ネックの曲がり方には種類があり、ギター系統で共通した呼び方があります。また、ネックが曲がっているかを、自分でも確認できるようにもしておきましょう。簡単なネックの曲がり方なら、自分で直せる場合もあるので、その方法も確認しておきましょう。

順反り・逆反り・ねじれ・波打ち


ネックの順反りを示す曲がり方

ネックの順反りは乾燥

指板側を正面とすると、くの字に曲がっている、上記のような矢印の曲がり方を順反り(じゅんぞり)と言いいます。一般的に順反りは、空気が乾燥していると起こりやすい現象なので、日本の気候だと秋口から、ネックの順反りが起こりやすいかもしれません。


ネックの逆反りを示す曲がり方

ネックの逆反りは湿気

同じく指板側を正面とすると、順反りとは反対方向に曲がるのが逆反り(ぎゃくぞり)です。順反りが乾燥で起こりやすいのとは反対に、逆反りは湿気が多いと、起こりやすい現象とされています。

ネックは1年で2回の変化

冬には順反りに雨期には逆反りにと、ネックは1年に2回の変化が考えられます。僕の所有しているエレキベースも、大体がそのようなネックの動きをしますが、全部がそうではありません。ネックが1年に2回に変化するというのは、目安として考えておけば良いでしょう。ネックは順反りも逆反りもしていないのが、理想かと思いますが、あえて少しだけ逆反りにしておくベーシストもいて、それは弦高の高さを低くする為だそうです。

ネックのねじれと波打ち

ネックの曲がり方は、順反りと逆反りの2種類だけではありません。4弦側は真っ直ぐなのに、1弦側から見ると曲がって見えたりするのがネックのねじれと言われます。また順反りと逆反りが混ざっているネックの波打ちというのもあります。簡単な順反りと逆反りなら、自分で調整することも可能ですが、ねじれや波打ちになってくると調整は難しいので、修理のプロであるリペアマンに、頼んだ方が賢明かと思います。

ネックの曲がりを見る方法

ネックが曲がっていないかは、自分の目で確かめることが出来ます。何も難しいことではなく、ポイントが分かれば簡単です。ヘッド側から見る方法と、ブリッジ側から見る方法がありますが、先ずはヘッド側から見る方法を、例に挙げて説明していきます。


ヘッド側からネックの曲がりを見ている写真

ネックの曲がりを見る手順

  1. 最初にチューニングを済ませる
  2. エレキベースを真っ直ぐに立てる
  3. 4弦側のナットから最終フレットまでを見る
  4. 1弦側のナットから最終フレットまでを見る

フレットが真っ直ぐに並んでいるか

エレキベースを真っ直ぐに立てる時は、力を入れて持ってしまうと、ネックに影響が出るかもしれないので、ヘッド部分を軽く摘む程度にしましょう。4弦側からも1弦側からも見て、フレットが真っ直ぐに並んで見えたら、ネックは曲がっていない証拠です。よく分からなかったら、上から真っ直ぐ見るばかりではなく、少し角度をつけて見るのも良いです。4弦側は真っ直ぐなのに、1弦側から見ると曲がっている、などという場合は、ネックがねじれていたりする可能性もあります。


ブリッジ側からネックの曲がりを見ている写真

ブリッジ側からも確認できる

ブリッジ側からもネックの曲がりを確認できますが、要領はヘッド側から見る時と同じです。ブリッジ側から見る場合ですが、エレキベースを両手で持ち上げ、地面と平行にして見る人もいますが、僕はエレキベースを机に置いてしまい、ビリヤードの玉を突く時のような目線で、ネックの曲がり方を見ます。危ないので僕はやりませんが、ヘッド側を地面にしてエレキベースを立てる場合は、ヘッドを地面に付けてしまうのは、やはりネックに影響が出るので、少し浮かしてやると良いでしょう。

トラスロッドについて

先ほども少し触れましたが、簡単なネックの順反りや逆反りなら、自分で直すことも可能です。ネックの中にはトラスロッドという鉄状の棒が入っており、これを回すことでネックの調節が行えます。トラスロッドを何処から回すかというのは、ネックの根元側かヘッド側の2種類でしょう。


トラスロッドの回し口がボディ側の写真

トラスロッドの回し口がボディ側

トラスロッドの回し口がボディ側にある場合、一旦ボディからネックを外さないと調整できませんが、写真のようにトラスロッドを見える状態にし、回しやすいよう加工する人もいれば、最初からそういう状態で売られていることもあります。


トラスロッドの回し口がヘッド側の写真

トラスロッドの回し口がヘッド側

ヘッド側にあるトラスロッドは、写真でも赤い丸印が示すように、2弦と3弦の間あたりに、トラスロッドの回し口が見えるでしょう。トラスロッドを回すには、ドライバーや六角レンチが必要ですが、エレキベースを購入時に付属しているはずです。失くしたのなら100円ショップでも購入可能です。

ネックが順反りの時

  1. 最初に弦を緩めておく
  2. 順反りの場合はトラスロッドを時計回りに回す

トラスロッドを締めるコツ

トラスロッドを時計回りに回す時は、主に締めると言います。トラスロッドを締める時は、一度に大きく回さないで、少しずつ回してください。角度で言うと、5度くらいが無難です。またトラスロッドには限界があるので、どんなに回しても、それ以上回らないこともあります。無理に回すと、最悪の場合ネックにヒビが入ってしまいます。

ネックが逆反りの時

  1. 最初に弦を緩めておく
  2. 逆反りの場合はトラスロッドを時計回りに回す

トラスロッドを緩めるコツ

トラスロッドを時計回りに回す時は、主に緩めると言います。トラスロッドを緩める時も、同じく少しずつ回しましょう。丁度のところまで緩められたら、最後に少しだけ時計回りに回して、トラスロッドを締めておきます。そうしておかないと、緩みっぱなしになってしまいます。順反りの場合もそうですが、少し回したらチューニングを行い、ネックの反りを見る、というのを繰り返しましょう。