Aマイナースケールのイ短調でマイナースケールの短音階の全音と半音の並び方を始め、その基本を説明しました。次にDマイナースケールのニ短調と、Eマイナースケールホ短調でも確認したように、始まりの音である主音が変わると、音階に♭や♯が加わり、マイナースケールの全音と半音の並びにしていきます。改めて、マイナースケールの仕組みを確認してみましょう。

Aマイナースケールのイ短調を基準にする

♭も♯も必要のないAマイナースケールのイ短調

メジャースケールとマイナースケールの全音と半音

マイナースケールの短音階には、それ専用の全音半音の並び方があると説明しました。それは、上記のAマイナースケールのイ短調にも、記してあるような並び方です。メジャースケールの長音階の並び方と見比べてみましょう。

  • メジャースケール「全音|全音|半音|全音|全音|全音|半音
  • マイナースケール「全音|半音|全音|全音|半音|全音|全音

マイナースケールの並び方を覚えておけば、他の音からでもマイナースケールを作れますが、それには♭や♯で、全音半音の都合を合わせてやります。先ずは♭も♯も必要ないAマイナースケールを基準にして、他のマイナースケールの短音階を考えていくと良いでしょう。

Dマイナースケールのニ短調とEマイナースケールのホ短調

マイナースケールにする為の♭と♯

Aマイナースケールは♭の変も♯の嬰も、必要のない音階でした。それを基本として、DマイナースケールやEマイナースケールのように、主音が変わっていくと♭や♯が付いていきます。これはメジャースケールの時もそうだったように、マイナースケールの「||||||」の並び方にする為です。マイナースケールの数もメジャースケールと同じだけあり、それはコインの裏表のような関係と似ています。♭と♯が増える順に従って、簡単に目を通しておきましょう。

マイナースケールは短音階の一覧

Gマイナースケールのト短調とBマイナースケールのロ短調
Cマイナースケールのハ短調とF♯マイナースケールの嬰ヘ短調
Fマイナースケールのヘ短調とC♯マイナースケールの嬰ハ短調
B♭マイナースケールの変ロ短調とG♯マイナースケールの嬰ト短調
E♭マイナースケールの変ホ短調とD♯マイナースケールの嬰ニ短調
A♭マイナースケールの変イ短調とA♯マイナースケールの嬰イ短調

マイナースケールもダブる

メジャースケールがそうだったように、マイナースケールも♭が付く短音階と♯が付く短音階とでは、物理的にダブるものがあります。Eマイナースケールの変ホ短調と、D#マイナースケール嬰ニ短調は、主音が異名同音になるので、従って音階も同じになります。同じくAマイナースケールの変イ短調と、G#マイナースケールの嬰ト短調が、Bマイナースケールの変ロ短調と、A#マイナースケールの嬰イ短調の主音が異名同音で、TAB譜面では同じポジションになっています。音楽理論的には違う音階ですが、聴こえる音は同じです。