メジャーコードは長三度と完全五度

コードとは複数の音が集まり、重なりあって鳴るものです。しかし、エレキベースの場合は一音ずつ弾いていくのが基本です。コードにも種類が幾つかありますが、まず始めにメジャーコードというものを見ていきましょう。

メジャーコードを指板図で考える

長三和音のメジャーコードに※がある譜面

長三和音は根音と長三度と完全五度

1・9小節目のコード「C」、3小節目のコード「F」、4小節目のコード「G」のように、アルファベットの大文字だけで表されるコードを、メジャーコードと言います。メジャーコードは、根音のルートだけを表しているのではなく、他にも長三度(ちょうさんど)完全五度(かんぜんごど)の、三和音で構成されており、日本名では長三和音(ちょうさんわおん)と言います。ベースラインもコードのルートを中心に、長三度と完全五度の音を使い考えていく分けです。


メジャーコードをTAB譜面で説明した小節

メジャーコードの構成

メジャーコードに限ったことではありませんが、ルート(根音)という音は、コードの一番下に位置するのが基本で、それをこのサイトではルートを表す記号で表しています。ルートの上に乗っかる次の音が長三度で、それを長3度を表す記号で表します。更に上に乗る音が完全五度で、それを完全5度を表す記号で表します。メジャーコードは全てこの構成で作られます。

ルートを基準に考える

コード「C」だと、ルートを表す記号のルートは3弦3フレットです。そこから2弦2フレットが長3度を表す記号の長三度で、2弦5フレットが完全5度を表す記号の完全五度で、このルートを基準にした、長三度と完全五度の距離を覚えてください。先にコード「G」を見てみると、ルートを表す記号のルートのフレットは違うのは当然ですが、そこから長三度と完全五度の距離間が、コード「C」と全く同じなのが分かりますでしょうか。コード「F」は開放弦が使われているので、感覚的にはコード「C」や「G」と違うように思いますが、これもルートから長三度と完全五度のフレットは、同じ距離だけ離れています。

コード「C」のポジション
コード「C」のポジションを説明する指板図
コード「C」の音名
コード「C」の音名を説明する指板図

コード「C」のポジションと音名

左(上)の指板図は、ルートのルートを表す記号が3弦3フレットにあり、右(下)の指板図で確認すると、3弦3フレットの音名は「C」です。ルートを表す記号から、長三度の長3度を表す記号が2弦2フレット、完全五度の完全5度を表す記号が2弦5フレットで、このルートを表す記号長3度を表す記号完全5度を表す記号のポジションを、メジャーコード(長三和音)の基本と覚えてもいいでしょう。


コード「F」のポジション
コード「F」のポジションを説明する指板図
コード「F」の音名
コード「F」の音名を説明する指板図

コード「F」のポジションと音名

左(上)の指板図では、ルートを意味するルートを表す記号は、4弦1フレットにあります。右(下)の指板図から、4弦1フレットの音名を見ると「F」であるのが分かります。ルートを表す記号から、長三度の長3度を表す記号と完全五度の完全5度を表す記号は、コード「C」のポジションと、等間隔なのが分かります。


コード「G」のポジション
コード「G」のポジションを説明する指板図
コード「G」の音名
コード「G」の音名を説明する指板図

コード「G」のポジションと音名

左(上)の指板図から、ルートのルートを表す記号は4弦3フレットにあり、右(下)の指板図でも、4弦3フレットは「G」だと確認できます。やはり、長三度の長3度を表す記号と完全五度の完全5度を表す記号は、コード「C」や「F」と同じように、ルートを表す記号からメジャーコードの距離を、保っているのが分かります。


コード「E」のポジション
コード「E」のポジションを説明する指板図
コード「E」の音名
コード「E」の音名を説明する指板図

コード「E」のポジションと音名

右(下)の指板図からでも、ルートのルートを表す記号は「E」であると確認できます。長三度を表す長3度を表す記号と、完全五度を表す完全5度を表す記号が、これまでのように、メジャーコードのポジションを、形作っているのも分かると思います。

ルートの音名が分かれば良い

例えば、コード「C」の構成音は、ルート(根音)が「C」、長三度が「E」、完全五度が「G」です。構成音を全て頭に入れておくのに、越したことはないですが、指板でルートの音名さえ分かれば、説明してきたルートを表す記号のルートから、長3度を表す記号の長三度と、完全5度を表す記号の完全五度のポジションを思い出せば、どのメジャーコードでも分かるはずです。この考え方はメジャーコードに限ったことではなく、ルートからの距離を考えていくのが、エレキベースのコードの基本だと思ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です