4分音符を二等分すると8分音符が2つ出来ますが、4分音符を三等分することも出来ます。そういった音符を連符(れんぷ)と言います。連符にも種類がありますが、先ずは4分音符を基本にした、最もよく見る連符を見ていきましょう。

1拍3連符は4分音符から作る

4分音符 4分休符 1拍
4分音符の画像 4分休符の画像 4分音符・4分休符の長さ
1拍3連符 休符の表し方 4分音符の3分の1拍ずつ
1拍3連符の画像 1拍3連符の休符の画像 1拍3連符の長さ

1拍3連符と休符の長さ

4分音符を1回鳴らす間に、均等に3回鳴らしてやるのが1拍3連符(いっぱくさんれんぷ)です。上記の表を見ても分かるように、1拍3連符の全体の長さは、4分音符と同じですが、1拍3連符1回当たりの長さは、4分音符の3分の1に相当します。1拍3連符の表し方ですが、8分音符や8分休符をカッコなどで括り、3としてまとめてやることが多いです。1拍3連符が全て休符の場合は、4分休符が1つあるのと同じです。因みに、1拍3連符は「1拍3連」「3連符」「3連」など、略して呼ぶことも多いです。

1小節目が4分音符、2小節目が1拍3連符

1拍3連符は4分音符を三等分

1小節目は4分音符で、2小節目は1拍3連符で全て埋まっています。説明したように、4分音符を「ター」と1回歌う長さで、1拍3連符は「タタタ」と3回歌っているのが分かるでしょうか。先ずは4分音符を三等分したリズムが1拍3連符だというのを、理論的に理解しておきましょう。

1拍3連符に休符が入ったリズムの2小節目

1拍3連符に入る休符

1拍3連符の「タタタ」のリズムには、休符が入ってくることもあり、リズムも少し複雑になってきます。2小節目も全て1拍3連符のリズムですが、所々に休符が入っているのが分かります。休符も3連符の1つと考えて「タタ」などと歌ってやりましょう。1拍3連符に休符が入ってくると、譜面の見た目も分かりづらいですが、先ず3つずつに分けてやることから、始めるといいでしょう。

1拍3連符のリズム練習

1拍3連符は耳に馴染みやすく、分かりやすいリズムだと思うので、音を聴いたら直ぐに体の中に入ってくるでしょう。休符が入ってくると難しくなるので、しっかりと歌ってやることが大事になってきます。ベースラインにもよく出てくるリズムなので、1拍3連符は連符の中でも、しっかりと覚えておきましょう。

1拍3連符を音で確認する

4小節目までで1拍3連符のリズムが、どのようなものか分かると思います。音源でも鳴っているクリック1つ分は、4分音符1つと同じ長さで、クリックが1回に対して「タタタ」と1拍3連符が鳴っているのを確認しましょう。頭で1拍3連符の長さが分かったら、今度は耳や体に1拍3連符のリズムを馴染ませてください。

4小節目までで1拍3連符のリズムに慣れてしまうと、5小節目の「タタタタ」や、6小節目の「タタアタ」ような1拍3連符の直ぐ後の、8分音符でリズムが崩れてしまうことが多いです。7小節目は逆で、8分音符の後に1拍3連符があり、この場合もまた同じです。しっかりと声に出して歌うことが、リズムをキープするコツの一つだと思います。

1拍3連符の休符も歌う

1・2小節目の1拍3連符は真ん中が休符の「」で、3小節目の1拍3連符は最初の音が休符の「」で、4小節目は最初と最後が休符の「」となっています。これらの違いが分かり、尚且つ休符も含めて歌えるようになりましょう。

5小節目は4分音符から1拍3連符へと、タイ記号で結ばれているので、長さは「4分音符+4分音符の3分の1」になります。譜面にもありますが、4分音符から続く1拍3連符の頭の音を、クリックと同時に「」と歌ってやると、リズムを取り易くなるかもしれません。

6小節目は1拍3連符の8分休符「」の「」と、次に出てくる純粋な8分休符の「」とでは、長さが理論的に違うのが分かりますでしょうか。後の純粋な8分休符の「」の方が、ほんの少しだけ長くなることを意識しておきましょう。