8分音符の半分の長さが16分音符で、その16分音符が主体となったリズムを16ビートと言ったりします。16ビートは「R&B・ファンク・フュージョン」などで見られ、8ビートと同様に、ポピュラー音楽でもよく耳にするリズムでしょう。16ビートも和製英語で、英語圏では「16th note rhythm」や「16th note feel」と言われます。

16ビートの練習ベースライン

16分音符同士のタイ記号

全ての小節に共通して見られるのが、2拍目から3拍目のタイ記号で結ばれたリズムです。これら16分音符同士のタイ記号で作られるリズムには苦労する人が多く、僕自身もベース初心者の頃に悩まされたリズムです。音符を読んで覚えるのも一つの方法ですが、譜面を見ながら音源を聴き、耳や体に覚えこませてやるのもいいでしょう。こういったややこしい、16分音符を含むリズムは他にもあるので、それらを譜割り・符割(ふわり)のカテゴリーで説明しているので、参考にしてください。

2弦2フレットをセーハで押弦

8分音符の2弦2フレットから、16分音符の3弦の2フレットと4フレット、という流れは全ての小節で2拍目に出てきます。そこでのフィンガリングのポイントですが、2弦2フレットを人差し指のセーハで押弦することにより、続く3弦の2フレットから、4フレットのハンマリングが、スムースに運指出来るようになっています。他の運指でも弾けないことはないですが、説明したように、セーハを利用するのが、僕は一番楽な運指になると思います。

16ビートシャッフル

テンポというのは曲の速さを表しますが、ミディアムテンポ以上の曲に慣れてしまっている人には、このようなスローテンポを、走って演奏してしまうものです。そして、スローテンポな上に16ビートによるシャッフルもかかっているので、それもまたリズムを難しくさせる要因でしょう。ベーシストもドラマーと同様に、バンド全体のテンポをキープするのが仕事なので、自分の得意なテンポばかりで練習せずに、こういったスローなテンポにも慣れておくようにしましょう。

クロマチックスケールは半音階

クロマチックスケールとも言われる半音階は隣り合うフレットで作るベースラインだと思ってください。1小節目や5小節目を例に挙げると、2弦2フレットから半音ずつ下がるベースラインで、途中に2弦0フレットの開放弦を使っています。場合によっては、ポジション移動も必要なので、異弦同音を利用した3弦7フレットから弾き始める譜面も確認してみましょう。こちらは薬指での押弦も出てきますが、その方が弾き易い人もいると思います。9小節目以降は開放弦を使った方が楽な場合もあるので、2枚のTAB譜を自分の運指に合わせて、ミックスさせてやっても良いでしょう。

ゴーストノートでリズムを取る

前半8小節で目立つのが「×」で、これはゴーストノートという音楽記号です。空弾きとも言われるこのテクニックは、弦をフレットには押さえ込まずにピッキングするので、音らしい音は出ません。聴かせるゴーストノートもありますが、ここではリズムやタイミングを取る為のゴーストノートと言ってもいいでしょう。ゴーストノートがややこしければ、それを休符扱いにしても問題ないですが、先ずはゴーストノートとして練習してみましょう。

速弾きのコツ

このような16分音符が連続するベースラインは、ピック奏法ならダウンピッキングと、アップピッキングを繰り返す、オルタネイトを利用すれば、そう難しくはありません。しかし、ツーフィンガー奏法の指弾きでは、指が思うように動いてくれないこともあるでしょう。大抵の人は力が入りすぎているので、指弾きによる速弾きのコツはリラックスして弾くことが、先ず言えることだと思います。ピック弾きにしろ指弾きにしろ、16分音符が連続していると、最初は力が入ってしまうものですが、リラックスを心がけると良いでしょう。

休符もベースライン

1・2・3小節目では2拍目に見られるような「付点8分音符+16分音符」というリズムが、この譜面の多くを占めています。そのリズムを把握していないと、このベースラインの良さを殺してしまうことになるので、音源を良く聴いて、同じように弾けるようにしましょう。また、1・2・3小節目には16分休符も見られますが、その細かな休符も大切なリズムの一つで、それの有無では雰囲気が大きく違ってきます。その後にも休符が出てくる小節がありますが、休符も大切なベースラインの一つと思ってください。

8分音符のスタッカート

4小節目や6小節目などに見られる黒い点はスタッカートで、8分音符にスタッカートが付いたリズムです。これは「8分音符をおよそ半分の長さで演奏する」という意味なので、16分音符に近い長さにカッティングして弾いてやります。なので8分音符のスタッカートは「16分音符+16分休符」というリズムになります。音源と全く同じ通りの、音の長さにならなくても良いので、スタッカートでは切れ味よく演奏する、ということを覚えておいてください。

拍子記号の変更

8小節目だけは拍子記号が一時的に4分の2拍子になっているので、リズムが狂わされやすい小節です。7小節目までは「イチ・ニー・サン・シー」とカウントしますが、8小節目では「イチ・ニー」のカウントだけで、次の9小節に入っていきましょう。上手く弾けない場合は、一先ずエレキベースを置いて、カウントを取る練習だけしてもいいでしょう。4分の2拍子の8小節目と、4分の4拍子に戻る9小節目とが、タイ記号で結ばれているのも、リズムを難しくしているので、タイ記号を一旦外して考えてみるのもいいでしょう。