音符(おんぷ)は音を鳴らす音楽記号、休符(きゅうふ)は音を止める音楽記号で、その姿形により長さが決められています。音の長さを耳で理解することも大事ですが、先ずは視覚的に音符と休符を知っておきましょう。ここでは4分音符(4分休符)の長さを基準の1拍としています。

音符と休符の長さを視覚的に考える

4分音符と2分音符の比較表

2分音符は4分音符の2倍

4分音符(4分休符)の長さを1とした時に、その2倍の長さに当たるのが2分音符(2分休符)です。2分音符が1回鳴っている間に、4分音符なら2回鳴らせることになります。休符の長さ関係も、音符のそれと全く同じになります。

4分音符と全音符の比較表

全音符は4分音符の4倍

4分音符(4分休符)の長さを1とした時に、その4倍の長さに当たるのが全音符(全休符)です。全音符が1回鳴っている間に、4分音符なら4回鳴らせることになります。全休符と2分休符は似ているので、気をつけましょう。

4分音符と8分音符の比較表

8分音符は4分音符の半分

4分音符(4分休符)の長さを1とした時に、それの半分の長さに当たるのが8分音符(8分休符)です。4分音符が1回鳴る間に、8分音符なら2回鳴らせることになります。2分音符が1個なら、8分音符は4個と同じ値です。

4分音符と16分音符の比較表

16分音符は4分音符の4分の1

4分音符(4分休符)の長さを1とした時に、それの4分の1の長さに当たるのが16分音符(16分休符)です。4分音符が1回鳴る間に、16分音符なら4回鳴らせることになります。このサイトでは、16分音符が最短の音符です。

全音符から16分音符の比較表まとめ

全音符から16分音符までを覚える

音の長い音符から順に「全音符・2分音符・4分音符・8分音符・16分音符」となります。上記の全音符から16分音符の比較表まとめで、改めて確認しておきましょう。しかし、音符と休符の種類はこれらだけではなく、全音符の2倍の長さを持つ倍全音符(二全音符)や、16分音符の半分の長さを持つ32分音符、などもあります。しかしポピュラー音楽では全音符から16分音符までを把握できていれば、それほど困ることはないと思います。

全音符を基準にすると

ここでは4分音符の長さを、1の基準としましたが、本来なら全音符を1の基準として、いくつに分けた長さなのかとした方が、音符と休符の名前にマッチしています。全音符を2分の1にしたのが2分音符、全音符を4分の1にしたのが4分音符、全音符を8分の1にしたのが8分音符、全音符を16分の1にしたのが16分音符、という具合です。しかし、4分音符を基準の1とする音楽理論書も多くあり、そちらの方が分かり易い人もいるかと思います。

付点音符と付点休符

音符や休符に付点(ふてん)があれば、その音符と休符の半分の長さがプラスされます。それを付点音符・付点休符と言います。ここでも4分音符と4分休符を、基準の1とした長さで比較していきましょう。

付点4分音符の長さを考える表

付点4分音符は4分音符と8分音符

先ずは付点4分音符(付点4分休符)から見ていきましょう。音符と休符の直ぐ右隣に位置する、小さな黒い点が付点です。元の音符は4分音符で、それの半分の長さに相当するのは8分音符です。なので付点4分音符は、4分音符に8分音符を付加してやった長さになります。付点音符の中でも、付点4分音符は比較的よく目にするものです。

付点2分音符の長さを考える表

付点2分音符は2分音符と4分音符

次は付点2分音符(付点2分休符)で、元になる音符は2分音符です。2分音符の半分の長さは4分音符なので、付点2分音符は2分音符に4分音符が付加された音符、ということになります。付点2分音符が1つあったとすると、4分音符なら3つで丁度同じ値に相当します。

付点全音符の長さを考える表

付点全音符は全音符と2分音符

今度は付点全音符(付点全休符)で、元になる音符は全音符です。全音符の半分の長さは2分音符なので、付点全音符は全音符に2分音符が付加された音符、ということになります。付点全音符と付点全休符は、それほど目にすることはないと思いますが、どういう長さになるのかは、頭で計算できるようにしておきましょう。

付点8分音符の長さを考える表

付点8分音符は8分音符と16分音符

最後は付点8分音符(付点8分休符)で、元になる音符は8分音符です。8分音符の半分の長さは16分音符なので、付点8分音符は8分音符に16分音符が付加された音符です。この付点8分音符は単独で見るよりも、16分音符とセットで使われることも多く、付点4分音符と同様に、良く見る付点音符だと思います。

複付点音符と複付点休符

複付点音符と複付点休符の計算表

複付点音符は付点が2つ

付点音符・付点休符に複(ふく)がついた複付点音符複付点休符という音符もあります。付点音符に更にもう1つ、付点がついたのが複付点音符で、長さは上記の表に示す通りです。2つ目の付点は1つ目の付点の、半分の長さということになり、元の音符からだと4分の1の長さです。しかし、複付点音符と複付点休符を目にすることは、ごく稀なことだと思います。

音符と休符の長さは実音で

ここでは音符と休符の長さを、視覚的に説明してきました。頭で理解できたら、今度は実際に音を聴いて、耳でも把握しなければ意味がありません。譜割り・符割(ふわり)のカテゴリーでは音源も使い、ここでは説明していない連符(れんぷ)という音符も含め、もう少し詳しく説明しているので、興味が出てきたら参考にしてください。