主にジャズで作るベースラインをウォーキングベースと言います。ウォーキングベースを作るのにも様々な知識が必要ですが、ここでは先ず2つだけに絞っていきましょう。そのうちの一つがコードのことで、ウォーキングベースは特に、コードをヒントにして作っていくので、コードの知識が必要不可欠になってきます。なので、ベースのコードについて知っていれば、ウォーキングベースの作り方は難しくはないはずです。

ウォーキングベースは4ビート

4ビートの4分音符を中心とするウォーキングベースの例

4ビートは4分音符が中心

ウォーキングベースは4ビート(フォービート)と言われる、4分音符を中心に組み立てられ、上記の4小節もウォーキングベースだと言えるでしょう。4ビートは4分音符を中心に組み立てていきますが、その他の音符を入れてはダメ、ということはありません。4小節目のように、8分音符などを使うケースもよくあります。スウィングの音楽記号もあるので、8分音符は跳ねるように弾きますが、1・2・3小節目の4分音符を弾く場合も、スウィングを意識できればもっと良いです。それを音符で表してみましょう。

4分音符を1拍3連符とタイ記号で表した小節

4分音符もスウィングを意識する

左側の小節は4分音符が4つあり、それをそのまま弾いても、決して間違いではありません。しかし、スウィングのリズムを意識してやると、右側の小節ような音符が作れると思います。1拍3連符を全てタイ記号で結んでやった形で、リズム的にはどちらも同じです。単に4分音符をベタベタ弾くのではなく、常にスウィングさせる意識を持ち、演奏することを心がけましょう。

ベースのコードポジション

コードトーンを記した指板図

コードトーンを記した指板図

上記4つの指板図は、最初に見た4小節のコードを、5フレット以内でベースの指板図に表したものです。Root(根音)の記号はルートを、短3度の記号は短3度を、長3度の記号は長3度を、完全5度の記号は完全5度を、短7度の記号は短7度を、長7度の記号は長7度を、それぞれ表しています。これらの記号はこのサイト独自のものですが、大体の音楽理論所も、これらと似たような記号を使っていると思うので、コードの知識がある人には直ぐ分かると思います。これら一音ずつはコードを作っている音で、それらをコードトーンやアルペジオと言います。コードトーンをそれぞれ、最初に見た4小節に振り分けてみると、以下のような感じになります。

コードトーンを振り分けたウォーキングベース4小節

コードトーン以外の音も大事

ウォーキングベースではコードトーン以外の音を、使うことが多々あります。1小節目なら3弦2フレットと3弦1フレット、2小節目なら3弦2フレット、4小節目なら2弦0フレットがそうです。ウォーキングベースでは、こういったコードトーン以外の音も大事で、それがウォーキングベースらしさを出してくれるのです。このことは後のページでも、詳しく説明しています。

ベースのコードを覚えよう

これから後のページでは、こういった感じでウォーキングベースを説明していくので、ベースのコードに関する知識がないと、意味が分からないはずです。コードについては、エレキベースのコードベースラインの作り方のカテゴリーで、詳しく説明しているので参照してください。