3度の音程を、長3度と短3度に分けられたのと同じく、完全5度も音程名を変えて、表現することがあります。名前が違ってくるので、当然フレットの場所も違ってきます。完全5度の音を基準にし、見ていくことにしましょう。

減5度のフレットと音程

完全5度の半音下が減5度のフレットを説明する指板図

減5度のフレット

先ずは片方の指板図で、これまで覚えたRoot(根音)の記号のルートから、長3度の記号の長3度、その長3度から半音低い短3度の記号の短3度、そして、今回の基準になる完全5度の記号の完全5度の距離を、確認しておきましょう。もう片方の指板図のように、完全5度から半音低い減5度の記号のフレットを減5度(げんごど)と言います。長3度から半音低い時は「短」を付け、短3度としましたが、完全5度が半音低くなると「減」を付け、減5度とします。

上下の減5度を説明する指板図

上下の減5度

片方の指板図は、先ほどと同じく3弦3フレットをルートとし、そこから完全5度と減5度を表した指板図です。2弦4フレットの減5度は、ルートから音が高くなるので上の減5度、そこからオクターブ低い、4弦2フレットが下の減5度です。もう片方の指板図は、2弦6フレットのルートから見ると、1弦7フレットが上の減5度で、3弦5フレットが下の減5度になります。

完全5度と減5度の音程

ピアノの音でも、完全5度と減5度の音程を聴いてみましょう。一方の音源は根音をC音とした、完全5度がG音の音程です。完全5度の音程は安定しており、しっかりとした響きが特徴、というのが分かると思います。もう一方の音源は、根音のC音は同じですが、完全5度から半音低いG音の、減5度の音程です。完全5度に比べると、減5度の音程は、不安定な響きに感じられるでしょう。

増5度のフレットと音程

完全5度の半音上が増5度のフレットを説明する指板図

増5度のフレット

3弦3フレットをRoot(根音)の記号とした時、2弦5フレットの完全5度の記号から半音下が、2弦4フレットの減5度の記号でした。今度は完全5度の記号から半音上の、2弦6フレットに注目してみましょう。そこには増5度の記号の記号があり、これを増5度(ぞうごど)と言います。「完全」の付く音程が、半音上がると「増」を付けて表す、と覚えておきましょう。

上下の増5度を説明する指板図

上下の増5度

2弦1フレットをルートとする時は、上の完全5度が1弦3フレット、下の完全5度が3弦1フレットです。それら両方の半音上のフレットが、1弦4フレットで上の増5度、3弦2フレットで下の増5度となります。ルートが3弦6フレットになったとしても、完全5度と増5度の音程は変わらず、それはもう片方の指板図でも、見て取れると思います。

増5度の音程

増5度の音程を、ピアノでも聴いてみましょう。先ずは減5度の時と同じように、根音をC音とする、完全5度の音程を聴いてみましょう。次にG音の半音上がった、G#音の増5度を聴いてください。完全5度より半音だけ、音に広がりが出来ますが、音程的にはどこか不安定さを、感じられないでしょうか。しかし、音程の感じ方は個々で違うので、増5度の音程が心地良い人もいるでしょう。