マイナーセブンスコードも短七度

ここで説明するマイナーセブンスコードは、新たに出てくるフレットはありません。基準になる三和音がマイナーコードで、そこにドミナントセブンスが加わったものが、四和音であるマイナーセブンスコードです。コード名の意味をよく考えながら、使うフレットを見ていきましょう。

マイナー(ドミナント)セブンスコード

マイナーセブンスコードの短七の和音に※がある譜面

マイナーセブンスコードは短七の和音

6小節目と7小節目のようなコードがマイナーセブンスコードで、和名で短七の和音と言われています。6小節目の「Am7」を分解してみると、マイナーコードである「Am(エーマイナー)」と、ドミナントセブンスの「7」に分けて考えることが出来ると思います。なので「エーマイナードミナントセブンス」と読んでも、間違いではないかと思います。マイナーセブンスコードの「マイナー」は短三度を、「セブンス」はドミナントセブンスの「短七度」を指しています。


コード「Cm7」の四点
コード「Cm7」の四点を表した5フレットまでの指板図
コード「Cm7」の四点の音名
コード「Cm7」の四点の音名を表した5フレットまでの指板図

コード「Cm7」の構成音は「C・E・G・B

ルートが3弦3フレットのルートを表す記号、短三度が2弦1フレットの短3度を表す記号、完全五度が2弦5フレットの完全5度を表す記号で、この三点ならマイナーコードのポジションとなります。そこに1弦3フレットにある、短七度の短7度を表す記号を加えてやると「Cm7」となります。それぞれの音名を、右(下)の指板図で確認してみましょう。それらは5フレット以内でも、同じ音名が確認できるので、それらのフレットも「Cm7」として使える分けです。


コード「Cm7」のポジション
コード「Cm7」のポジションを表した5フレットまでの指板図
コード「C7」のポジション
コード「C7」のポジションを表した5フレットまでの指板図

コード「Cm7」と「C7」は同じ短七度

左(上)の指板図が5フレットまでで表した、コード「Cm7」のポジションです。5フレットまでで見ると短3度を表す記号は、2弦1フレットだけだというのが分かります。右(下)の指板図がコード「C7」で、左右の指板図で比べると、短七度の短7度を表す記号は共通のフレットにあるのが分かり、違うのは長3度を表す記号短3度を表す記号だというのが分かります。


コード「Am7」のポジション
コード「Am7」のポジションを表した5フレットまでの指板図
コード「Am7」の音名
コード「Am7」の音名を表した5フレットまでの指板図

コード「Am7」5フレットまで

右(下)の指板図から分かるように、ルートのルートを表す記号は「A」のフレットにあるのが分かります。4弦5フレットのルートを表す記号から弾き始めるのか、3弦0フレットのルートを表す記号から弾き始めるのか、それによって運指にも影響が出てくるでしょう。もちろん、1弦2フレットのルートを表す記号から弾き始めることもあるので、そこから短三度の短3度を表す記号、完全五度の完全5度を表す記号、短七度の短7度を表す記号のフレットも、把握できるようにしておきましょう。


コード「Dm7」のポジション
コード「Dm7」のポジションを表した5フレットまでの指板図
コード「Dm7」の音名
コード「Dm7」の音名を表した5フレットまでの指板図

コード「Dm7」5フレットまで

1つ前のコード「Am7」と比べてみると、ポジションが弦一本分上(実際にベースを構えると下)にずれているのが分かると思います。4弦5フレットだったルートのルートを表す記号が、ここでは3弦5フレットにあり、それを追うようにして短三度の短3度を表す記号、完全五度の完全5度を表す記号、短七度の短7度を表す記号も同じように移動しています。このことからも、ルートを表す記号から他のポジションの距離は一定を保っている、というのが分かると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です