メジャーセブンスコードは長七度

メジャーコードは日本名で長三和音と言いました。それにメジャーセブンス、日本名で長七度(ちょうしちど)を加えたのがメジャーセブンスコードです。三和音のコードに音が一つ増えるので、四和音ということになります。これまでと同じように、ルート(根音)からメジャーセブンス(長七度)のフレットに注目してください。

メジャーセブンスの長七度のフレット

メジャーセブンスコードの長七の和音に※がある譜面

メジャーセブンスコードは長七の和音

5小節目のようなコードをメジャーセブンスコードと言い、日本式には長七の和音と言います。コード「CM7(シーメジャーセブンス)」を個々に考えると、三和音の「C(シーメジャー)」と「M7(メジャーセブンス)」に分け、考えられるでしょう。なので、コード「CM7」を正しく読むと「シーメジャーメジャーセブンス」なのかもしれませんが、三和音の方の「メジャー」は省略されているのだと思います。


コード「CM7」の基本四点
コード「CM7」の基本四点を表した指板図
コード「CM7」の基本四点の音名
コード「CM7」の基本四点の音名を表した指板図

コード「CM7」の構成音は「C・E・G・B」

ルートのルートを表す記号から、長三度の長3度を表す記号と、完全五度の完全5度を表す記号のスリーポジションなら、三和音のコード「C」でしたが、1弦4フレットに長七度を表す長7度を表す記号があるので、四和音のコード「CM7」となっています。右(下)の指板図で「CM7」の構成音は、各色で強調された「C・E・G・B」だと分かりますが、それらのフレット以外にも「C・E・G・B」の音名が存在するので、次のようにまとめてみましょう。

コード「CM7」の音名
コード「CM7」の音名を5フレットまで表した指板図
コード「CM7」のポジション
コード「CM7」のポジションを5フレットまで表した指板図

コード「CM7」5フレットまで

5フレットまでの限定ですが「C・E・G・B」の音名を、全て強調したのが左(上)の指板図で、コード「CM7」では、これらの音名が使える分けです。ポジションにしてやると、右(下)の指板図のようになります。先ずは3弦3フレットのルートを表す記号を基準にして、音が高くなる1弦4フレットの長7度を表す記号と、音が低くなる3弦2フレットの長7度を表す記号のフレットの距離を覚えましょう。


コード「?」のポジション
コード「?」のポジションを5フレットまで表した指板図
コード「?」の音名
コード「?」の音名を5フレットまで表した指板図

指板図からコードを考える

このような指板図のポジションは、何のコードになるでしょうか。先ずは4弦1フレットと2弦3フレットのルートを表す記号が、右(下)の指板図から「F」の音名だと分かるので、コードのルートは「F」になります。長三度の長3度を表す記号と、完全五度の完全5度を表す記号があることから、メジャーコードだというのが分かり、この二つはコードには表されず省略されるので、ここまでならコード「F(エフメジャー)」となります。

更に長七度を表す長7度を表す記号もあるので、コード「FM7(エフメジャーセブンス)」だというのが分かります。そしてルートを表す記号から、二つの長7度を表す記号までのフレットの距離が、先ほど見た「CM7」と同じなのを確認しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です