識して歌えるようにしてください。他に間違いやすいリズムは、5小節目の付点4分音符と、6小節目の2分音符のタイ記号かと思うので、注意して音源を聴くようにしましょう。

2拍3連符                      ┃2拍3連符(別表記)
2拍3連符と別表記の2小節

2拍3連符の思い出し方

左は2拍3連符のある8小節目ですが、リズムの取り方は2拍3連符は2分音符を三等分したリズムでも説明しました。他にも右の小節のように、1拍3連符とタイ記号を使い表すことも出来ます。2拍3連符は思い出し難いリズムなので、自分に合うやり方でコツコツ練習しましょう。

大きな譜面を開く
シャッフル/バウンス(休符あり)                                                           ┃5小節目
シャッフル/バウンス(休符あり)の譜面

8分休符のバウンス

8分休符にもバウンスがかかると説明していたように、1・2小節目でウンという、8分休符が先に来るバウンスがあります。それとは逆に、3小節目には8分休符が後にくるバウンスがあるので、両方の違いを区別できるようにしておきましょう。

スウィングというリズム

シャッフルやバウンスと似たリズムに、スウィングというものがあります。同じように、8分音符が跳ねるリズムですが、スウィングはジャズというジャンルで定番のリズムです。スウィングはシャッフルやバウンスと、似ているリズムでもあり、全く違うリズムでもあると言えます。

記事終了
このページのまとめ
  • シャッフルとバウンスは同じ意味。
  • シャッフルやバウンスは跳ねるリズムになる。
  • シャッフルやバウンスは1拍3連符から考えると良い。