4分音符を2倍にしてやると2分音符で、4倍にしてやると全音符でした。逆に、4分音符を2分の1にしてやると8分音符で、更に4分の1にしてやったのが、このサイトで説明する、最も短い音符となります。

16分音符は8分音符の半分

4分音符 4分休符 1拍
4分音符の画像 4分休符の画像 4分音符・4分休符の長さ
8分音符 8分休符 0.5拍
8分音符の画像 8分休符の画像 8分音符・8分休符の長さ
16分音符 16分休符 0.25拍
16分音符の画像 16分休符の画像 16分音符・16分休符の長さ

16分音符・16分休符

8分音符・8分休符を均等に、半分の長さにしたのが16分音符・16分休符です。上記の表からも、4分音符と8分音符と16分音符の長さ関係が、視覚的に分かると思います。16分音符は4分音符から見ると、4分の1の長さになるので、仮に4分音符という箱があれば、16分音符はそこに4つ収まる、ということになります。音符の長さ関係は、簡単な算数が分かれば理解できると思います。

1小節目が4分音符、2小節目が16分音符

16分音符も連桁で繋げる

2小節目にある「タカタカ」が、4分音符1つに相当する、16分音符が4つ集まった状態です。8分音符と同じように、16分音符も2つ以上から4つまでは連桁(れんこう)で繋げ、音符を見やすくしてやるのが一般的です。8分音符の連桁の横線は一本でしたが、16分音符は二本の連桁であるのが分かります。

16分音符と8分音符が合体したリズムのAパターン・Bパターン・Cパターン

16分音符を8分音符と連桁で繋げたリズム

16分音符が4つの「タカタカ」だけなら分かり易いですが、ここに8分音符が合体して作り出されるリズムもあります。それらが2拍目の「タアタカ」でAパターン、3拍目の「タカタア」でBパターン、4拍目の「タカアカ」でCパターンです。これらA・B・Cのリズムパターンは難しいですが、次のように1拍目の「タカタカ」を基本パターンとして、そこにタイ記号を用いて考えてやると、分かり易いかもしれません。

16分音符4つの1つ目と2つ目をタイ記号で結んだAパターンのリズム小節

8分音符+16分音符+16分音符

左の小節は16分音符が4つありますが、それなら「タカタカ」と歌えば良いですが、1つ目と2つ目の16分音符が、タイ記号で結ばれています。タイ記号で結ばれた2つ目の16分音符は、音を伸ばす必要があるので「タアタカ」と考え歌ってやります。16分音符2つ分は8分音符1つ分と同じなので、左の小節を見易くしてやったものが、右の小節になるということです。

16分音符4つの3つ目と4つ目をタイ記号で結んだBパターンのリズム小節

16分音符+16分音符+8分音符

ここも同じく16分音符4つの「タカタカ」から考えていきますが、今度は3つ目と4つ目の16分音符が、タイ記号で結ばれています。最後の「」を伸ばして歌うので「タカタア」となります。やはり16分音符2つと、8分音符1つはイコールの関係なので、左の小節は右の小節と同じリズムとなります。

16分音符4つの2つ目と3つ目をタイ記号で結んだCパターンのリズム小節

16分音符+8分音符+16分音符

最後も先ず基本パターンの「タカタカ」から始めてみましょう。左の小節は2つ目と3つ目の16分音符が、タイ記号で結ばれており、3つ目の16分音符を伸ばして歌うので「タカアカ」というリズムになります。右の小節の両端が16分音符で、真ん中に位置するのが8分音符で、連桁の違いも見て取れると思います。

16分休符が入ってくるリズム

16分休符が入るリズムは読譜が難しい

16分休符が入ってくると、リズムを取るのが難しいのはもちろん、どこまでが1拍なのか読譜も難しくなります。なので、4分音符と同じ長さになる1拍で区切ってやると、把握しやすくなると思います。1拍目の「タカ」は、16分音符が3つと16分休符が1つで、4分音符と同じ長さになり1拍、2拍目の「タアタ」は8分音符1つと、16分音符と16分休符が1つずつで、4分音符と同じ長さの1拍になります。3・4拍目も同じように、4分音符と同じ長さの、1拍になるのを確認してみましょう。16分休符のリズムパターンは他にもあるので、それは16分音符と16分休符のいろんなリズムパターンを参考にしてください。

16分音符のリズム練習

4分音符1つ分の長さを意識しながら、まずは16分音符が4つ並んだリズムを、音源で覚えましょう。それが16分音符を知る、基礎的なことになってくるでしょう。16分休符とタイ記号が入ってくると、更に複雑なリズムになるので、最初から音源のテンポで歌おうとせずに、無理のないテンポから始めてください。

16分音符と8分音符の合体リズムが難しい

1小節目で4分音符の「ター」と、16分音符が4つの「タカタカ」の長さが、同じなのを感じられると思います。まずは1小節目を繰り返し歌い、4分音符1つ分の長さが、16分音符4つ分に値するというのを覚えておきましょう。僕は「」が連続すると歌い難いので、16分音符を歌う時は「タカタカ」と歌っています。もちろん、全て「」で歌ってもいいですし「ダガツク」など、自分が発音しやすいように、歌ってもらっても全く問題ありません。

5小節目の2拍目には8分音符+16分音符+16分音符の「タアタカ」、4拍目には16分音符+16分音符+8分音符の「タカタア」という音符のリズムがあり、この2種類は間違いやすいリズムなので、気をつけてください。7小節目から出てくる16分音符+8分音符+16分音符の「タカアカ」も、音源でリズムを確認できたら、それを繰り返し歌い、耳と体に覚えさせてしまいましょう。

16分休符が入ると更に複雑なリズムになる

16分休符も16分音符と同じだけの長さで休みますが、休符になると凄く難しく感じられます。4小節目までを一気に歌おうとせずに、1小節ずつクリアしていくといいでしょう。3小節目は16分音符と16分休符が、交互に出てきて難しく思いますが、落ち着いて見れば「」で一区切り、というのが分かります。

僕は5小節目や8小節目の8分休符を「ウン」と歌っていますが、この「ウン」は3小節目の1拍目にある、4分休符の「ウン」とは長さが違うので、気をつけてください。6小節目からは16分音符にタイ記号が付いてきて、これがリズムを非常に難しくしています。最初から音源と同じテンポでは無理だと思うので、先ずはゆっくりと歌うことから始めてください。