音から音への距離を音程(おんてい)と言い、音程には幾つかの種類があります。物差しやメジャーで距離を測ると、センチやメートルといった単位があるように、音程では度(ど)という単位を使います。基本的な音程の呼び方と、音程の種類を見ていきましょう。

音程の基本

旋律的音程と和声的音程の小節

旋律的音程と和声的音程

複数の音を一音ずつ鳴らした、左のような小節を旋律的音程と言います。反対に同時に鳴らした、右のような小節を和声的音程と言います。エレキベースでは一音ずつ弾くことが多いので、旋律的音程が主な演奏方法、と言っていいでしょうか。音楽を聴いたり演奏したりするには、この音程を感じることが大切です。

水平音程と垂直音程

旋律的音程は水平音程と、和声的音程は垂直音程とも言われるので、気に留めておいても良いでしょう。

1度から8度までを表したドレミの度数表

度数で表す音程

音程を数字と度を使って表すことを度数(どすう)と言います。元になる音(上記では3弦3フレット)から、1度・2度・3度というように数えていきます。上記の度数表にもありますが、C音(3弦3フレット)と、同じC音(3弦3フレット)の間に音程は生じないから0度だ、と思ってしまいますが、これにも音程が有り、ここからを1度として数えます。上記は「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」ですが、このフレットの間隔を「1度・2度・3度・4度・5度・6度・7度・8度」のことだと、先ずは覚えてしまいましょう。

単音程と複音程を表した鍵盤図

単音程と複音程

C音が元になる始まりの音として、鍵盤図でも度数を見ていきましょう。1度から8度までで音程が一周しており、これを1オクターヴと言います。そして、1オクターヴ内の音程を単音程(たんおんてい)と言い、それに対し9度以上の音程を複音程(ふくおんてい)と言います。複音程を9度・10度・11度という呼び方もすれば「1オクターヴ+単音程」の形で呼ぶことも多いです。例えば、10度なら「1オクターヴ+3度」で、12度なら「1オクターヴ+5度」といった具合です。

協和音程と不協和音程

音程のなかでも、二音を同時に鳴らした時に、上手く溶け合い綺麗に聴こえるものを協和音程(きょうわおんてい)、反発し濁って聴こえてしまうものを不協和音程(ふきょうわおんてい)と言い、大きくはそれら二種類に分けられます。

完全協和音程の完全1度・完全4度・完全5度・完全8度

完全協和音程は綺麗な音程

先ほどは単に1度・4度・5度・8度と説明していましたが、これらの音程には「完全(かんぜん)」という冠が付けられ、まとめると完全協和音程と言います。完全協和音程は音同士が、非常に上手く溶け合い、綺麗に聴こえます。特に同じ音名同士になる、完全1度と完全8度は、絶対完全協和音程と呼ばれます。

不完全協和音程の長3度・短3度・長6度・短6度

不完全協和音程も綺麗な音程

3度と6度には「長(ちょう)」という冠が付けられます。タブ譜面に注目してみると、長3度から半音(フレット1つ分)低くなると短3度、長6度から半音低くなると、短6度となっているように、長音程から半音低くなると「短(たん)」という冠に変わります。これらの音程は不完全協和音程と呼ばれ、完全協和音程ほどではありませんが、そこそこ綺麗に聴こえる音程です。しかし、音楽理論によっては、完全協和音程より響きが良い、とされる場合もあるようです。

不協和音程の長2度・短2度・長7度・短7度

不協和音程は濁る音程

2度と7度の音程には、先ほどと同じく「長」が用いられます。長2度から半音低くなれば短2度、長7度から半音低くなれば短7度、となるのも先ほどと同じです。逆に、短2度や短7度の短音程から半音高くなれば、それらは長2度や長7度の長音程になります。これらの音程は上手く溶け合わずに、ぶつかり合ったように、音が濁って聴こえるので不協和音程と呼ばれます。

音程は音符の数で見る

不完全協和音程や不協和音程には、長音程と短音程がありました。これらをもう少し詳しく、音符の数に注目して見ていきましょう。また、新たに「増(ぞう)」と「減(げん)」の冠が付く音程も登場し、ややこしくなるかと思います。

長7度と短7度の違いを説明する小節

長7度と短7度の違い

長7度と短7度の場合、1度のC音から、B音とB音まで、音符で数えると両方とも7個あります。度数で表すと両方7度ですが、B音とB音の違いがあるので、両方7度ではマズイことになります。なので、C音からB音の音程の広い7度を長7度、C音からB音の音程の狭い7度を短7度、として区別する分けです。

長3度と短3度の違いを説明する小節

長3度と短3度の違い

長3度と短3度でも考えていきましょう。両方とも、1のC音から音符を数えていくと、2のD音、3のE音とE音と、音符の数が3個になり、3度を表していることになります。しかし、E音とE音とでは、C音からの音程に誤差が生じるので、同じ3度では都合が悪いです。やはり音程の広い方を長3度、音程の狭い方を短3度として区別します。前述したように、長音程から半音狭くなれば短音程に、短音程から半音広くなれば長音程になる、ということも覚えておきましょう。

完全4度と増4度の違いを説明する小節

完全音程から増音程

片方の小節は、C音を1度とする完全4度の音程で、4個目のF音に♯を付け、半音広くしたものが、もう一方の小節です。こちらも完全4度としてしまうと、♯で音程が広がっただけに間違いです。完全音程が半音広がると増音程というものになり、これを増4度と呼びます。両方の度数だけを見ると4度で、音符の数も4個なのが分かります。タブ譜面でも確認すると、フレット1つ分だけ違います。

完全5度と減5度の違いを説明する小節

完全音程から減音程

片方の小節は、C音を1度とする完全5度の音程で、5個目のG音に♭を付け、半音狭くしたものが、もう片方の小節です。C音からG音までと、C音からG音までの音程は違うので、これも呼び方を変える必要があります。完全音程が半音狭まると減音程というものになり、もう片方の音程は減5度になります。やはり度数は変わらずに5度で、音符の数も両方とも5個の隔たりがあります。

増4度と減5度の違いを説明する小節

増4度と減5度は度数に注目

C音を1度とする増4度と減5度を、タブ譜面で見比べてみると、3弦3フレットから2弦4フレットまでの、全く同じ音程なのが分かります。しかしだからと言って、増4度と答えるべきを、減5度と回答してしまうと、音楽理論の問題では不正解になります。そこで前述してきたように、先ず音符の数から度数を判断し、♯や♭で増減音程を判断してやります。他にもこういった、同じ音程で違う呼び方をするものがあります。因みに、この増4度と減5度は、不協和音程の種類に入ります。

度数が分かればコードも分かる

音程の数え方である度数を説明してきましたが、これが理解できれば、コードの仕組みが分かり易くなるはずです。エレキベースのコードでも、指板と略記号を中心として、度数を説明しているので、参考にしてください。