ドミナントセブンスコードは短七度

メジャーセブンスコードの長七度を、半音低くしたのがドミナントセブンスコードです。メジャーセブンスコードは長七度を使っていましたが、ドミナントセブンスコードは短七度(たんしちど)を使っています。メジャーセブンス(長七度)とドミナントセブンス(短七度)の違いを、フレットで考えていきましょう。

ドミナントセブンスの短七度のフレット

ドミナントセブンスコードの属七の和音に※がある譜面

ドミナントセブンスコードは属七の和音

ルートの直ぐ右横に数字の7と記される、8小節目のようなコードをドミナントセブンスコードと言い、和名は属七の和音(ぞくしちのわおん)です。8小節目の「G7」なら「ジードミナントセブンス」ですが、ドミナントを省いて「ジーセブンス」と言う場合がほとんどです。もっと正確に表すなら、三和音のコード「G(ジーメジャー)」に、ドミナントセブンスの「」が加わるので「ジーメジャードミナントセブンス」とするのが正しいのかもしれません。


コード「C7」の基本四点
コード「C7」の基本四点のポジションを表した指板図
コード「C7」の基本四点の音名
コード「C7」の基本四点の音名を表した5フレットまでの指板図

コード「C7」の構成音は「C・E・G・B

ルートのルートを表す記号、長三度の長3度を表す記号、完全五度完全5度を表す記号のポジションなら、コード「C」になるのは分かると思います。そこに短七度を表す短7度を表す記号が1弦3フレットにあり、ルートを表す記号のフレットから短7度を表す記号のフレットが、短七度の距離になります。右(下)の指板図から短7度を表す記号の音名は「B」だというのが分かり、ルートを表す記号が「C」の時に短7度を表す記号が「B」になるということです。もちろん、ルートのルートを表す記号が変われば、短七度の短7度を表す記号や他の音も変わります。


ドミナントセブンス(短七度)
コード「C7」のドミナントセブンス(短七度)に注目した指板図
メジャーセブンス(長七度)
コード「CM7」のメジャーセブンス(長七度)に注目した指板図

ドミナントセブンス(短七度)とメジャーセブンス(長七度)

左(上)の指板図はコード「C7」を、右(下)の指板図はコード「CM7」を、5フレットまでで表したポジションです。両方ともルートが同じ「C」のメジャーコードなので、ルートを表す記号長3度を表す記号完全5度を表す記号は共通したフレットにあります。メジャーセブンス(長七度)の長7度を表す記号から半音下に位置するのが、ドミナントセブンス(短七度)の短7度を表す記号のフレットです。


コード「G7」の基本四点
コード「G7」の基本四点のポジションを表した5フレットまでの指板図
コード「G7」の基本四点の音名
コード「G7」の基本四点の音名を表した5フレットまでの指板図

コード「G7」の構成音は「G・B・D・F」

今度は最初に見た譜面にも出てくる「G7」のポジションを見ていきましょう。4弦3フレットのルートを表す記号の音名は「G」、3弦2フレットの長3度を表す記号の音名は「B」、3弦5フレットの完全5度を表す記号の音名は「D」、2弦3フレットの短7度を表す記号の音名は「F」となります。他にもある「G・B・D・F」のフレットを、次のようにまとめて、5フレットまでのポジションを完成させてみましょう。

コード「G7」の音名
コード「G7」の音名を表した5フレットまでの指板図
コード「G7」のポジション
コード「G7」のポジションを表した5フレットまでの指板図

コード「G7」5フレットまで

コード「G7」で使われる「G・B・D・F」を全て示すと、左(上)の指板図のようになります。それをポジションに表したのが右(下)の指板図で、ルートのルートを表す記号が「G」の時に、短七度の短7度を表す記号は「F」になっています。音名を覚えるのもいいですが、ルートを表す記号からどのフレットに、短7度を表す記号が位置するのかを覚えましょう。ルートを表す記号のフレットは幾つかありますが、まずは4弦3フレットのルートを表す記号を基準にして、そこから音が高くなる2弦3フレットの短7度を表す記号と、音が低くなる4弦1フレットの短7度を表す記号の距離を、覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です