プリング・オフ

ハンマリング・オンの逆のようなフィンガリングが、プリング・オフと言われるテクニックです。ハンマリング・オンは弦を叩くのがポイントでしたが、プリング・オフは弦を引っかくのがポイントです。また、プリング・オフはハンマリング・オンと合わせて使われることも非常に多いです。

プリング・オフは弦を引っかくように

1弦2フレットの音を出して
1弦2フレットを中指で押弦している写真
1弦2フレットを中指で引っかく
1弦2フレットを中指で引っかきプリング・オフをしている写真

プリング・オフの説明

左(上)の写真は、1弦2フレットを中指で押弦しています。この時にプリング・オフの準備として、1弦1フレットを人差し指で押弦しておきます。この状態で一回だけピッキングすると、1弦2フレットの音が鳴るので、音が消えてしまわない内に、右(下)の写真のように、中指を離してやります。しかし、中指を弦から浮かすように離すのではなく、下の方向へ指で弦を引っかくようにしてやると、勢いよく1弦1フレットの音が得られるでしょう。これがプリング・オフというフィンガリングです。ピッキングで音を出さない状態から、弦を引っかくだけでも音を出せるようにする、というのもプリング・オフの良い練習になるでしょう。プリング・オフはオフを省いたプリングと言う方が多いです。


プリング・オフの演奏記号は「p」というのを説明した譜面

プリング・オフの演奏記号は「p」

プリング・オフは譜面にもあるように「p」で表すことが多いでしょう。プリング・オフで鳴らすフレットを、人差し指で押弦しておき、残りの中指・薬指・小指で弦を引っ掻いて音を出す、というのが多く見られるプリング・オフかと思います。上記の譜面もポジション移動を利用し、そのようにしていますが、ポジション移動をしないで弾く譜面も用意しておいたので、余裕があれば練習してみてください。違いは最初の3小節目までですが、薬指と小指で行うプリング・オフが、非常に難しいはずです。これは無理に練習しなくてもいいので、先ずは上記の譜面のプリング・オフを練習してください。


ハンマリングとプリングを合わせて使ったベースライン

ハンマリングとプリングを合わせて

プリングは過去のページで説明した、ハンマリングと合わせて使われることも多いです。この譜面でもハンマリングを表すhの直後に、プリングを表すpがあります。この間にピッキングするのは最初の一回だけで、後はハンマリングとプリングで音を出してやります。このサイトでは解説していない、32分音符がありますが、テンポも速くはないので、音源を聴いてもらえばリズムはつかめると思います。


トリル奏法を表す「tr」
トリル奏法を表す「tr」がある小節
トリル奏法の例
トリル奏法の例を挙げた小節

トリル奏法の演奏記号は「tr」

ハンマリングとプリングを、連続で素早く繰り返すことをトリル奏法と言い、左(上)の小節にある「tr」がトリルの演奏記号です。1弦の4フレットに「tr」があるので、そこから半音か全音高いフレットにハンマリング、戻って4フレットにプリングの繰り返しです。半音(短二度)か全音(長二度)かは、使用するスケールによって違ってきます。ここでは右(下)の小節のように、1弦の4フレットから5フレットへ、16分音符のトリルで表されていますが、速度は演奏者に委ねられるので、16分音符より速くなっても問題ありません。また、トリルは元の音符で終わるのが正しいので、右(下)の小節の表し方は、間違っていることになります。

スライドを連続させてもトリル奏法

弦楽器でトリルをするなら、大抵はハンマリングとプリングで行いますが、スライドでもトリルをする人がいます。同じ半音か全音のフレット分で、スライドアップとスライドダウンを高速に繰り返します。ハンマリングとプリングのトリルに比べると大変ですが、少し違った雰囲気が出せるかと思います。因みに、スライドのトリルは、ベーシストのマーカス・ミラーがよくやるのを見ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です