メジャーセブンスサスフォーコードは、これより一つ前のページで説明したように「根音・完全4度・完全5度・長7度」という構成でした。そこから長7度を半音下げたセブンスサスフォーコードを見ていきましょう。

セブンスサスフォーコード

セブンスサスフォーコードのポジション指板図

セブンスサスフォーコードのポジション

上の指板図はRoot(根音)の記号のルート、完全4度の記号の完全4度、完全5度の記号の完全5度と、ここまでなら三和音のサスフォーコードで、そこに長7度の長7度の記号を加えると、メジャーセブンスサスフォーコードです。長7度の長7度の記号を半音下げ、短7度の短7度の記号にしたものが下の指板図の、セブンスサスフォーコードのポジションです。

セブンスサスフォーコードの響き

両方の鍵盤図はRoot(根音)の記号のルート、完全4度の記号の完全4度、完全5度の記号の完全5度は共通しています。そこから7度が長7度の長7度の記号なら「メジャーセブンスサスフォー」で、短7度の短7度の記号なら「セブンスサスフォー」となります。これまでと同様に、和音は根音から順に一音ずつ鳴らしてから、最後に四和音を同時に鳴らしています。一音ずつ鳴らす場合も、同時に鳴らす場合も、長7度と短7度の音程の違いを、聴き分けられるようになりましょう。

セブンスサスフォーコードのベースライン

1・3・5・7小節目がセブンスサスフォーコードです。セーハ・バレーコードを利用している運指もありますが、1小節目なら3弦3フレットを中指で押弦し、2弦3フレットを人差し指で押弦することも可能でしょう。また、2弦5フレットの代わりに、1弦の開放を使うと、また違った運指になってくるでしょう。セーハ・バレーコードは推奨するフィンガリングですが、絶対的な押弦方法でもないので、ベースラインに合わせられるような、運指を考えていくことも大事かと思います。

セブンスサスフォーコードの書き方

1小節目の「C7sus4」が、最もよく見られるかと思います。それを少し省略した、3小節目の「F7sus」や、もう少し省略した「B7s4」も見れます。7小節目の「欧米式の7」ですが、過去のページでも説明したように、数字の7と同じことなので、これもセブンスサスフォーコードを表しています。

セブンスコードは七の和音

これまでのページでは、長7度・短7度・減7度を加えた、四和音のコードを説明してきました。一般的には三和音のコードに、7度を加え作られる、四和音のコードを総称してセブンスコードと言います。他にもセブンスコードの種類はありますが、とりあえずは、このサイトで紹介したセブンスコードを、覚えておけば事足りると思います。また、セブンスコードを日本式で七の和音(しちのわおん)と言います。