メジャーコードやマイナーコードのように、3つの音で構成されるものを、トライアドコードと言います。ここで説明するオーグメントコードもトライアドコードで、メジャーコードを基準に考えてやると、分かりやすいと思います。

オーグメントコード

メジャーコードとオーグメントコードのポジション指板図

オーグメントコードのポジション

上の指板図は、これまでにも見てきたコード「C」のポジションで、完全5度の記号の完全5度が半音上がり、増5度の記号の増5度になったのが、下の指板図の「Caug」のポジションです。両方を見比べて見ると、完全5度が半音上がったことにより「Caug」は、コードトーンが斜めに並んでいる、のが特徴的でしょう。発音的にはオーギュメントコードとも言われます。

増三和音の響き

オーグメントコードは和名で増三和音(ぞうさんわおん)とも言われます。片方の鍵盤図はC音が根音の、長3度と完全5度で構成される長三和音です。もう片方の鍵盤図はC音が根音の、長3度と増5度で構成される増三和音です。僕が持つ増三和音のイメージは、不安感や孤独感があります。和音でも増三和音がどんなイメージになるか、確認しておきましょう。

オーグメントコードのベースライン

奇数小節にメジャーコードで、偶数小節にルートを同じとするオーグメントコード、という8小節の譜面です。4小節目までは「ルート→長3度→5度」という進行で、メジャーコードは完全5度、オーグメントコードは増5度という、半音分フレットが違うことを意識してください。5・6小節目は長3度を使っていませんが、やはり5度の音が半音違うのが分かると思います。

オーグメントコードの書き方

偶数小節はどれもオーグメントコードですが、表記方法がそれぞれ違います。譜面にもあるよう「Caug」「A+」「E+5」「B♭(#5)」と書いても、どれもがオーグメントコードを表します。人によっては、更に細かく表記方法が違ったりしますが、大体はこんな感じだと思ってください。