ジャズでも2拍ずつ同じ音を使うウォーキングベースというのはよく見られ、時間や運指にも余裕が生まれるので、使い勝手の良いウォーキングベースです。最初の2拍はルートを弾き、次からの2拍を3度や5度を弾くというのを例に挙げ、音の繋がり方に関しても考えていきましょう。

音程記号
  • Root(根音)の記号(ルート)
  • 短3度の記号(短3度)
  • 長3度の記号(長3度)
  • 完全5度の記号(完全5度)
  • 短7度の記号(短7度)
  • 長7度の記号(長7度)

音の繋がり

  • 1・2拍目がルート
    1・2拍目がルートの4小節
  • 3・4拍目に長3度か短3度(不自然な音の繋がり)
    3・4拍目に長3度か短3度(不自然な音の繋がり)の4小節
  • 3・4拍目に長3度か短3度(半音か全音で繋がる)
    3・4拍目に長3度か短3度(半音か全音で繋がる)の4小節

長3度か短3度を置く

①のように1・2拍目のRoot(根音)の記号の音は確定しているものとし、3・4拍目に長3度の記号短3度の記号を置いたのが②と③です。②も決して間違いではありませんが、③の方がRoot(根音)の記号へ半音か全音で繋がっているので、自然で聴き取り易いウォーキングベースになるかと思います。

  • 1・2拍目がルート
    1・2拍目がルートの4小節
  • 3・4拍目に完全5度(不自然な音の繋がり)
    3・4拍目に完全5度(不自然な音の繋がり)の4小節
  • 3・4拍目に完全5度(全音で繋がる)
    3・4拍目に完全5度(全音で繋がる)の4小節

完全5度を置く

同じく④の1・2拍目のRoot(根音)の記号は確定しており、3・4拍目に今度は完全5度の記号を置いたのが⑤と⑥です。やはり⑤も間違いではないのですが、⑥は全てRoot(根音)の記号へ全音で繋がっているので、安定感のあるウォーキングベースが期待できます。

3・4拍目にコードトーン
3・4拍目にコードトーンの4小節

半音か全音を意識する

もちろん、3・4拍目を3度だけや5度だけで統一する必要はありません。上記の小節のように合わせて使っても良く、4小節目のように7度を置いても構いません。このように、Root(根音)の記号へ繋がる音は半音か全音にすると聴き取り易い、という事を覚えておきましょう。

ウォーキングベースの練習

大きな譜面を開く
2拍ずつ弾くウォーキングベース                                                   ┃5小節目
2拍ずつ弾くウォーキングベースの譜面

ウォーキングベースの上達法

譜面にあるウォーキングベースをただ弾くのではなく、それがどんな音で作られ、どういった繋がり方をしているかを分析するのも大事です。また、与えられたコード進行でオリジナルのウォーキングベースを作ってみる、というのが1番の上達法かと思います。

記事終了
このページのまとめ
  • 2拍ずつのウォーキングベースはよく見られる。
  • Root(根音)の記号へ繋がる音を半音か全音にすると良い。
  • ウォーキングベースの上達法は自分で作ること。