Cメジャースケールと同じメジャースケールですが、ここではF音が主音となるFメジャースケールを見ていきましょう。ベースの指板はもちろんですが、ピアノでも考えられるようになると、Fメジャースケールの仕組みも分かり易くなると思います。

Fメジャースケールの作り方

Cメジャースケールの全音と半音
Cメジャースケールの全音と半音のピアノ図

メジャースケールの全音と半音

上記は前のページでも説明した、Cメジャースケールのピアノ図です。そして、全音全音半音全音全音全音半音という並び方がメジャースケールになる条件でした。CメジャースケールはC音から白鍵(はっけん)だけを順番に弾けば、メジャースケールになるのが分かります。

ピアノの全音と半音

C音からD音の間には黒鍵(こっけん)があるので全音、E音からF音の間には黒鍵がないので半音です。

Fメジャースケールではない全音と半音
Fメジャースケールではない全音と半音のピアノ図

白鍵だけではダメ

今度はF音を主音とするFメジャースケールですが、F音から順番に白鍵だけを押さえていっても、全音半音がメジャースケールの並び方にはなってくれません。そこで使われるのが黒鍵です。

Fメジャースケールの全音と半音の並び
Fメジャースケールの全音と半音の並びのピアノ図

黒鍵のBを通る

A音まで来たら次はB音へは進まず、黒鍵のBを通ってやりましょう。そうしてやると、全音半音の並び方がメジャースケールになり、Fメジャースケールも完成するというわけです。

Fメジャースケールの指板

4弦だけで見るFメジャースケール
4弦だけで見るFメジャースケール指板図

4弦だけのFメジャースケール

4弦だけでFメジャースケールを作ると、上記のような指板になります。全音半音の並び方もメジャースケールの条件に、当てはまっているのが分かります。しかし、4弦だけでは弾き辛いので、次のようなポジションに直します。

Fメジャースケール                  ┃Cメジャースケール
FメジャースケールとCメジャースケールのポジション指板図

メジャースケールのポジション

左の指板が先ほどの4弦だけで作った、Fメジャースケールを弾き易く直したポジションです。右のポジションはCメジャースケールですが、Fメジャースケールと全く同じポジションなのが分かります。これは他のメジャースケールにも共通している事です。

ヘ長調のTAB譜面
ヘ長調のTAB譜面画像

ヘ長調と♭の変

F音を日本式に直すとヘ音で、ヘ音から始まるので、Fメジャースケールはヘ長調(へちょうちょう)とも言われます。また、♭を日本式にすると変(へん)と言い、Bなら変ロとなります。ポピュラー音楽は日本式で呼ぶ事をあまりしないので、豆知識程度に覚えておけば良いでしょう。

記事終了
このページのまとめ
  • Fメジャースケールは黒鍵のBを通る。
  • 4弦だけでもFメジャースケールは弾ける。
  • Fメジャースケールはヘ長調とも言う。