マイナーコードの短三度と完全五度

どのようなメジャーコードでも、ルート(根音)から長三度と完全五度のフレットは一定しており、それはマイナーコードになっても同じです。しかし、マイナーコードは長三度ではなく短三度(たんさんど)という音に変わります。長三度と短三度の違いに注目しながら、ベースの指板図を中心に考えてみましょう。

マイナーコードも指板図で考える

マイナーコードの短三和音に※がある譜面

短三和音は根音と短三度と完全五度

2小節目のコード「Em」のように、アルファベットの大文字の直ぐ右隣に、小文字の「m」と記されていたら、それはマイナーコードです。メジャーコードと同じく「E」はルートを表しており、「m」が短三度を表しています。完全五度の音も使っていますが、これはメジャーコードと同様に、コードには記さず省略されます。日本名は短三和音(たんさんわおん)です。6小節目の「Am7」と、7小節目の「Dm7」も、マイナーコードの一種ですが、これは四和音構成のコードになるので、後から別に説明しています。


マイナーコードの構成を説明したTAB譜面

マイナーコードの構成

マイナーコードも一番下に位置する音はルートを表す記号のルートで、これはメジャーコードや他のコードでも同じです。真ん中に位置する音は、短3度を表す記号と表されることが多い短三度です。一番上に位置する音は完全5度を表す記号の完全五度で、これもメジャーコードと同じです。ルートを表す記号短3度を表す記号完全5度を表す記号で構成されるのが、短三和音のマイナーコードです。

長三度と短三度の違い

コード「C」は長三度を表す長3度を表す記号が使われていますが、コード「Cm」は短三度を表す短3度を表す記号の音を使っています。この2つの音をTAB譜面で見比べてみると、長3度を表す記号は2弦2フレットで、短3度を表す記号は半音低くなった2弦1フレットです。長三度と短三度の違いをフレットで表すと、半音分だけ違うのが分かります。この半音だけの違いが、メジャーコードとマイナーコードを分けています。

ルートから短三度のフレット

コード「Cm」の3弦3フレットのルートを表す記号から、2弦1フレットの短3度を表す記号までの距離間を先ず覚えてください。次にコード「Em」の2弦2フレットのルートを表す記号から、1弦0フレットの短3度を表す記号までの距離間も測ってみましょう。どちらのコードもルートを表す記号から短3度を表す記号まで、同じフレットの距離間だというのが、分かりますでしょうか。どのようなマイナーコードも、ルートを表す記号から短3度を表す記号までのフレットの距離は一定になります。次に同じルートを持つ、メジャーコードとマイナーコードを、指板図で見比べてみましょう。

コード「C」のポジション
コード「C」のポジションを表した指板図
コード「Cm」のポジション
コード「Cm」のポジションを表した指板図

コード「C」の長三度と「Cm」の短三度

先ずはコード「C」と「Cm」のポジションを見比べてみましょう。ルートは同じなので、同じ3弦3フレットにルートを表す記号が位置しています。完全五度の完全5度を表す記号は、メジャーコードとマイナーコードに共通しています。長三度の長3度を表す記号と短三度の短3度を表す記号が、フレット半音だけ違うのが一目瞭然です。


コード「E」のポジション
コード「E」のポジションを表した指板図
コード「Em」のポジション
コード「Em」のポジションを表した指板図

コード「E」の長三度と「Em」の短三度

今度はコード「E」と「Em」のポジションを見比べてみましょう。基準をルートのルートを表す記号と考えてみましょう。メジャーコードとマイナーコードに共通する、完全5度を表す記号の完全五度は同じフレットにあります。短三度の短3度を表す記号は長三度の長3度を表す記号から、半音だけ低いフレットに位置しているのが分かります。


コード「D」のポジション
コード「D」のポジションを表した指板図
コード「Dm」のポジション
コード「Dm」のポジションを表した指板図

コード「D」の長三度と「Dm」の短三度

最後にコード「D」と「Dm」を見比べておきましょう。どちらのコードもルートを表す記号は3弦5フレットの、音名「D」にあるのでルートは「D」です。このフレットが基準のスタート地点となり、共通する完全五度の完全5度を表す記号と、長三度の長3度を表す記号と短三度の短3度を表す記号のフレットを決定付けるわけです。

短三度は長三度の半音下のフレット

指板図でも見てきたように、短三度の短3度を表す記号は、長三度である長3度を表す記号の半音下に位置しています。これら二つのフレットを、ルートのルートを表す記号から、いつでも分かるようにしておきましょう。また、メジャーコードとマイナーコードに共通する、完全5度を表す記号のフレットも然りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です