レイキング奏法

ツーフィンガー奏法(指弾き)にはレイキング奏法という弾き方があります。ツーフィンガー奏法は人差し指と中指を使い、その二本の指を交互に使うのが基本です。しかし、ベースラインによっては、片方の指を連続して使う方が、自然で楽な弾き方になる場合もあり、それをレイキング奏法と言います。

レイキング奏法で自然なフィンガリング

1弦を弾き終えた状態から
1弦を弾き終え2弦で人差し指を止めている写真
同じ人差し指で2弦を弾く
2弦で止めていた人差し指で続けて2弦を弾いている写真

レイキング奏法の説明

左(上)の写真は、人差し指で1弦を弾き終え、2弦で止めている状態です。右(下)の写真は、止めていた人差し指で、そのまま続けて2弦を弾き、3弦で止めている状態です。このように1弦から2弦、または2弦から3弦など、続けて同じ指を使いピッキングすることを、レイキング奏法と言います。もちろん中指を使っても問題なく、1・2・3・4弦と四本の弦を、一気にレイキングするケースも出てくるでしょう。

レイキング奏法とオルタネイト奏法

ピックで上から下へ弾くことをダウンピッキング、逆に下から上へ弾くことをアップピッキングと言い、これらを交互に繰り返すことをオルタネイト奏法と言います。人差し指と中指を交互に使うことが、ツーフィンガー奏法でのオルタネイト奏法になり、これが基本でもあります。しかし、先ほども説明したように、1・2・3・4弦の順に弾く場合、人差し指と中指のオルタネイトで弾くより、どちらか片方の指でレイキングしてしまった方が、楽で自然なフィンガリングに感じられるでしょう。ツーフィンガー奏法のオルタネイト奏法は基本ですが、ベースラインに応じては、レイキング奏法を考えるといいでしょう。

ピック奏法ではスウィープ奏法

ピック奏法でもレイキング奏法と同じような弾き方があり、それをスウィープ奏法と言います。エレキベースでは一音ずつを奏でることが多いですが、二音・三音・四音と同時に弾くこともあり得ます。その時にダウンピッキングで2・1弦や、アップピッキングで3・4弦などを弾くのがスウィープ奏法です。ギターのコード弾きをイメージすると分かりやすいでしょう。エレキベースでは、スウィープ奏法とはあまり言わないと思いますが、覚えておいてもいいでしょう。


レイキング奏法を練習するベースライン

レイキング奏法を練習するベースライン

譜面に記されているツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号は人差し指、ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号は中指で弾くことを表しています。弾く弦が高い弦から低い弦に変わると同時に、使う指も連続して同じ、つまりレイキングしているのが分かると思います。全部で9小節と短い譜面ですが、こうして見ると、レイキングしていないのは4小節目だけで、レイキングを多く使っているのが分かります。しかし弾く人全員が、この譜面にあるツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号の順番が弾き易いとは限らず、レイキングの部分がオルタネイトになっても、全く問題ありません。


弾き始めの指を説明する譜面

弾き始めの指を意識してみる

ここでは6小節目から7小節目にかけてと、8小節目に1・2・3・4弦を、レイキングする機会があります。先ほども説明しましたが、このレイキングが弾き易いと感じるフィンガリングか、弾き辛いと感じるフィンガリングかは、個人で違ってくるので、譜面の通りにレイキングする必要もありません。また、ここでは1小節目の弾き始めは、ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号の指から始めています。これが自然と感じる人もいれば、いつもはツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号の人差し指から、弾き始めるのが自然な人もいるでしょう。どちらが良い悪いということはありませんが、どちらか一方の指からだけでは、その後のツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号も同じ順番になるので、どちらからの指でも弾き始められるようにしておくと、ツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号の順番も入れ替わり、良い練習にもなると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です