ベースラインを作るには自分の楽器だけではなく、他の楽器との兼ね合いも重要になってきます。特にドラムとベースはリズム隊と呼ばれたりして、密接な関係にあります。先ずはドラムの基本的なことから見ていきましょう。

ドラムセットの名前

ドラムセットの画像

  1. ライドシンバル
  2. クラッシュシンバル
  3. ハイハットシンバル
  4. タムタム
  5. スネアドラム
  6. フロアタム
  7. バスドラム

ドラムの3点セット

ドラマーによってはもっと種類を増やす場合もありますが、上記でも示す画像のようなスタイルを、一般的なドラムセットだと言っていいでしょう。この中でも特に注目すべきなのが、赤色でも示しているドラムの3点セットなどと呼ばれるパートです。

バスドラム・ベースドラム・キック

バスドラムはベースドラムや、足でペダルを踏み込んで鳴らすので、キックと呼ばれたりもします。バスドラムを略してバスドラ、ベースドラムを略してベードラと、略して呼ばれることがほとんどでしょう。

スネアドラム・サイドドラム

正式名称はスネアドラムですが、これも略してスネア、と言われる方が多いでしょう。また、サイドドラムと言う場合もあります。裏面にスネア(スナッピー)と呼ばれる、金属製の響線により特徴的な音を出します。

ハイハットシンバル

正しくはハイハットシンバルですが、これも略してハイハットと呼ぶ場合が多いです。バスドラムと同じくペダルがあり、それを踏んでから叩くクローズと、踏まずに叩くオープン、少しだけ踏むハーフオープンがあります。

ドラム3点のドラム譜

ドラムにはドラム専用の譜面があり、それをドラム譜と言ったりします。ここでも「バスドラ・スネア・ハイハット」のドラム3点に限定して、それらのドラム譜と音を聴いてみましょう。

バスドラの音は低い

バスドラのドラム譜は、上記のような位置に記譜されます。音源で聴いても分かる通り、バスドラの音は「ドッドッ」と低いのが特徴的でしょう。ドラム譜に関しては、音符の長さは関係なく、4分音符だからと言って、その分鳴り続けることはなく、タイミングの問題だけです。

スネアの音は元気

今度はスネアが加わり、音は「タン!」と言うような、バスドラに比べると元気な感じです。ポップスやロックなどのジャンルでは、このように2拍目と4拍目にスネアを叩き、アクセントをつけることが多いです。ドラム譜からもバスドラが休符の位置で、スネアが鳴っているのを確認できるでしょう。

ハイハットの音は小さいが目立つ

最後はハイハットが加わり、これがドラム3点で作るリズムの基本と考えてください。ハイハットはドラム譜で「×」と表され、ここでは8分音符で「チキチキ」と鳴っているのが分かります。ハイハットは音こそ小さめですが目立ち、バスドラやスネアに比べると、音数が多めなのも特徴的でしょう。

ドラム譜の音部記号を表す小節

ドラム譜の音部記号

譜面の冒頭には音の高さを決める、音部記号(おんぶきごう)というものがあります。エレキベースは低い音を表すヘ音記号で、ドラムにもヘ音記号を使うことがあります。しかし、縦に二重線を引っ張った、ドラムやパーカッション専用の音部記号、を使うことが最も多いでしょう。

ドラム譜は統一されていない譜面

ドラム譜をドラム3点に絞り見てきましたが、このドラム譜は完全に統一されていな譜面です。なので、譜面を作るドラマーなどにより、少しずつ違ってきたりもします。しかし、ドラム3点である「バスドラ・スネア・ハイハット」に限っては、誰が書いても同じだと思うので、このまま覚えてしまっても良いでしょう。

ベースラインとバスドラム

ドラムとベースには定説のようなものがあり、それはベースラインはバスドラムに合わせると良いというものです。そうすることにより、力強い音が生まれたり、気持ちの良いリズムを作れたりします。そういう気持ちの良いリズムのことを「ノリが良い」とか「グルーヴする」などと表現します。

バスドラムを意識する

これはある曲のベースどドラムを抽出した2小節で、ベースとバスドラムが鳴っている、タイミングに注目してみましょう。1小節目はベースとバスドラムが、全て同じ位置で鳴っているのが分かり、お手本のような合わせ方だと思います。2小節目も2弦5フレット以外は、ベースとバスドラムが、綺麗にリンクしているのが分かります。ベーシストがドラム譜を見る時には、特にバスドラムを意識すると良いでしょう。

バスドラムに縛られすぎない

しかし「必ずしもバスドラムに合わさなければならない」ということでもありません。バスドラムに縛られすぎて、面白いベースラインが出来なくなってしまうと残念です。基本は合わせた方が良いですが「ここは自由に弾こう」「あえて合わさない」という場面があっても良いです。気軽なセッション等なら、バスドラムを意識する必要はないですが、オリジナル曲の場合は、ドラマーと話し合うことが必要だと思います。

ハイハットオープンとハイハットクローズ

ハイハットはシンバルが二枚一組で成っており、足元には踏み込む為のペダルがあります。ペダルを踏まないと、シンバル同士は離れたままのハイハットオープンで、譜面のように「」で表され「シャ~ン!」と賑やかな音がします。ペダルを踏み込むと、シンバル同士が密着してハイハットクローズとなり、譜面のように「」で表され「チッチッ」と短く湿った音がします。ハイハットクローズの記号は全てに付く分けではなく、それ以降をハイハットクローズの状態で叩きます。また、通常はクローズで叩くことが多いので、何も指示がなければ、ハイハットクローズだと思えばいいでしょう。

あえてバスドラムとベースを合わせない

上記は洋楽から抜粋した8小節です。1・2・3小節目はベースとバスドラムの鳴るタイミングが、気持ち良く完全に一致しています。5・6・7小節目は終わりで、8分音符のベースが鳴っていますが、バスドラムは鳴っていません。僕がドラマーなら、この8分音符のベースラインに、バスドラム合わせたいですが、あえてバスドラムとベースを、合わせていないのかと思います。もちろん、このようなベースラインになっても、何ら問題ありません。

フィルインはオカズ

同じく洋楽から抜粋した、ベースラインとドラム譜です。1小節目に注目してみると1拍目と3拍目で、ベースとバスドラムが同じタイミングで鳴っており、これがこの譜面の基本パターンになっています。4小節目と8小節目では、ベースとドラムのリズムに少し変化があり、これをフィルインと言います。フィルインは場面転換や、メロディーの合間に入れる、少し派手目なプレイのことで、曲に盛り上がりや勢いを作れます。フィルインの小節では、バスドラムのことは考えなくよいでしょう。また、フィルインのことをオカズと言ったりもします。