小節というものを例えるなら、音符や休符を入れる箱のようなものです。その箱に区切りを付け、視覚的やリズム的に分かり易くするのが小節線(しょうせつせん)です。小節線にも種類があり、役割も少しずつ違ってきます。また、楽器や声の高さによって、使い分ける音楽記号も見ていきましょう。

小節線の縦線・複縦線・終止線

小節区切る小節線または縦線

小節線は縦線

譜面やバンドスコアでも一番多く見られるのが、矢印で示している小節線で、小節線とも縦線(じゅうせん)とも、説明されている場合があります。縦線で区切られることにより、左から1小節目・2小節目・3小節目・4小節目と表現されます。後のページでも説明しますが、一つの小節内に入る音符や休符は、拍子記号により限られてきます。

場面転換の時などに使用する縦線

複縦線は二重線

2小節目と3小節目を区切っているのが、縦二本の小節線で、これを複縦線(ふくじゅうせん)と言います。複縦線はイントロからAメロ、AメロからBメロ、Bメロからサビなどの、場面転換をする時に使用されることが多いです。

譜面の終了を知らせる終止線

終止線は終わりの線

4小節目の矢印で示しているのが終止線(しゅうしせん)です。複縦線の右側を太くするのが終止線、と覚えておけばいいでしょう。終止線は名前の通り、終わりを意味する小節線なので、これで譜面を終えるのが、一応の決まりとなっています。自分で譜面を書くようになったら、終止線で終わることを覚えておきましょう。

小節線は他にもある

曲によっては縦線・複縦線・終止線以外にも、特殊な小節線が引かれている場合もあります。それらを覚えておくことに、越したことはないですが、大きく困ることはないでしょう。説明した縦線・複縦線・終止線の3種類がほとんどなので、先ずはこれらを覚えておきましょう。

音部記号のヘ音記号とト音記号

譜面の冒頭には音部記号(おんぶきごう)という、音域の位置づけをする音楽記号があります。音部記号にも種類があり、これが違ってくると、五線に書かれる音の高さが違ってきます。先ずは2種類の音部記号を見ていきましょう。

ヘ音記号とト音記号で表した音符とTAB譜

ヘ音記号とト音記号

両方の小節は、同じ高さに音符が記されていますが、音名が違っています。これは音部記号によるもので、片方がヘ音記号で、もう片方がト音記号という音部記号です。英米式音名のF音を、日本式に直すとヘ音になり、ヘ音の五線を挟むように黒い点があるので、ヘ音記号と覚えましょう。同じく英米式音名のG音を、日本式に直すとト音になり、ト音の位置あたりから書き始めるので、ト音記号と覚えておきましょう。この2種類の音の高さについて、もう少し見ておきましょう。

ヘ音記号とト音記号の高さを説明する小節

ヘ音記号とト音記号の小節

上記の音符の中でなら、下段のヘ音記号にあるが、一番低い音のC音です。そこから音を上げていき、同じヘ音記号ののC音ですが、これと上段のト音記号ののC音は、全く同じ音になります。ト音記号のが、一番高いC音となります。鍵盤図でも見てみましょう。

ヘ音記号とト音記号の高さを説明する鍵盤図

ヘ音記号とト音記号の鍵盤図

先ほどのヘ音記号ののC音から、1オクターブ高い音がのC音でもあり、ト音記号ののC音でもあります。のC音から、更に1オクターブ高いC音がです。ヘ音記号ののC音から、ト音記号ののC音までなら、2オクターブの差があるということです。

ヘ音記号とト音記号の使い分け

ヘ音記号は音域の低い楽器に用いられ、私たちエレキベースやピアノの左手パートなどが、ヘ音記号で表されます。ト音記号は音域の高い楽器に用いられ、ギターやピアノの右手パートが、ト音記号で表されます。ヘ音記号は低音部記号、ト音記号は高音部記号とも言われるので、覚えておきましょう。

音部記号のハ音記号

ヘ音記号やト音記号と同じ、音部記号の種類にハ音記号というものもあります。ハ音記号はヘ音記号とト音記号より、目にすることは少なく、ポピュラー音楽では先ず目にすることはない音部記号なので、無理に覚えることもないかと思います。

ハ音記号のアルト譜表と、それを無理矢理ベースのTAB譜にしたもの

ハ音記号と譜表

上記の音部記号がハ音記号で、ハ音記号でも音の高さが変わります。ハ音記号の真ん中に当たる、矢印部分がC音を示すことになり、C音を日本式に直すとハ音なので、ハ音記号と言います。譜面に記される音部記号は譜表(ふひょう)とも言われ、上図はハ音記号でアルト譜表、という音域を表しています。ハ音記号を使った、他の譜表も見てみましょう。

ハ音記号のソプラノ譜表・メゾソプラノ譜表・テノール譜表・バリトン譜表

ハ音記号は上下に動く

ハ音記号のアルト譜表を基準とするなら、ハ音記号は上下に動いて、記されることもあります。上記の4つはそれぞれ、ソプラノ譜表、メゾソプラノ譜表、テノール譜表、バリトン譜表ですが、ハ音記号の矢印部分をC音、とすることは変わりません。ポピュラー音楽では、ほぼ見ることがないハ音記号ですが、クラシック音楽でも、アルト譜表とテノール譜表以外は、あまり使われないようです。

ヘ音記号のバス譜表とト音記号のヴァイオリン譜表

ヘ音記号はバス譜表

左の音部記号は、先ほども説明したヘ音記号で、譜表はバス譜表と言います。そして、ヘ音記号もハ音記号と同じく、上下に動くこともあり、バリトン譜表やサブバス譜表と、譜表名を変えることもあります。しかし、ヘ音記号はバス譜表を覚えておけば十分です。

ト音記号はヴァイオリン譜表

右の音部記号は、やはり先に説明したト音記号で、バス譜表はヴァイオリン譜表と言います。これも同じく上下に動き、フレンチヴァイオリン譜表、などに変わることがありますが、これも同じくト音記号はヴァイオリン譜表、を覚えておけば良いでしょう。

ベーシストはヘ音記号

趣味でベースをやるなら、音符を読むことはないと思いますが、もしも音部記号を覚えるなら、ベースパートの音符はヘ音記号で書かれているので、ヘ音記号を優先して覚えましょう。譜表についても説明しましたが、ややこしければ考えず、ヘ音記号とだけ覚えておけば、ベースの譜面を見て困ることはないです。