譜面やバンドスコアには「この小節はこう弾きなさい」という演奏記号による、指示がされている場合もあります。クラシック音楽に比べると、ポピュラー音楽では見る機会は少ないですが、覚えておいても良いでしょう。また省略記号という音楽記号もあり、それらによって、譜面を見やすく簡潔に感じられることと思います。

演奏記号の種類

オッターバ記号(オクターブ記号)の小節

オッターバ記号(オクターブ記号)で見やすい譜面

点線に8vaとあるのはオッターバ記号(オクターブ記号)と言い、ここからは1オクターブ高い音符で弾きなさい、という意味になります。この2小節はオッターバ記号なしの2小節と見比べてみても、見やすい小節になっているでしょう。因みに、2オクターブ高いオッターバ記号もあり、それは16vaではなく15vaとなります。

タイ記号の小節

タイ記号は同じ高さの音符を結ぶ

同じ音程の音符同士を、湾曲の線で結びつけるのがタイ記号です。結ばれた後の方の音符は、音を打ち直さずに、前の音を続けます。なので、1小節目なら8分音符同士なので、長さは4分音符と同じになります。2小節目なら8分音符と4分音符なので、付点4分音符と同じ長さです。タイ記号は譜面を見やすくする効果もあり、上記の譜面をタイ記号なしの譜面にすると見辛く、何より間違った譜面になってしまいます。

スラー記号の小節

スラー記号で滑らかな演奏

1小節目のF音(2弦3フレット)同士を結びつける湾曲線は、先ほども説明したタイ記号です。2小節目のC音(3弦3フレット)から、1オクターブ高いC音(1弦5フレット)を結びつける、大き目の湾曲線はスラー記号と呼ばれる音楽記号です。スラー記号は湾曲線で囲われている音符を、滑らかに演奏しなさい、という意味があります。スラー記号はポピュラー音楽より、クラシックの譜面でよく見られます。

スタッカート記号の小節

スタッカート記号で約半分の長さ

音符の直ぐ上に付けられる、黒い小さな点はスタッカート記号です。スタッカート記号は、約半分の長さにして演奏する、という意味があります。上記の2小節なら、4分音符にスタッカート記号があるので、大体8分音符の長さで弾くことになります。スタッカート記号なしの譜面と見比べると、休符が少なくなった分だけ、さっぱりした2小節になっているでしょう。

テヌート記号の小節

テヌート記号で目いっぱい伸ばす

小さな黒い点はスタッカート記号でしたが、短い横の棒はテヌート記号というものです。テヌート記号が付いている音符は、その音を目いっぱい伸ばす、という意味があります。上記の2小節なら、スタッカートの後にテヌートがあるので、全く長さの違う8分音符になります。

メトロノーム記号とBPMの小節

メトロノーム記号やBPMはテンポ

バンドスコアなどにも上記のような、音楽記号を見ることが出来ます。これはメトロノーム記号と言って、曲のテンポ(速度)を表すもので、数字が大きいほどテンポは速くなります。上記の場合「4分音符=120」とありますが、これは「4分音符が1分間に約120回鳴るテンポ」という意味です。音符は4分音符だけではなく、2分音符や8分音符にもなったりします。また、このサイトでも使用しているBPM(ビート・パー・ミニッツ)というのも、メトロノーム記号の一種で「BPM=120」というように表されます。

フェルマータ記号の小節

フェルマータ記号は音を伸ばす・終曲・一時停止

2小節目の最後の音符にあるのがフェルマータ記号です。フェルマータ記号には「音を十分に伸ばす」「この音符で終曲」「リズム一時停止」など、幾つかの意味があるようなので、その時々で合わせておけば良いでしょう。フェルマータ記号も、クラシック音楽ではよく見られるようですが、ポピュラー音楽では見ることも少ないです。

省略記号の種類

拍単位の省略記号の小節

小節内のフレーズを繰り返す

上記の2小節内に引かれている斜線は拍単位の省略記号を表しています。直前で演奏したフレーズを繰り返すという意味で、1小節目なら1・2拍目のフレーズを、3・4拍目でも同じように弾きます。2小節目なら1拍目のフレーズを、同じく2·3·4拍目で弾くことになります。

小節単位の省略記号の小節

前の小節のフレーズを繰り返す

2小節目にあるのが小節単位の省略記号で、やはり1小節目で演奏したフレーズを、2小節目でも全く同じように弾きます。この場合は前の1小節を繰り返しますが、前の2小節を繰り返す省略記号もあります。同じように、前の4小節や8小節を繰り返す、省略記号もあります。

長休符の小節

長休符は数字の小節数だけ休む

2小節目にあるのが長休符(ちょうきゅうふ)と言う、長い小節を演奏しない時に使われる休符です。上記の長休符は10と数字があるので、10小節分を休んだ後に、3小節目のフレーズへと入っていきます。

Simileを説明する小節

Simileは前と同じように演奏する

1小節目は2拍目までスタッカート記号があり、それ以降はスタッカートの指示はありません。しかしSimile(シミーレ・シーミレ)は、前と同じように演奏するという意味なので、1小節目の3拍目からも、スタッカート記号があるように弾きます。Simileはスタッカート記号に限らず、他の音楽記号の時にも使用されます。