元になる一つの音符が、分割されたものを連符(れんぷ)と言います。元になる一つの音符は、何かに限定はしておらず、全音符・2分音符・4分音符・8分音符だったりします。それらの音符を、通常でない分割にする場合、連符は使われます。では音符を通常ではない分割にするとはどういうことか、先ずは4分音符を例に挙げて見ていきましょう。

連符の種類

4分音符を2分割・3分割・4分割・5分割した簡略小節

連符になる条件

4分音符を2分割した場合、4分音符の半分の長さは8分音符なので、それが丁度2つ作れます。4分音符を4分割した場合、4分音符の4分の1の長さは16分音符で、それが丁度4つ作れます。このように、綺麗に割り切れる場合は良いですが、3分割や5分割する場合は、他の音符を使い丁度で割り切れないので、分割数に応じて、3連符や5連符という言い方をします。簡単に説明すると、分割数が2・4・8・16・32・64以外の数になった場合、連符扱いになります。

全音符・2分音符・4分音符・8分音符の連符表

3連符・5連符・7連符の連符表

連符の表し方は一種類の音符だけでなく、4分音符や8分音符、16分音符や32分音符といった、色んな音符を使い表現します。全音符を3分割した場合、2分音符3つをカッコや数字で3とし括り、2分音符を5分割した場合、4分音符5つをカッコや数字で5とし括り、まとめて表します。その他の連符を、どの音符で書くかは、上記の連符表を参考にしてください。連符は9連符や11連符と続きますが、ここでは7連符までにしておきます。

単純音符と付点音符の連符

付点音符ではない音符を単純音符と言いますが、これまでは単純音符を、連符にした説明でした。単純音符は3・5・6・7・9・11分割などが連符扱いになりますが、付点音符は2・4・5・7・8・9分割などが連符になり、単純音符と付点音符では、連符の分割数が違ってきます。

連符のリズムを音で確認

連符という音符が頭で分かったら、今度は音で確認していきましょう。見てきたように、連符にも色んな種類がありますが、その中でも比較的よく使われる連符があるので、それらを譜面と音源を使い、確認しておきましょう。

1拍3連符は4分音符を3分割

一番多く使われる連符が、4分音符を3分割する1拍3連符(いっぱくさんれんぷ)かと思います。リズムの取り方も分かり易く、馴染みやすい連符でしょう。2小節目のように、連符の最初や間に休符が入ってくることもあります。

2拍3連符は2分音符を3分割

1拍3連符の次に多く見るのが、2分音符を3分割する2拍3連符(にはくさんれんぷ)でしょうか。1拍3連符は思い出しやすいリズムですが、この2拍3連符は暫くすると、どういうリズムか忘れやすいかと思います。覚えるコツを2拍3連符は2分音符を三等分したリズムで説明しているので、よければ参考にしてください。

半拍3連符は8分音符を3分割

8分音符を3分割してやったものを半拍3連符(はんぱくさんれんぷ)と言います。リズム的には分かり易い連符ですが、細かいリズムなので、指で弾くのはもちろんピックで弾くのも、高いフィンガリングスキルを必要とするでしょう。

1拍6連符

上記の小節のように、半拍3連符が2回続いたら1拍6連符(いっぱくろくれんぷ)として、説明されていることも多いです。

2拍5連符は2分音符を5分割

2分音符を5分割してやったものが2拍5連符(にはくごれんぷ)です。ここで紹介する連符の中では、リズムの取り方が一番難しく、直ぐに分かる人は多くないはずです。2分音符が一回鳴る間に、均等に5回音を鳴らす、という理屈は分かっていても、実際に歌うとなると、全く別なのが分かると思います。

1拍3連符と2拍3連符から覚える

連符の種類はたくさんあり、全て把握するのは大変なので、先ずは1拍3連符と2拍3連符を覚えてしまいましょう。ポピュラー音楽では、この2種類の連符さえ覚えておけば、そう大きく困ることはないでしょう。その他の連符が出てきたら、その時々で耳にリズムを覚え込ませ、自分の楽器で弾けるよう練習しましょう。