エレキベースのコードを知る前に、先ずはコードの基本を知っておきましょう。音楽の世界でよく言われるコードとは、二音以上の高さの異なる音が、同時に鳴っているものを言います。また、譜面上に英文字を使って表されるコードを、正確にはコードネームと言いますが、コードと略す場合が多いです。

三和音はトライアドコード

C(シー・メジャー)コード
C(シー・メジャー)コードの2小節

C(シー・メジャー)の構成

3弦3フレットののドから始め、2弦2フレットののミを2つ目、2弦5フレットののソを3つ目の音にします。順番にド・ミ・ソと重ね合わせたのが、Cというコードになります。この時の最下部のドの音をRoot(ルート)と言い、ベーシストにとっては大事な音です。

エフ(エフ・メジャー)コード
F(エフ・メジャー)コードの2小節

F(エフ・メジャー)の構成

今度は2弦3フレットののファから始め、1弦2フレットののラを2つ目、1弦5フレットののドを3つ目の音にすると、ファ・ラ・ドが集まったコードFが完成します。ここでの最下部の音はファになるので、Rootはファの音になります。

コードの作られ方

コードCFを例に挙げましたが、Rootを始まりの音として、一音ずつ飛ばし積み重ねていくのが、コードの基本的な作られ方です。もちろん例外も多くあり、それがコードの響き方を変えたりします。

Rootは根音

コードの最下部に当たるRootですが、これを日本式では根音(こんおん)と言います。

音程と度数

度数(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド)
度数(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド)の2小節

1度はRoot

音程(おんてい)というのは音から音への距離のことで、音程を表す単位は度数(どすう)が使われます。ドの1度からミなら3度でソなら5度、オクターブ高いドなら8度といった具合に表します。コードの最下部をRootと説明しましたが、1度はRootの事だと思っても良いでしょう。

最初の音から1度

度数は最初の音を1度として数えていきます。先ずはこのド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドが、1度から8度なのだと思っておけば良いでしょう。

Rootからの度数
Rootからの度数が一定の指板図

Rootからの度数は一定

指板にあるRoot(根音)の記号は1度でもある、Rootを表す記号だと思ってください。3弦3フレットがRoot(根音)の記号の時は先程も確認しましたが、それと他の3つを比べてみましょう。Root(根音)の記号からの度数の距離感が、どれも一定を保っているのが分かります。このようにRoot(根音)の記号のフレットが変わっても、Root(根音)の記号からの度数は変わりません。

記事終了
このページのまとめ
  • コードの基本形は一音ずつ飛ばして作る。
  • コードの最下部の音をRootや根音と言う。
  • 度数は音程を表す時に使われる単位。