Aマイナースケールでマイナースケールは短音階の全音と半音の並び方を始め、その基本を説明しました。次にDマイナースケールとEマイナースケールで説明したように、主音が変わると音階に♭や#が加わり、マイナースケールの全音と半音の並びにしていきます。マイナースケールをまとめて見ましょう。

Aマイナースケールが基本

Aマイナースケールのイ短調(♭#×0)
Aマイナースケールのイ短調(♭♯×0)のTAB譜面

マイナースケールの全音と半音の並び方

メジャースケールがそうであったように、マイナースケールにも全音半音の並び方があります。それは上記のAマイナースケールにも示す通りです。メジャースケールとマイナースケールの全音半音の並び方も見比べておきましょう。

  • メジャースケール(長音階)

    全音全音半音全音全音全音半音

  • マイナースケール(短音階)

    全音半音全音全音半音全音全音

Aマイナースケールは♭も#も要らない

Aマイナースケールのイ短調は全ての音に♭も#も付ける事なく、マイナースケールの並び方になります。先ずはAマイナースケールをマイナースケールの基本、としておくと良いでしょう。

Dマイナースケールのイ短調(♭×1)        ┃Eマイナースケールのホ短調(#×1)
Dマイナースケールのイ短調とEマイナースケールのホ短調のTAB譜面

マイナースケールにする♭と#

DマイナースケールにするにはB音に、EマイナースケールにするにはF#音になります。それはマイナースケールの全音半音の並び方にする為です。もちろん、主音がA・D・E音以外のマイナースケールは他にも有り、♭や#の数が違ってきます。

♭と#は混ざらない

マイナースケールもメジャースケールと同じように、♭と#が混ざるようなスケールはありません。♭と#が増える順番に、マイナースケールをサラサラっと確認していきましょう。

マイナースケールは短音階の一覧

Gマイナースケールのト短調(♭×2)        ┃Bマイナースケールのロ短調(#×2)
Gマイナースケールのト短調とBマイナースケールのロ短調のTAB譜面
Cマイナースケールのハ短調(♭×3)        ┃F#マイナースケールの嬰ヘ短調(#×3)
Cマイナースケールのハ短調とF♯マイナースケールの嬰ヘ短調のTAB譜面
Fマイナースケールのヘ短調(♭×4)        ┃C#マイナースケールの嬰ハ短調(#×4)
Fマイナースケールのヘ短調とC♯マイナースケールの嬰ハ短調のTAB譜面
Bマイナースケールの変ロ短調(♭×5)      ┃G#マイナースケールの嬰ト短調(#×5)
B♭マイナースケールの変ロ短調とG♯マイナースケールの嬰ト短調のTAB譜面
Eマイナースケールの変ホ短調(♭×6)      ┃D#マイナースケールの嬰ニ短調(#×6)
E♭マイナースケールの変ホ短調とD♯マイナースケールの嬰ニ短調のTAB譜面
Aマイナースケールの変イ短調(♭×7)      ┃A#マイナースケールの嬰イ短調(#×7)
A♭マイナースケールの変イ短調とA♯マイナースケールの嬰イ短調のTAB譜面

マイナースケールも重なる

メジャースケールと同じく、マイナースケールにも重なるものがあります。例えば、EマイナースケールとD#マイナースケールなどがそうで、音楽理論的には違うマイナースケールですが、フレットは全く同じという事になります。

記事終了
このページのまとめ
  • マイナースケールは
  • マイナースケールも主音が変わると♭や#の数が異なる。
  • フレットが重なるマイナースケールがある。