19世紀の中頃に、アフリカ系アメリカ人によって生み出された、哀愁漂う音楽をブルースと言います。そこで使用された音にブルーノートがあり、それ以降はジャズやロックなど、様々な音楽で使われるようになりました。また、半音を中心とするスケール、全音を中心とするスケールについても見ていきましょう。

ブルーノートスケールの作り方

メジャースケールから作るブルーノートスケールのTAB譜面

メジャースケールからのブルーノートスケール

先ずはCメジャースケールを思い出してみましょう。そこから第3音目のE音と、第5音目のG音と、第7音目のB音を、それぞれ半音下げてやったものが、C音を主音とするブルーノートスケールです。そして、半音下げた音のことを、ブルーノートと言います。もちろん、他のメジャースケールからでも、第3音・第5音・第7音を半音下げれば、ブルーノートスケールが作れます。

マイナーペンタトニックスケールから作るブルーノートスケールのTAB譜面

マイナーペンタトニックスケールからのブルーノートスケール

今度は最初にC音を主音とする、マイナーペンタトニックスケールを作りましょう。その第4音目と、第5音目の間に入るのがG音で、それを含めた音階が、C音が主音のブルーノートスケールです。そして、第2音目・第4音目・第6音目になった音を、ブルーノートと呼ぶみたいです。Cメジャースケールから作る、ブルーノートスケールとは少し違いますが、ブルーノートの音は共通しているので、どちらを使っても、ブルーノートスケールの雰囲気を出せると思います。

クロマチックスケールは半音階

クロマチックとは半音を意味し、1オクターブ内に12音の違う音程を並べたものがクロマチックスケールで、日本式には半音階と言います。また、1オクターブが12音あるので、十二音音階とも言われます。音符にも注意しながら、クロマチックスケールを見てみましょう。

記譜法が和声的半音階(わせいてきはんおんかい)のクロマチックスケールのTAB譜面

和声的半音階は臨時記号が多い

記譜(きふ)というのは、楽譜や音符の表し方のことで、上記ような半音階の記譜法を和声的半音階と言います。Cメジャースケールとして考えた場合、第4音のF音だけを半音上げ、他の音を全て半音下げて書く記譜です。しかし、これだと見ても分かるように、臨時記号を多く使わなければならないので、音符を見る方も書く方も手間がかかります。

記譜法が旋律的半音階(せんりつてきはんおんかい)のクロマチックスケールのTAB譜面

旋律的半音階は分かりやすい

先ほどの和声的半音階は、音符の記譜が大変でしたが、別の半音階の記譜法があります。同じくCメジャースケールとした場合、第7音のB音だけを半音下げ、他を半音上げるという書き方で、この旋律的半音階もよく使われます。和声的半音階の記譜法に比べると、臨時記号が少なくて済み、読譜的にも分かりやすいかと思います。

和声的半音階と旋律的半音階の下行形の記譜法

和声的半音階と旋律的半音階の下行形

辞典などには載ってない言葉ですが、音が上がっていくことを上行形(じょうこうけい)、音が下がっていくことを下行形(かこうけい)と、表現することがあります。その和声的半音階と、旋律的半音階の下行形ですが、これは上記のような記譜法で、統一されているようです。

クロマチックスケールを部分的に使用したベースライン

クロマチックスケールの使い方と特徴

音楽理論書などには12音の異なる音を、クロマチックスケールと説明していますが、メロディにしてもベースラインにしても、12音を連続して使うことは先ずありません。上記4小節のベースラインでも、半音で繋がり部分的に使用しているのが、クロマチックスケールだと思ってください。半音は次の音への繋がりを、強くする音程でもありますが、使い過ぎると怖く恐ろしい音程、にもなってしまうかもしれません。

ホールトーンスケールは全音音階

C音が主音のホールトーンスケールは全音音階のTAB譜面

ホールトーンスケールは六音構成

半音の倍の長さが全音で、全音を英語でホールトーンと言います。そのホールトーンだけを並べたものがホールトーンスケールで、日本名は全音音階です。ホールトーンスケールは、半音を含まないせいなのか、何処かフワフワ宙に浮いたような、印象を受けるかもしれません。また、全音階は1オクターブが6音で構成されるので、六音音階とも言われます。クロマチックスケールが半音階だったので、ホールトーンスケールは全音階と思えてしまいますが、全音音階なので注意してください。