スライド奏法 or グリッサンド奏法

指を滑らせて音を出すテクニックを、主にギターやベースのような弦楽器ではスライド奏法、弦楽器以外ならグリッサンド奏法と言います。ここで説明する、スライド奏法とグリッサンド奏法は、フィンガリング的には全く同じですが、意味合い的に少し違いが出てくるので、確認しておきましょう。

スライド(グリッサンド)奏法で伸びのある演奏

3弦3フレットを押弦したまま
3弦3フレットを押弦している写真
5フレットまで指を滑らせる
3弦3フレットから5フレットまでスライドさせた写真

スライド(グリッサンド)奏法の説明

左(上)の写真は、3弦3フレットを人差し指で押さえている状態で、先ずはこの3弦3フレットの音を出してみましょう。音を途切れさせないように注意しながら、右(下)の写真のように、人差し指を5フレットまで滑らせてみましょう。これがスライド奏法というテクニックで、ピッキングで音を鳴らすのとは違い、伸びのあるサウンドが特徴的でしょう。この時のネックを支えている親指ですが、ネックに触れたままではなく、ネックから少し浮かしてやると、指も上手く滑ってくれるかと思います。


スライドアップとスライドダウンを説明する譜面

スライドアップとスライドダウン

スライド奏法を意味する記号は、上記の譜面のように「S」と表されることが多いでしょう。1小節目なら2弦の1フレットから、3フレットまでのスライド奏法を意味し、音が上がって行くのでスライドアップと言います。4小節目なら2弦の3フレットから、1フレットまでのスライドで、音が下がって行くのでスライドダウンと言います。しかし、スライドアップとスライドダウンを区別することはあまりないので、両方とも単にスライドとして、説明されていることが多いでしょう。


グリッサンドの演奏指示について説明する譜面

グリッサンド・gliss.(グリス)の演奏指示について

1小節目と8小節目にある「g」はグリッサンドを意味し、演奏方法自体はスライド奏法と全く同じです。しかし、フレット数を明確にしていないことが多く、1小節目なら3弦の3フレットまでを、グリッサンド(スライドアップ)させますが、2フレットからなのか、1フレットからなのか、0フレットからなのかは、演奏者が自由に決めて構いません。8小節目の「×」ですが、何フレットから始まり何フレットで終わるかは自由で、音が下がって行くグリッサンド(スライドダウン)を意味しています。ここでの「×」は後のページで説明する、ゴーストノートとは意味が違います。また、グリッサンドはgliss.(グリス)と記されることもあります。

スライドやグリッサンドで使う指について

スライド(グリッサンド)させる指ですが、多くの場合は人差し指か中指で、フィンガリングするかと思います。しかし、ベースラインによっては、常に得意な指を使えるとも限りません。4小節目は中指でもスライド可能ですが、譜面にもあるように、小指でのスライドも練習しておきましょう。最初のうちは指が擦れて痛いものですが、そのうち適切なスライドの匙加減(さじかげん)が分かるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です