オクターブ奏法

音程(おんてい)とは音と音の距離を示す言葉で、オクターブもある一定の音程を示す言葉です。1オクターブを半音で数えると12個分になり、音が丁度一回りすることになります。鍵盤図とベースの指板図の両方で考えいきましょう。

指板図で覚えるオクターブ奏法

1オクターブの音程を表した鍵盤図

1オクターブを表す鍵盤図

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C」で表せます。始まりのC音から終わりのC音までで、音が一周していることになり、この距離間を1オクターブと言います。鍵盤図に記された半音を表す記号は半音(フレット1つ分)を表しており、1オクターブは半音12個先にある、同じ音名になります。これはC音からだけでなく、その他のどの音名でも同じ関係になります。


1オクターブの音程を表した指板図

1オクターブを表す指板図

3弦3フレットの1オクターブ上を弾くなら、同じ3弦や2弦でも可能ですが、この指板図でも示すように、1弦5フレットを選択するのが普通でしょう。この1オクターブ上下のフレット間隔は、他のどのフレットから始めても同じです。4弦5フレットのA音の1オクターブ上は、2弦7フレットのA音で、2弦7フレットから見れば、4弦5フレットは1オクターブ下になります。同じように3弦9フレットから、1弦11フレットの関係も、1オクターブ上下のフレットです。

2オクターブは1オクターブの2倍

4弦1フレットのF音から、2弦3フレットのF音は、1オクターブ上になります。2弦3フレットのF音から、1オクターブ上となると弦が足りないので、これまでのようにはいきませんが、1弦10フレットのF音で表すことが出来ます。4弦1フレットから見ると、1弦10フレットは2オクターブ上という表現ができ、更に可能な限り3オクターブ、4オクターブ、5オクターブと続きます。1オクターブの場合ですが、数字の1を省いて「オクターブ」と表現することも多いです。


オクターブ奏法を利用したベースライン

オクターブ奏法を利用したベースライン

実際にオクターブ奏法という言い方をするのかは分かりませんが、これまでにも説明してきたように、3弦3フレットから1弦5フレットのようなフレーズを、このサイトでのオクターブ奏法ということにしておきます。オクターブ奏法の場合、譜面にも記してあるように、人差し指と小指で押弦することが多いでしょうが、手の大きさに応じては、小指の代わりに薬指を使う人もいます。ピッキングする手の方ですが、ツーフィンガーにせよピックせよ、オクターブ奏法に必要な手の感覚を、目で見なくても掴めるようにしてください。


ツーフィンガー奏法(指弾き)の表記と練習を説明する2小節

ツーフィンガー奏法(指弾き)の表記指示

ここからは弦を押さえる指の方ではなく、弦をピッキングする方の指の話です。ツーフィンガー奏法(指弾き)で使う指は、人差し指と中指が基本です。英語で人差し指を「IndexFinger(インデックスフィンガー)」と言い、中指を「MiddleFinger(ミドルフィンガー)」と言います。それぞれの頭文字を取って、人差し指をツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号で、中指をツーフィンガー奏法の中指を指示する記号で表すことがあり、上記の譜面のように、指示がされている場合もあります。

人差し指と中指で交互に弾く練習

オクターブのフレーズがあれば、指の長さからして、音の低いフレットを人差し指のツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号で、音の高いフレットを中指のツーフィンガー奏法の中指を指示する記号で対応するのが、自然で楽なフィンガリングかと思います。しかし、いつも都合が良い指を使えるとは限らず、ツーフィンガーの指がこんがらがることもあります。そういう時の為に、上記のようなオクターブのフレーズを、ツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号で交互に弾くような練習があります。これが弾けるようになったら、今度はツーフィンガー奏法の中指を指示する記号から交互に弾き始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です