転調(てんちょう)とは、曲の途中で「調・キー」が変化することです。その時に行われる調と調の関係を、音階と一緒に見ていきましょう。Cメジャースケール(ハ長調)で説明した、主音・下属音・属音を思い出しながら、見ていくと良いでしょう。

主調(しゅちょう)基調(きちょう)

主調または基調であるハ長調のCメジャーキー

主調・基調は中心の調

曲には中心となる調があり、それにより始まりの音や終わりの音などが、ある程度決まってきます。その調のことを主調基調と言います。もちろん、曲によって主調・基調は違ってきます。

近親調は主調と関係の強い調

ここでの主調を、上記の譜面にも表しているハ長調のCメジャーキーとして、それと関係の強い近親調(きんしんちょう)と言われる調を見ていきましょう。

下属調(かぞくちょう)

主調の下属調はヘ長調のFメジャーキーを説明する小節

下属調は主調の第4音目

主調の第4音目を主音にしたものが下属調です。ここでの主調はハ長調のCメジャーキーなので、それの4番目に当たる音はヘ音で、ヘ長調のFメジャーキーが下属調となります。もし主調がハ短調のCマイナーキーだとすると、第4音目を主音にすることは変わりないですが、下属調も短調になるので、ハ短調の下属調はヘ短調のFマイナーキーになります。また下属調の調号は、主調に対して♭が1つ増えるか、♯が1つ減る関係にあります。

属調(ぞくちょう)

主調の属調はト長調のGメジャーキーを説明する小節

属調は主調の第5音目

主調の第5音目を主音にしたものが属調です。ハ長調はCメジャーキーの、第5音目に当たる音はト音で、ト長調のGメジャーキーが属調になります。下属調もそうであったように、主調がハ短調になったとすると、第5音目が主音になるのは同じですが、属調も短調になり、ハ短調の属調はト短調のGマイナーキーになります。属調の調号は、主調に対して♯が1つ増えるか、♭が1つ減る関係にあります。

平行調・並行調(へいこうちょう)

主調の平行調・平行調はイ短調のAマイナーキーを説明する小節

平行調・並行調は主調と同じ調号

基になる調と同じ調号を持つのが平行調、または同じ読み方の並行調です。これは平行調の平行短調と平行長調のページでも、詳しく説明していますが、基になるのが長調のメジャーキーなら、第6音目を主音とし、基になるのが短調のマイナーキーなら、第3音目を主音とします。主調が長調の場合の平行調は、短調になるので平行短調、主調が短調の場合の平行調は、長調になるので平行長調、という言い方もします。

下属調の平行調

下属調の平行調を説明する小節

下属調の平行調の考え方

下属調の平行調は主調が長調の場合、第2音目を主音とする短調になります。主調が短調の場合だと、第6音目を主音とする長調になります。順に考えていっても良く、ハ長調の下属調はヘ長調で、そのヘ長調の平行調を求めればいいので、ハ長調の下属調の平行調は、ニ短調のDマイナーキーになります。ハ短調の下属調はヘ短調で、ヘ短調の平行調を求めることになるので、ハ短調の下属調の平行調は、変イ長調のAメジャーキーになります。調号は主調に対して♭が1つ増えるか、♯が1つ減る関係です。

属調の平行調

属調の平行調を説明する小節

属調の平行調の考え方

属調の平行調は主調が長調の場合、第3音目を主音とする短調になり、主張が短調の場合だと、第7音目を主音とする長調になります。これも順番に考えていくと、ハ長調の属調はト長調で、そのト長調の平行調を求めればいいので、ハ長調の属調の平行調は、ホ短調のEマイナーキーになります。ハ短調の属調はト短調で、そのト短調の平行調を求めると、ハ短調の属調の平行調は、変ロ長調のBメジャーキーになります。調号は主調に対して♯が1つ増えるか、♭が1つ減る関係です。

同主調(どうしゅちょう)

同主調を説明する小節

同主調は同じ主音

同じ主音を持つ長調と短調のことを同主調と言います。主調がハ長調のCメジャーキーなら、同主調はハ短調のCマイナーキーになり、逆に主調がハ短調なら、同主調はハ長調になります。調号は長調から短調になる場合、♭は3つ増え、♯は3つ減ります。短調から長調になる場合は、♭は3つ減り、♯は3つ増えます。♭の調号が2つ(Gマイナーのト短調)の同主調なら、♯が1つ(Gメジャーのト長調)になるといった具合です。

下属調の同主調

下属調の同主調を説明する小節

下属調の同主調の考え方

これも順番に考えていくと分かり易く、ハ長調の下属調はヘ長調でした。ヘ長調の同主調を求めればいいので、ハ長調の下属調の同主調は、ヘ短調のFマイナーキーです。ハ短調を主調にしてみると、下属調はヘ短調になり、ヘ短調の同主調は、ヘ長調のFメジャーキーになります。

属調の同主調

属調の同主調を説明する小節

属調の同主調の考え方

最後も順番に考えていきましょう。ハ長調の属調はト長調だったので、そのト長調の同主調を求めればいいので、ハ長調の属調の同主調は、ト短調のGマイナーキーになります。ハ短調を主調とすると、それの属調はト短調なので、そのト短調の同主調を求めると、ハ短調の属調の同主調は、ト長調のGメジャーキーになります。

近親調と遠隔調は関係調

ハ長調を主調とした、近親調を8つ説明してきましたが、音楽理論書や音楽の先生によって、どこまでを近親調とするかは違い、明確には決まっていないようです。近親調とは逆に、関係の遠い調を遠隔調(えんかくちょう)と言い、同主調の平行調、平行調の同主調、下属調の同主調の平行調、属調の同主調の平行調、下属調の平行調の同主調、属調の平行調の同主調などが、その部類に入るかもしれません。そして、近親調や遠隔調などをひっくるめて関係調(かんけいちょう)と言います。