ソのG音から始まるのがGメジャースケールです。Fメジャースケールでも説明したように、Gメジャースケールも音に変化を与えてやり、長音階の並びにしていきます。ここでも、鍵盤図と指板図の両方で見ていきましょう。

Gメジャースケール(ト長調)の作り方

ト長調のGメジャースケールになっていない全音と半音の並び方

Gメジャースケールはト長調

英語音名のG音は日本語音名ならト音になり、Gメジャースケールはト長調(とちょうちょう)と言います。G音から順番に白鍵だけを押さえていくと「||||||」となるので、メジャースケールの音程にはなりません。最後のが入れ替わると、丁度メジャースケールの並び方になるのは、分かると思います。Fメジャースケールでは♭を使い、全音半音の辻褄を合わせましたが、ここでは♯を使い長音階の並び方にしていきます。

CメジャースケールとGメジャースケールのポジション指板図

Gメジャースケールのポジションと音名

3弦3フレットから1弦5フレットへと進行する、Cメジャースケールのポジションを、上記の片方の指板図に表しています。以前のページで説明した、Fメジャースケールでもそうでしたが「」の主音を中心に、フレットを移動させることによって、そのフレットの音名である、メジャースケールを作れます。なので上記もう片方の指板図は、Gメジャースケールを表します。2弦4フレットはF#になり、前後の流れは「E→F#→G」となります。これを意識して、また鍵盤図で考えてみましょう。

ピアノ鍵盤図で見るGメジャースケールの全音と半音の並び方

Gメジャースケールはト長調の完成

E音まで来たらF音には進まず、半音高いF#音へ進むと、E音からF#音が全音となり、F#音からG音が半音になるので、これで「||||||」の、メジャースケールは長音階の並び方を作ることが出来ます。ト長調の場合だと、第一音のGが主音、第四音のCが下属音、第五音のDが属音、第七音のF#が導音になります。

TAB譜面で見るGメジャースケールの全音と半音の並び方

シャープは日本式で嬰

Gメジャースケールを見直していきましょう。G音を日本語音名にするとト音になり、ト音から始まるのでト長調です。フラットの日本名は変(へん)だったように、シャープの日本名は嬰(えい)と表され、F#なら嬰ヘとなります。変や嬰も覚えておくに越したことはないですが、クラシックを勉強する人以外は、使ったり見たりする機会は、あまり多くはないと思います。

ベース指板図で見るGメジャースケールの全音と半音の並び方

Gメジャースケールを4弦のみで表す

Gメジャースケールの並び方を、4弦のみでも確認しておきましょう。14フレットの音名がF#となりますが、これが先ほどの鍵盤図で例える、黒鍵のキーとなっています。ここでは4弦3フレットのG音から始めていますが、2弦5フレットのG音や、1弦0フレットのG音から始めても、この指板図と同じ全音半音の並び方をします。