長三和音と短三和音の比較

長三和音(メジャーコード)と、短三和音(マイナーコード)を、ベースラインやピアノの和音(わおん)で比べながら、改めて確認してみましょう。また、指板図で長三和音と短三和音の、基準となる三角形を作り、それを他のコードに当てはめる、という作業をしていきましょう。

長三和音と短三和音の違いは半音

同じ根音の長三和音と短三和音が2小節ずつの譜面

長三和音と短三和音の3度

根音が同じのメジャーコードと、マイナーコードが2小節ずつ、全部で8小節の譜面です。ベースラインは各小節全て「根音→3度→完全5度」という順番で、3度は長3度か短3度となっています。もう既に気づいていると思いますが、長三和音と短三和音の違いは、3度の音だけで、完全5度は共通している音です。同じ根音の長3度を表す長3度を表す記号と、短3度を表す短3度を表す記号は、半音分フレットが違うだけです。


長三和音と短三和音の響き

エレキベースでコードを弾く時は、一音ずつの場合が多いので、音が重なった和音で聴くことは少ないと思います。なので、ここでは長三和音と短三和音を、ピアノで同時に鳴らし響かせ、聴き比べてみましょう。一般的に長三和音が明るく楽しい響きで、短三和音が暗く悲しい響きとされています。ピアノのキーでも分かるように、3度が半音違うだけで、正反対の和音が作られます。

メジャーコード(長三和音)の覚え方

メジャーコードはルートを表す記号のルート(根音)、長3度を表す記号の長3度、完全5度を表す記号の完全5度で、構成されるのは分かったと思います。このメジャーコードのポジションですが、広範囲を一気に覚えようとせず、ワンポジションから派生させていくと良いでしょう。

コード「C」の三角形
コード「C」の三角形を示した指板図
コード「F#」の三角形
コード「F♯」の三角形を示した指板図

メジャーコードの三角形

左(上)の指板図は、コード「C」のワンポジションです。この時に構成音の「ルート・長3度・完全5度」で作られる、三角形を意識してください。この三角形がメジャーコードを作る、基本形と考えます。4弦2フレットの音名は「F#」で、ルートをそこに持ってきてやると、右(下)の指板図のような、コード「F#」の完成です。ルートからの長3度や、完全5度の距離は一定を保つので、やはりそこにも、ルートと長3度と完全5度で作った、メジャーコードの三角形が出来上がります。


12フレットまでのコード「C」のポジション

メジャーコードの範囲を広げる

話をコード「C」の指板図に戻しましょう。ルート・長3度・完全5度の三角形だけでは物足りない、と感じ始めたら、そこからオクターブ高い1弦5フレットのルート、オクターブ低い4弦0フレットの長3度や、4弦3フレットの完全5度と、少しずつ範囲を広げ、上記のようなメジャーコードのポジションを作るといいでしょう。他のメジャーコードの場合も同様に、ルートを基点とする三角形を作り、そこからどんどんと範囲を広げて考えてみてください。


開放弦からのコード「E」
開放弦からのコード「E」を示した指板図
開放弦からのコード「D」
開放弦からのコード「D」を示した指板図

開放弦をルートとするメジャーコードの場合

ルートのフレットによっては、先ほどの三角形が作れない時もあります。左(上)の指板図のように、4弦の開放弦がルートの場合もそうで、長3度が同じ弦の4フレット目にあり、完全5度が隣の3弦2フレット目にあります。これはこのまま覚えてしまえば、3弦の開放弦や、右(下)の指板図のように、2弦の開放弦をルートとする場合も、同じポジションです。ルートが1弦の開放弦の場合は、異弦同音の2弦5フレットをルートとして、三角形を作って考えてみましょう。

マイナーコード(短三和音)の覚え方

マイナーコードはルートを表す記号のルート、短3度を表す記号の短3度、完全5度を表す記号の完全5度で構成されています。このマイナーコードのポジションも、メジャーコードと同じように、先ずはワンポジションからの、三角形で覚えていくといいでしょう。

12フレットまでのコード「Cm」のポジション

コード「Cm」のポジション

上記の指板図は、コード「Cm」のポジションを、12フレットまで表した指板図です。ベテランのベーシストなら、譜面にコード「Cm」とあれば、ポジションも直ぐに浮かんできますが、初心者では中々そうもいきません。やはりワンポジションを抽出してやり、そこから考えていくといいでしょう。3弦3フレットのルートを表す記号、3弦6フレットの短3度を表す記号、2弦5フレットの完全5度を表す記号、のワンポジションに注目してみましょう。


コード「Cm」の三角形
コード「Cm」の三角形を示した指板図
コード「Em」の三角形
コード「E♭m」の三角形を示した指板図

マイナーコードの三角形

左(上)の指板図は、先ほども説明していた、コード「Cm」のワンポジションです。メジャーコードと同じように、このワンポジションに三角形を作り、マイナーコードの基本形と考えます。コードが「Cm」の場合、短3度を2弦1フレット、完全5度を開放弦の1弦0フレット、としてやった方が楽な運指になります。しかし、他のマイナーコードでは、開放弦が使えない場合もあり、右(下)の指板図の、2弦1フレットをルートとした時などもそうです。なので、他のマイナーコードの時も、まずは左右(上下)の指板図のような三角形を作り、それをマイナーコードの基本形と考えましょう。


1弦をルートにした「Am」
1弦をルートにした「A♭m」を示した指板図
2弦をルートにした「Am」
2弦をルートにした「A♭m」を示した指板図

1弦をルートとするマイナーコードの場合

左(上)の指板図のように、1弦1フレットをルートとした場合、弦が足りず完全5度のフレットがないので、マイナーコードの三角形が作れません。これは異弦同音を利用してやるとよく、ルートの1弦1フレットを、2弦6フレットで考えてやります。そうすると弦がずれるので、右(下)の指板図のように、マイナーコードの三角形が作れます。1弦をルートとする時は、異弦同音の2弦をルートにして、三角形を作ってみましょう。

メジャーコードもマイナーコードも覚え方は自由

指板図に三角形を作り、最小単位のメジャーコードとマイナーコードから、オクターブや異弦同音のフレット考え、コードトーンを増やしていく、という説明をしてきました。これはエレキベースのコードに慣れてくると、誰でも思いつく方法で、同じように覚えた人もいるかもしれません。しかし、コードの覚え方は人それぞれで、もっと効率的で分かりやすい方法もあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です