主音がE音のマイナースケールが、Eマイナースケールです。先ずはマイナースケールになる条件を、Aマイナースケールを例に挙げて確認しておきましょう。ここでもピアノの鍵盤図とエレキベースの指板図の両方から、Eマイナースケールを考えてみてください。

Eマイナースケールの作り方

Aマイナースケールの全音と半音
Aマイナースケールの全音と半音のピアノ図

マイナースケールの全音と半音

マイナースケールになる条件というのがあり、それが全音半音全音全音半音全音全音という並び方です。ピアノでAマイナースケールを弾く場合、白鍵(はっけん)だけをA音から順番に弾いてやれば、マイナースケールの完成です。

ピアノの全音と半音

A音からB音の間には黒鍵(こっけん)があるので全音になり、ベース指板でいうとフレット2つ分です。B音からC音の間には黒鍵がないので半音になり、ベース指板でいうとフレット1つ分です。

Eマイナースケールではない全音と半音
Eマイナースケールではない全音と半音のピアノ図

マイナースケールにならない

次はEマイナースケールを作りたいのですが、Aマイナースケールと違い白鍵だけを弾いたのでは、全音半音がマイナースケールの条件になりません。そこで次のように通る音を変えます。

Eマイナースケールの全音と半音
Eマイナースケールの全音と半音のピアノ図

黒鍵のF#を通る

最初のE音から次のF音へは進まず、F#音の黒鍵を通ってやりましょう。そうしてやれば、全音半音の並びがマイナースケールになり、Eマイナースケールも完成します。

Eマイナースケールの指板

4弦だけで作るEマイナースケール
4弦だけで作るEマイナースケールの指板図

4弦だけのEマイナースケール

ピアノ図と同じように、指板でEマイナースケールを作ると上記のようになり、全音半音もマイナースケールの並び方になっています。もちろん、他の3・2・1弦だけでもEマイナースケールを作れます。これを演奏に適した、弾き易いポジションに直してみましょう。

Eマイナースケール                  ┃Aマイナースケール
EマイナースケールとAマイナースケールのポジション指板図

マイナースケールは同じ

左の指板が弾き易く直した、Eマイナースケールのポジションです。右の指板はAマイナースケールのポジションですが、両方は弦が1本ずつズレてはいるものの、同じポジションを作っているのが分かります。このポジションは全てのマイナースケールに、当てはめることが出来るわけです。

Eマイナースケール                  ┃Gメジャースケール
EマイナースケールとGメジャースケールのポジション指板図

平行調は同じ音を使う

左の指板はEマイナースケールですが、右の指板はGメジャースケールです。マイナーとメジャーのスケールなのでポジションは違いますが、使っている音名は同じです。これは平行調(へいこうちょう)という関係で、メジャーとマイナーのスケールには、それぞれ平行調が存在しています。

ホ短調のTAB譜面
ホ短調のTAB譜面画像

Eマイナースケールはホ短調

改めてEマイナースケール確認しておきましょう。E音を日本音名にするとホ音なので、Eマイナースケールは日本式ではホ短調(ほたんちょう)と言います。クラシック音楽でならホ短調などの日本読みをしますが、ポピュラー音楽で日本読みをすることは稀です。

#は嬰

#の日本式を嬰(えい)と言いますが、これも見る機会は少ないでしょう。

記事終了
このページのまとめ
  • EマイナースケールはF#を通る。
  • EマイナースケールとGメジャースケールは同じ音名。
  • Eマイナースケールはホ短調とも言う。