連符(れんぷ)の種類はたくさんあり、過去のページで説明した、1拍3連符だけではありません。1拍3連符の次に多く出てくるのが2拍3連符(にはくさんれんぷ)という連符で、2拍3連符は2分音符を基準に作られる連符です。

2拍3連符は2分音符から作る

2分音符 2分休符 2拍
2分音符の画像 2分休符の画像 2分音符・2分休符の長さ
2拍3連符 休符の表し方 2分音符の3分の1拍ずつ
2拍3連符の画像 2拍3連符の休符の画像 2拍3連符の長さ

2拍3連符と休符の長さ

2拍3連は2分音符が1回鳴っている間に、同じ長さで3回音を鳴らします。3回分の音の長さが2分音符と同じになるので、1回なら2分音符の3分の1ということです。2拍3連符は表にもあるように、4分音符・4分休符をカッコで囲み3と表します。この2拍3連で記された4分音符1つは、音の長さが通常の4分音符より、短くなるのが分かるでしょうか。先ずは頭で理解しておきましょう。細かなことですが、2拍3連符も「2拍3連」と省略して呼ばれることが多いです。

1小節目が2分音符、2小節目が2拍3連符

2拍3連符を歌うコツ

2拍3連符は2小節目のような書き方をし、2分音符1つの長さに対して、2拍3連符の固まりが1つ出来るので、1小節目と2小節目を見比べると、それが分かると思います。この2拍3連符は宙を浮くようなリズムで、音を聴いても忘れやすいかと思います。まだ2拍3連符の音も聴いていないので、コツというのもおかしいですが、僕は次のようにして、2拍3連符のリズムを教わりました。

2つ連続で並べた1拍3連符の小節と、それに休符を加えた小節

2拍3連符は1拍3連符2つから作る

片方の小節の後半は1拍3連符が2つあり、これが2拍3連符を1つ作る基本と思ってください。「タタタタタタ」という1拍3連符2つのリズムは、前のページで説明したので、音が無くても頭の中で鳴らせることを前提とします。

その1拍3連符2つに休符を加えたのが、もう片方の小節の「」で、これが2拍3連符を鳴らすタイミングと同じになります。もちろん、2拍3連符は音を続けて伸ばさないといけないので「」の部分を少しずつ「」に変え「タアタアタア」と歌ってやるといいでしょう。この説明だけで、2拍3連符を理解できる人は少ないと思うので、とりあえずは、次で2拍3連符を聴いてみましょう。

2拍3連符のリズム練習

2拍3連符を音で確認

1小節目と2小節目で、2拍3連符のリズムが分かると思います。3小節目までは3拍目から2拍3連符が鳴っているので、リズムを感じ取りやすいと思います。しかし、4小節目は2拍目から2拍3連符が始まっているので、リズムを崩してしまう人も多いはずです。どこから2拍3連符が始まっても、対応できるようにして、音源を鳴らさずとも、先ずは4小節目までを歌えるようにしておきましょう。

5・6小節目には8分音符が出てきます。1拍3連符や2拍3連符に気を取られる過ぎると、今度は8分音符などの、単純なリズムが取れなくなることもあります。7小節目の付点4分音符からの8分音符もそうで、普段なら取れるリズムも、見失ってしまいがちになります。何度か音源を聴いて、リズムを切り替えられるようにもしておきましょう。

2拍3連符は1拍3連符から

このページでも説明したように、2拍3連符のリズムは1小節目の「タタタタタタ」の1拍3連符を二組から、それを2小節目のように休符を加えた「」と同じタイミングで音を鳴らします。なので、2拍3連符のリズムを思い出したい時は「」から始めてみましょう。2小節目の「」と、2拍3連符の「タアタアタア」を、よく聴き比べてみることも忘れないでください。

5小節目からの2拍3連符には、全てに休符が入ってきます。休符が入ってくると、リズムが取りづらくなりますが、2拍3連符の「タアタアタア」が歌えていれば、あとはそれの何処かの「タア」を「ウウ」や「ウン」などの、休符にして歌ってやりましょう。