ダブルストップ

エレキベースは主に単音を弾く楽器ではありますが、二音以上を弾いても何ら問題ありません。二音を弾くとなると、必然的に二本の弦を同時に弾くことになり、そのことをダブルストップと言います。ポピュラー音楽でベースの二弦同時弾きは、そう多く見られることではありませんが、上手く使ってやると効果的で、ベーシストとして存在感が出せるでしょう。

ダブルストップで二弦同時弾き

人差し指と中指のダブルストップ
人差し指と中指でダブルストップをしている写真
親指と中指のダブルストップ
親指と中指でダブルストップをしている写真

ダブルストップの説明

左(上)の写真は、1弦を中指で2弦を人差し指で、ダブルストップする直前です。通常のツーフィンガー奏法なら、1弦を弾き終えたら2弦で、2弦を弾き終えたら3弦で指を止める、アポヤンドのフィンガリングですが、この場合はアルアレイ(指が空を切るよう)のフィンガリングになるのが自然です。隣り合わない弦をダブルストップする場合は、右(下)の写真のように、親指と中指などを使い、弦を摘むようなピッキングすることもあります。

ダブルストップのピッキングは色々

写真で紹介したダブルストップは、僕がよくやる弾き方なだけで、実際には他にもたくさんあります。デコピンをするように爪で弾いたり、ピックを持つようなフォームで弾いたり、本当にピックを使ってのダブルストップもあります。難しく派手なところでは、フラメンコギターのように、シャカシャカするベーシストもいます。綺麗な和音さえ作れていたら、ダブルストップのフィンガリングに決まりはないので、色んなピッキングを試してみるのもいいでしょう。

トリプルストップとクォドルストップ

同時に弾くのは二弦ばかりではなく、時には三弦を同時に弾いたり、4弦ベースなら四弦全部を弾くこともあります。三弦同時をトリプルストップ、四弦同時ならクォドルストップと言いますが、どちらもダブルストップとして表される場合もあるようです。ご存知のようにベースの音は低いので、ローポジションよりハイポジションでダブルストップを使った方が、和音も聴き取りやすくなるでしょう。


ダブルストップを練習する「SoWhat?」の譜面8小節

SoWhat?でダブルストップ

ジャズにSoWhat?という名曲があり、それを簡単にアレンジした譜面です。2・4小節目のダブルストップは、譜面にもあるよう1弦を中指、2弦を人差し指で押弦してもいいですし、人差し指のセーハを使ってもいいでしょう。6・8小節目のダブルストップは、人差し指のセーハで押弦すると、効率的だとは思いますが、それ以外の押弦になっても問題ありません。

ピックを使うダブルストップ

ダブルストップをピックで弾く場合ですが、少しの音ズレは出るものの、ギタリストがコードを弾くように、ダウンストロークやアップストロークをしてもいいでしょう。2・4小節目ならダウンストロークで弾ける人も、6・8小節目のように4弦と1弦では、違和感が大きいと思います。そういう時は少し難しいですが、4弦をピックで弾き、1弦を残りの指(中指・薬指・小指)のどれかでピッキングし、ピックと指で摘むように弾くといいでしょう。


ダブルストップを練習する「楽しき農夫」の譜面8小節

楽しき農夫でダブルストップ

クラシックに楽しき農夫という名曲があり、これにダブルストップで伴奏(バッキング)をつけてみましょう。1小節目の1弦と2弦の10フレットは、中指と人差し指で押弦してもいいですが、人差し指の根元あたりを利用した、セーハで押弦してみるのもいいでしょう。そうすると、人差し指の頭は4弦に来るようになり、人差し指で1弦から4弦を覆うようなフォームになります。僕はこのフォームをミュートなどのことも考え、5・8小節目以外でとっていますが、弾き辛い人もいると思うので、運指押弦は譜面に書かれている以外になっても、全く問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です