マイナーコードは短三和音

根音(ルート)から短3度の距離が、指板のフレットで把握できたらマイナーコードを見ていきましょう。マイナーコードは「根音・短3度・完全5度」で構成されるので、メジャーコードとの違いは少しだけ、というのが分かると思います。

根音と短3度のベースライン

根音と短3度のベースラインを練習する譜面

マイナーコードの書き方

4小節目までは「CmBmAmGm」と、アルファベットの大文字の直ぐ右隣に、小文字の「m」がついており、こういったコードをマイナーコードと言います。また、5小節目にあるマイナスのような横棒や、8小節目のように「min」と書かれていても、マイナーコードを表します。小文字の「m」と表記される場合が最も多いと思いますが、コードの表記方法は統一されておらず、人によって書き方が違ってくるので気をつけましょう。

コード「Cm」の根音と短3度のを表した指板図

コード「Cm」の根音と短3度(1・5小節目)

5小節目のルートは3弦3フレットで、短3度は3弦6フレットを使っています。短3度を2弦1フレットで押弦してもいいですが、次の1弦5フレットで、シフティング(ポジション移動)が必要になるので、僕は5小節目のようなTAB譜面にしてみました。人によって弾き易い運指があるので、弾き比べてみましょう。


コード「Bm」の根音と短3度のを表した指板図

コード「Bm」の根音と短3度(2・6小節目)

2小節目の短3度は、2弦0フレットを使っています。もちろん、異弦同音の3弦5フレットを使っても問題ありませんが、1小節目からの流れを考えると、2小節目のような、TAB譜面にするのが適当かと思います。6小節目の短3度も、2弦の開放を使った方が楽でしょう。


コード「Am」の根音と短3度のを表した指板図

コード「Am」の根音と短3度(3・7小節目)

3小節目は、3弦の0フレットから3フレットまでが、ルートから短3度の距離になり、これが4弦や2弦や1弦になっても同じです。7小節目はルートが1弦2フレットで、短3度までの1弦5フレットまでは指の開きか、シフティングが必要です。ルートを2弦7フレットにする、というのも一つの方法です。


コード「Gm」の根音と短3度のを表した指板図

コード「Gm」の根音と短3度(4・8小節目)

4小節目は1小節目の音程と似ており、ルートから短3度までが、TAB譜面でも同じと分かります。8小節目も3小節目と似ていて、ルートの開放弦から、短3度の3フレットまでが同じ距離にあります。何度か説明してきているように、基準となるルートが動くと、短3度や他の度数も、それと同じように動く分けです。

コード「C」と「Cm」の違い

メジャーコードの「C」と、マイナーコードの「Cm」を例に挙げて、呼び方と表記方法について説明してみます。コード「C」の呼び方ですが、単に「シー」と言えば通じます。しかし「シーメジャー」と言うのが正確な呼び方です。コード「Cm」の呼び方は「シーマイナー」で「C」はルートを表しており「m」は3度が短3度、というのを表しています。コード「C」なら3度は長3度で、コードには表さずに、省略するのが一般的です。コード「C(シーメジャー)」と「Cm(シーマイナー)」の違いは、呼び方にもコード表記にも表される分けです。

短三和音のベースライン

マイナーコードを日本語で表すと短三和音(たんさんわおん)と言います。メジャーコードの長三和音と同様に、短三和音も三和音と言うので、三つの音から作られるコードです。そして、短三和音の三つ目の音は、長三和音と同じ完全5度です。

短三和音ベースラインを練習する譜面

短三和音は「根音(ルート)・短3度・完全5度」

コード進行は一枚目と同じ「CmBmAmGm」ですが、ベースラインはルートと短3度に加え、完全5度を使っています。これでマイナーコードである、短三和音の音を全て使ったベースラインになりました。ここでは短三和音の音を把握する為に、三つの音を使っていますが、無理に全ての音を使う必要もありません。自分が根音だけで十分と思えば、それだけになっても問題なく、実際にベースラインは根音だけという曲もあります。

短三和音「Cm」を表すポジション

短三和音「Cm」のポジション(1・5小節目)

1小節目と5小節目では、完全5度に開放弦を当てることが出来ます。根音に3弦3フレット、短3度に2弦1フレット、完全5度に1弦0フレットという具合です。開放弦を使わないとなると、3弦3フレットを人差し指で押弦し、短3度に3弦6フレットを使い、2弦5フレットを薬指で押弦する、といった難しい運指になりますが、運指の練習の為にはそれもいいでしょう。


短三和音「Bm」を表すポジション

短三和音「Bm」のポジション(2・6小節目)

指板図を見てみると、今度は短3度が3弦5フレットにあるので、これを2小節目と6小節目で、開放弦にして使っています。2小節目は根音を人差し指、完全5度を小指で押さえる楽な運指です。6小節目は2弦0フレットを弾いている間に、シフティング(ポジション移動)に余裕が出来るでしょう。


短三和音「Am」を表すポジション

短三和音「Am」のポジション(3・7小節目)

3小節目と7小節目ともに、根音は3弦0フレットの開放弦を使っています。7小節目は根音に対して、音が高くなる上の完全5度(2弦2フレット)と、音が低くなる下の完全5度(4弦0フレット)を使っています。この上と下の完全5度は、オクターブの関係にあります。


短三和音「Gm」を表すポジション

短三和音「Gm」のポジション(4・8小節目)

8小節目の根音は4弦3フレットと、そこからオクターブ高い2弦5フレットです。2弦5フレットは、1弦0フレットの開放弦を使えますが、次の2弦0フレットを弾くと同時に、1弦0フレットの音を止めなければ、音が重なってしまいます。それが難しく感じた場合は、TAB譜面のように弾くといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です