押弦は指先で真上から押さえる、というのが基本です。しかし、あえてそうしないケースもたくさんありミュートというフィンガリングを使う場合もそうなります。ミュートは地味なテクニックですが、重要なフィンガリングだと考える人も多いです。

開放弦をミュートさせる(1)

開放弦の音をミュートさせる練習小節(1)

開放弦の音をミュートする

先ずは譜面にある運指の通り弾いてみましょう。1・2小節目の開放弦である「」の音が、次からの音に重なり、音が濁ってしまった人もいるでしょう。気にならなければ良いとは思うのですが、好ましくはありません。そういう場合は、次のように「」の場所で、開放弦をミュートしてやりましょう。


1弦0フレットを人差し指でミュートしている写真

1弦0フレットを人差し指でミュート

2弦3フレットの押弦が中指とありますが、次の音である2弦2フレットも同時に、人差し指で押弦して準備をしておきます。その時に指を寝かせて、写真のように1弦にも人差し指を触れさせ、1弦0フレットの音をミュートしてやります。


2弦0フレットも人差し指でミュートしている写真

2弦0フレットも人差し指でミュート

押弦する場所が違いますが、ここでも方法は前と同じです。3弦3フレットを中指で押さえ、同時に人差し指でも3弦2フレットを押さえておきます。その時に指を寝かせるようにして、2弦0フレットの音をミュートさせます。この時に1弦にも、人差し指が触れても問題ありません。

ミュートのコツ

ミュートさせる弦は、指で触れるだけにしておきましょう。弦をフレットまで押さえ込んでしまうと、余計な音が出てしまうかもしれません。人差し指の指先では弦を押さえ、指の第一関節あたりでは、弦に触れるだけという、繊細な押弦スキルが必要ですが、この先も使えるテクニックなので、覚えておきましょう。

ミュートの指は自由

ここでは開放弦をミュートする指が人差し指でしたが、他の指を使っても問題ありません。この運指の場合、薬指と小指が余っているので、その2本の指をミュートに当てる人もいるでしょう。また、ミュートは押弦する手の方だけでなく、ピックや指で弾く側の手を使うこともあり、両手をセットで使えるようになるともっといいでしょう。それはまた別のページでも説明しています。

開放弦をミュートさせる(2)

開放弦の音をミュートさせる練習小節(2)

ミュートの状態を常に作っておく

今度も同じ譜面ですが、押弦する指を変えて見ていきましょう。また4本の弦にはなるべく指を触れさせ、ミュートの状態を常に作っておくということも考えてみてください。そうすることによって、やはり余計な音が出ないように気を配るためです。上記の2小節は、人差し指が1フレット目に来る、ハーフポジションの運指です。同じように「」で出した開放弦の音を、「」のタイミングでミュートしています。ここでも人差し指のミュートで、使い方に注目してみましょう。


3弦と4弦のミュートがないフィンガリングの写真

開放弦だけをミュート

1弦0フレットの音を、次の2弦3フレットを小指で押弦するのとほぼ同時に、写真のように人差し指でミュートしています。薬指は小指の補助、中指は次の音を押さえています。これでも問題ありませんが、この場合3弦と4弦のミュートがないフィンガリング、となってしまいます。


3弦以外もミュートしているフィンガリングの写真

3弦以外もミュート

2小節目の3弦3フレットを、小指で押弦している状態で、同時に1つ前の2弦0フレットを、人差し指でミュートしていますが、今度は人差し指が3弦以外の弦にも触れ、ミュートのフィンガリングになっているのが分かります。場合によっては、こういうミュートが有効な時もあります。

ミュートのフィンガリングは必要か?

演奏中も全ての弦に指が触れさせ、ミュートの状態を作るのは簡単ではありません。難しいフレーズになってくると、運指だけで大変になり、4弦や3弦に触れる指がなくなる場合もよくあります。そういう時は前述したように、弦を弾いているもう片方の手でミュートする、という方法をとります。このように、ミュートに気を配るベーシストもいれば、全く気にしないというベーシストもいて、それはそれで構わないかもしれません。僕も最初はミュートなど気にしませんでしたが、音楽学校で先生に指摘されてから、ミュートにも気を配るようになりました。

4弦0フレットの振動で3弦・2弦・1弦の共鳴が起こってしまう小節

弦は振動で共鳴する

例えば上記の2小節のように、4弦0フレットを何小節か繰り返すとします。暫くすると4弦の振動につられて、他の弦もプルプルと震え出し、それをピックアップが拾い、余計な音が出てしまいます。これを弦の共鳴と言います。この2小節の4弦0フレットを弾く時は、押弦する必要はありません。しかし、弦の共鳴を防ぐために、他の弦にも指を触れさせながら、弾いていくことが望ましいと思います。

弦の共鳴を防ぐミュートは臨機応変に

弦の共鳴は直ぐに起こる現象ではなく、少しずつジワジワとやってくることが多いです。また、自宅練習用の小さいアンプだと、弦の共鳴に気づかないかもしれません。しかし、ライブハウスにあるような、大きなアンプになってくると、弦の共鳴は目立ちます。また、音楽ジャンルによっても左右され、ロックのような激しいジャンルだと、他の楽器の音でかき消されたりして、弦の共鳴なんて気にならないこともあります。しかし、バラードのような静か目な曲で、弦を共鳴をさせてしまうと台無しなので、ミュートに気を配ることも必要になってきます。

休符で音を止めるミュート

4分休符で音を止めミュートさせる練習小節

4分休符でミュートする

2小節目にある「」が休符で、4分休符という休符の種類です。2小節目だけでも良いので、4弦0フレットから4分休符でミュート、という2回あるリズムを弾いみてください。鳴っている音の4弦だけをミュートする、というフィンガリングになっても構いませんが、次の写真のようにミュートするともっと良いでしょう。


4弦以外の3弦・2弦・1弦もミュートしている写真

音を完全に切るミュート

先ほどの2小節のように、分かりやすい4分休符なら、鳴っている音の4弦だけでなく、3弦・2弦・1弦も同時にミュートしてやりましょう。そうすることによって、音を完全に切るミュートが作れると思います。

開放弦が連続するミュート

開放弦が連続する小節と開放弦の連続をなくした小節

開放弦が連続する場合

左の小節は1弦0フレットから、2弦0フレットというように、開放弦が連続しています。1弦0フレットをミュートしてやらないと、2弦0フレットの音と重なってしまいます。2弦0フレットを弾くのと同じ位に、1弦0フレットの音を止める為に、1弦のミュートを作ってやりましょう。

開放弦の連続をなくした場合

右の小節は1弦0フレットを2弦5フレットの、異弦同音に直してみました。こちらも2弦0フレットのミュートが必要で、矢印ではポジション移動も必要でしょう。しかし、開放弦が連続する小節よりも、ミュートのフィンガリング的には、少し楽に感じないでしょうか。

ミュートは難しいフィンガリング

これらは僕が教えているベース教室でも、生徒さんに弾いてもらう2小節ですが、ほとんどの人が開放弦の連続をなくした小節、の方を弾き易いと感じておられるようです。ミュートは地味で難しいフィンガリングですが、出来ると便利なスキルです。なので、少しずつでもミュートというフィンガリングを、意識して練習していくのも良いでしょう。