過去のページでも説明したように、ウォーキングベースは同じ高さの音を、2回までなら連続して使うことは多々あります。ここでは1・2拍目にルート(根音)を持ってくるのは共通させて、3・4拍目にルート以外のコードトーンを持ってくるという、2拍ずつ同じ音を使うウォーキングベースを考えていきましょう。

ルートを2拍+コードトーンを2拍

長3度か短3度を3拍目と4拍目に置くウォーキングベース

長3度か短3度のウォーキングベース

1拍目と2拍目には、コードのルートであるRoot(根音)の記号を持ってきているのは、4小節ともに共通しています。3拍目と4拍目は、3度の音を置いており、コードの構成から1・3小節目は長3度の記号の長3度で、2・4小節目は短3度の記号の短3度を使っています。1小節目なら、2弦2フレットの上の長3度へ進行していますが、4弦0フレットの下の長3度へ進行しても、ウォーキングベースのパターンも増えるでしょう。

完全5度を3拍目と4拍目に置くウォーキングベース

完全5度のウォーキングベース

先ほどと同じように、1拍目と2拍目はルートを使っています。3拍目と4拍目は完全5度を置いており、譜面中の完全5度の記号がそれを表しています。完全5度はメジャーコードと、マイナーコードの両方に共通するので、ルートからのフレットも同じ距離ですが、1小節目のように、開放弦が入ってくることもあるので、気をつけましょう。1・3小節目がルートから上の完全5度、2・4小節目がルートから下の完全5度です。

長7度か短7度を3拍目と4拍目の置くウォーキングベース

長7度か短7度のウォーキングベース

やはり1拍目と2拍目は、ルートなのが分かります。3拍目と4拍目は7度の音を置いており、コードからも判断できるように、1小節目は長7度の記号の長7度で、2・3・4小節目は短7度の記号の短7度が使われています。4小節ともにルートから下の7度ですが、上の7度を使っても間違いではありません。

2拍ずつのウォーキングベースのメリット

コードの構成音から考えれば、3・4拍目は長3度か短3度か完全5度、5小節目からは長7度と短7度を含む、どれを選んでも自由です。僕は上記の譜面で、次のコードのルートへ近い音を選んでおり、7・8小節目以外は、フレット2つ分の全音で繋がっているのが分かります。そうすると、ウォーキングベースに落ち着きが出るかと思います。また2拍ずつのウォーキングベースは、比較的に楽で余裕が生まれ、考える時間を作れるのがメリットかと思います。