スラップ奏法にとって、欠かすことの出来ないテクニックがゴーストノートです。ゴーストノートが無いとスラップ奏法が成り立たない、と言っても過言ではないと思います。また、スラップ奏法が上手く出来ない人は、あるパーツを取り付けてみると、スラップ奏法のコツを掴めるかもしれません。

スラップ奏法とゴーストノート


ゴーストノートの弾き方

スラップ奏法でのゴーストノートも、ツーフィンガー奏法やピック奏法と変わりません。弦をフレットに押さえ込まず、弦に手を触れている状態で、サムピングやプラッキング(プル)をします。そうすると動画でも聴けるように、短く乾いた音がするでしょう。指弾きやピック弾きに比べると、スラップのゴーストノートは音も大き目なので、ゴーストノートだけを使い、パーカッション風に聴かせるベーシストも多いです。


グルーヴを作るゴーストノート

今度はスラップ奏法のベースラインに、ゴーストノートを加えてやった動画です。ただスラップのフレーズを弾くより、所々にゴーストノートを入れてやると、よりスラップらしい雰囲気が出せます。また、気持ち良いリズムのことをグルーヴと言いますが、そのグルーヴを、ゴーストノートで作ることも可能でしょう。動画でも弾いているフレーズを、ゴーストノートを中心に、譜面で詳しく見ていきましょう。

ゴーストノートを加えたスラップ奏法の動画

プルの準備をするゴーストノート

譜面中の「×」がゴーストノートを表します。色つきのゴーストノートですが、これは弾き方にポイントがあります。他のゴーストノートは、音を鳴らすサムピングと同様に、親指が弦をアタックするのは一瞬ですが、色つきのゴーストノートは、親指を3弦に押し当てる状態を作ります。それとほぼ同時に、次のプラッキング(プル)の記号の為の人差し指を、2弦に潜り込ませてやりましょう。そうすることにより、次のプラッキング(プル)の記号をする準備が出来るはずです。

スラップ奏法ではセーハ・バレーコードが効果的

人差し指はセーハ・バレーコードで押弦していきましょう。1・2小節目の3弦3フレットと、2小節目の2弦3フレットは、人差し指のセーハで押弦するので、人差し指の頭は最後まで、4弦3フレットのままです。別にセーハ・バレーコードを、使わなくても弾けるフレーズですが、スラップ奏法ではセーハ・バレーコードが効果的なので、積極的に使うことをお勧めします。セーハ・バレーコードについての詳しくは、セーハ・バレーコードというフィンガリングで説明しています。

ピックアップフェンス

言うまでもなく、スラップ奏法は指弾きやピック弾きに比べると、まともな音を出すのさえ苦労します。しかしピックアップフェンスというパーツを取り付ければ、スラップ奏法のサムピングがしやすくなる、と言われることも多いです。


ピックアップフェンス(PUF)の写真

ピックアップフェンス(PUF)

写真でも見られるように、フロントピックアップを覆うよう取り付けてあるのが、ピックアップフェンス(PUF)です。色や形にはもう少しバリエーションがありますが、このようなものが、ピックアップフェンスだと思ってください。ピックアップフェンスは薄いものですが、素材は鉄なのでカチカチに硬いです。


PUFを利用したサムピングの写真

PUFを利用したサムピング

次の写真は4弦をサムピングしている瞬間ですが、親指の付け根から手首にかけてを、PUFにぶつけサムピングしています。PUFに手の平をぶつけると同時に、サムピングするといった感じでしょう。こうすることにより、自分とって都合の良い、サムピングのポイントが分かるのです。

PUFとマーカス・ミラー

PUF自体は昔からあったと思いますが、このPUFを取り付けたスラップ奏法を流行らせたのはマーカス・ミラーという、世界的に有名なベーシストです。僕もスラップが全く出来ませんでしたが、PUFを取り付けたところ、急にスラップが上手くなったように感じました。無駄な力をPUFが消してくれるのか、特にサムピングの音が、しっかりしたものになりました。恐らく世界中に、僕と同じような体験をしたベーシストが、たくさんいることでしょう。

ピックアップフェンスのデメリット

しかし、スラップ奏法にとって、ピックアップフェンスはメリットだけではなく、デメリットも挙げられます。ピックアップフェンスのデメリットは、人によって数が違うでしょうが、ここでは僕が感じたデメリットを3つ挙げます。

ピックアップに親指を置けない

フロントピックアップの上に親指を置いた、ツーフィンガー奏法をメインにしている人は、当然それが出来なくなります。そういった場合は、ピックアップフェンスの上に、親指を置いて弾くことになるので、距離感に少し違和感を覚えるでしょう。しかし、これは意外と直ぐに慣れてしまうものです。

サムダウン&サムアップには邪魔

ピックアップフェンスが活躍するのは、主にノーマルサムピングの場合で、サムダウン&サムアップの時には、邪魔に感じるかもしれません。僕のようにノーマルサムピングと、サムダウン&サムアップを使い分ける人にとっては、デメリットでしょう。しかし、これも慣れれば問題なく、細いタイプのピックアップフェンスもあるので、大きな問題にはならないはずです。

ピックアップフェンスのないエレキベース

これが僕の感じる一番の問題で、ピックアップフェンスが装着された、エレキベースでのスラップに慣れてしまうと、ピックアップフェンスなしのエレキベースになった時に、スラップが全くと言っていいほど、出来なくなってしまいます。楽器屋さんでの試奏なども、スラップが思うように試せないのは痛いところです。

ピックアップフェンスを試す価値はある

僕は3つ目のデメリットが大きかったので、結局はピックアップフェンスを外してしまいました。プロベーシストとして、ピックアップフェンスありでしか、スラップを弾きこなせないのはどうなのか、というのもありました。ピックアップフェンスを外してから、1ヶ月程は心許なかったですが、スラップ奏法の感覚が全く無くなる分けではなかったので、結果的にはピックアップフェンスを取り付けて、正解だと思えました。なので、特にサムピングの不安定な人はピックアップフェンスを試す価値はあると思います。取り付け工賃を含めても、1万円はかからないと思うので、それほど高い買い物にはならないでしょう。