譜面の冒頭に分数で表した音楽記号があり、それを拍子記号(ひょうしきごう)と言います。拍子記号には、どの音符を1拍とし、それが小節内に何拍入るのか、という情報を示すものです。リズムという言葉には、色んな意味合いがありますが、拍子記号もリズムを決定付ける音楽記号の一つ、だと思っていいでしょう。

4分の4拍子について

分数と記号で表した4分の4拍子の拍子記号

4分の4拍子を表す拍子記号

一方の小節は分数表記で4分の4とあり、これが拍子記号を表し、この場合4分の4拍子と言います。もう一方の小節の拍子記号は4分の4拍子の拍子記号とあり、これも4分の4拍子を表す拍子記号です。この拍子記号は古くに使われていた、定量記譜法という名残だそうです。クラシック音楽やポピュラー音楽でも、この4分の4拍子で作曲されることが一番多く、最も聴き慣れている拍子かと思います。

4分の4拍子の意味

4分の4拍子の意味を具体的に考えていきましょう。分母(下の数字)は4なので、4分音符を表しており、これが1拍となる音符です。分子(上の数字)も4で、これは1小節内に入る数を表しています。なので4分の4拍子は4分音符が4つ分で1小節が終わる、ということを意味しているのです。両方の小節はそれが分かり易く、4分音符が4つあります。しかし、全ての4分の4拍子が4分音符4つで終わるとは限らず、次のようにして計算する必要があります。

4分の4拍子の符割と4分の4拍子ではない符割

符割・譜割りを計算してみる

小節内に音符と休符がどれだけ入っているか、というのを符割(ふわり)や、同じ読み方で譜割りと言います。両方の拍子記号は4分の4拍子で、4分音符が4拍分で1小節が終わりになる、ということなので、4分音符1つ分を1拍とし、それが4拍になれば良い分けです。一方の小節は正しい符割になっていますが、もう一方の小節は全て合わすと、5拍になってしまい、間違った符割ということになります。

単純拍子

4分の3拍子と4分の2拍子の拍子記号

4分の3拍子と4分の2拍子

一方の小節の拍子記号は4分の3拍子です。分母は1拍となる音符で、分子は分母の音符の数で、1小節が終わるのを表す、というのはここでも同じです。なので、4分の3拍子は4分音符が3拍分で1小節が終わる、ということになります。もう一方の小節の拍子記号は4分の2拍子で、4分音符が2拍分で1小節が終わりです。

単純拍子の種類

説明してきた、4分の4拍子・4分の3拍子・4分の2拍子などを単純拍子(たんじゅんびょうし)と言います。しかし、単純拍子は分母の数字が4だけとは限りません。ただ、譜面の書き易さや見易さなどから、2(2分音符)、4(4分音符)、8(8分音符)が、単純拍子の分母として多く使われます。そして、分母に関わらず、分子が2のものを2拍子系、3のものを3拍子系、4のものを4拍子系と言います。

4拍子系

4分の4拍子(4分の4拍子の拍子記号)・8分の4拍子

3拍子系

2分の3拍子・4分の3拍子・8分の3拍子

2拍子系

2分の2拍子(4分の2拍子の拍子記号)・4分の2拍子・8分の2拍子

複合拍子

4分の6拍子と8分の9拍子の拍子記号

4分の6拍子と8分の9拍子

分母が4の4分音符で、それが1拍となり、分子が6なので、4分音符が6つで1小節が終わる、というのが4分の6拍子です。分母が8の8分音符で、それが1拍となり、分子が9なので、8分音符が9つで1小節が終わる、というのが8分の9拍子です。両方の小節を点線で区切っているように、3拍ずつでリズムを取ると分かり易く、このような拍子は次のような言い方をされます。

複合拍子の種類

4分の6拍子や8分の9拍子のように、3拍を一つのグループと考え、それが幾つか集まり、小節を作るリズムを複合拍子(ふくごうびょうし)と言います。複合拍子の分母にも決まりはないですが、4(4分音符)、8(8分音符)、16(16分音符)が一般的でしょう。4分の6拍子なら、分子が6なので6拍子ですが、点線で区切ったように、3拍が2つ作れるので2拍子系になり、8分の9拍子も9拍子ですが、大きく分けると3拍子系に入ります。

4拍子系(12拍子)

8分の12拍子・16分の12拍子

3拍子系(9拍子)

4分の9拍子・8分の9拍子・16分の9拍子

2拍子系(6拍子)

4分の6拍子・8分の6拍子

混合拍子(変拍子)と拍子記号の変更

単純拍子が組み合わさり、形成されるリズムを混合拍子(こんごうびょうし)変拍子(へんびょうし)と言います。混合拍子(変拍子)のリズムの取り方と、拍子記号が曲中に変更される時の、譜面の表記について見ておきましょう。

4分の5拍子のリズムの取り方を説明している小節

混合拍子はリズムを分ける

4分の5拍子を例に挙げて説明すると、普通に「イチ・ニー・サン・シー・ゴー」と、5拍をカウントしながらの演奏でも良いですが、上記両方の小節のように「イチ・ニー・サン|イチ・ニー」か「イチ・ニー|イチ・ニー・サン」と、分けてリズムを取ることが多いです。また、バンド演奏の時は予めメンバーと話し合い、どちらでリズムを取るか決めておいた方が、良い演奏になると思います。

拍子記号が4分の4拍子から4分の3拍子に変わる小節

拍子記号は曲中で変わる

曲が4分の4拍子で始まったら、その曲は終わりまでが、4分の4拍子とは限りません。この8小節も2小節目までは4分の4拍子ですが、3小節目から4分の3拍子に変わり、7小節目から再び4分の4拍子に戻っています。拍子記号が変わる場合は、小節線を複縦線にするのが一般的です。

4分の4拍子から始めよう

単純拍子・複合拍子・混合拍子(変拍子)などを、一気に説明してきましたが、最初に説明した4分の4拍子の意味が分かり、その符割が計算できれば、先ずは十分です。それさえ分かってしまえば、リズムを直ぐに取れるかどうかは別として、他の拍子記号の意味や符割の計算は分かるはずです。