エレキベースのコードを知る前に、先ずはコードの基本を知っておきましょう。音楽の世界でよく言われるコードとは、二音以上の高さの異なる音が、同時に鳴っているものを言います。また、譜面上に英文字を使って表されるコードを、正確にはコードネームと言いますが、それも単にコードと言う方が多いでしょう。

三和音はトライアドコードの作り方

コードC(シー・メジャー)の構成譜面

コードC(シー・メジャー)の構成

1小節目は「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」で「」の3弦3フレットのド、を基準の音としましょう。そこから3弦5フレットのレを飛ばして「」の、2弦2フレットのミを2つ目の音にします。そこから2弦3フレットのファを飛ばして「」の、2弦5フレットのソを3つ目の音にします。順番に「ド・ミ・ソ」と重ね合わせたのが、2小節目の「C」というコードネームになり、一番下に位置するドの音をRoot(ルート)と言います。ここではドがルートですが、ルートはドだけとは限りません。次に違うコードでも見ていきましょう。

コードF(エフ・メジャー)の構成譜面

コードF(エフ・メジャー)の構成

同じく1小節目は「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」で、今度は「」の2弦3フレットのファを、基準の音にしてみましょう。そこから一音飛ばして「」の1弦2フレットを2つ目、また一音飛ばして「」の1弦5フレットを3つ目として、順番に音を重ねると、2小節目の「F」というコードネームになります。コードのルートというのは、一番下にある音を指すので、このコードのルートはファの音になる分けです。

三和音はトライアドコード

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」からコード「C」と「F」を見たように、最初の音から一音飛ばした音、またその音から一音飛ばした音から作られる、三つの音がコードの基本形だと思ってください。そういった、三つの音から作られるコードを三和音(さんわおん)、英語ではトライアドコードと言います。そして、そのコードの一番下に来る音をルート(Root)と言い、ベーシストはコードのルートを意識することから始まります。

根音はルートと同じ意味

ルートという呼び方が、英語式だというのは分かると思います。これを日本式にしてやると根音(こんおん)となり、音楽の教則本などでは、根音として説明している場合も多いです。慣れてもらう意味も込めて、このサイトでは根音とルートの、両方を使い分け説明しています。

音程と度数

コードを一番下で支える音がルート、というのは分かったと思います。土台になるルートから他の音とには距離が生まれ、その距離のことを音程(おんてい)と言います。そして、音程を表すには度数(どすう)と言う単位を使います。

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド(メジャースケール)の度数

ルートは1度からの度数

3弦3フレットのドを始まりの音として、それを1度と言い、1度はルートと同じと考えてください。そこから数えて3弦5フレットのレを2度、2弦2フレットのミを3度、という具合にして数えます。先ほども説明した、コードの基本形はルートの1度から、3度と5度の音程を使っているのが分かります。他のメジャースケールでも、同じ度数を数えられますが、先ずはこの「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」が1度から8度のことなのだ、と理解しても良いでしょう。エレキベース指板でも、度数を見てみましょう。

ルートの1度から8度までを数えたエレキベース指板図

ルートからの度数は一定を保つ

それぞれの指板図にあるRoot(根音)の記号は1度でもある、ルートを表す記号だと思ってください。3弦3フレがルートの度数の指板図は、先ほども確認したように、3弦3フレットのドを1度として、8度までの度数を数えたものです。それを基本にして、他の3つの指板図と見比べてみましょう。ルートの1度から2度・3度・4度・5度・6度・7度・8度と、それぞれ一定の距離を保っているのが分かります。このようにルートのフレットが変わっても、ルートからの度数は変わらない、というのを覚えておきましょう。