減5度と増5度のフレット

3度を「長3度」と「短3度」に分けられたのと同じく、完全5度も音程名を変えて、表現することがあります。名前が違ってくるので、当然フレットの場所も違ってきます。ルート(根音)と完全5度からの、距離に注目して見ていきましょう。

減5度のフレットと音程

ルートが3弦3フレの度数
ルートが3弦3フレの度数を表す指板図
減5度のフレット
減5度のフレットを表している指板図

減5度は完全5度から半音低いフレット

まずは左(上)の指板図で、これまで覚えたルートを表す記号のルートから、長3度を表す記号の長3度、その長3度から半音低い短3度を表す記号の短3度、そして、今回の基準になる完全5度を表す記号の完全5度の距離を、確認しておきましょう。右(下)の指板図のように、完全5度から半音低い減5度を表す記号のフレットを減5度(げんごど)と言います。長3度から半音低い時は「短」を付け、短3度としましたが、完全5度が半音低くなると「減」を付け、減5度とします。


減5度の上と下
減5度のオクターブを説明する指板図
ルートと減5度の距離
ルートと減5度の距離を説明する指板図

減5度の上下とオクターブ

左(上)の指板図は、先ほどと同じく3弦3フレットをルートとし、そこから完全5度と減5度を表した指板図です。2弦4フレットの減5度は、ルートから音が高くなるので上の減5度、そこからオクターブ低い、4弦2フレットが下の減5度です。右(下)の指板図は、4弦5フレットのルートから見ると、3弦6フレットが上の減5度で、1弦8フレットは更に音が高くなる、減5度になります。


完全5度と減5度の響きを聴き比べる

ピアノの音でも、完全5度と減5度の音程を聴いてみましょう。左(上)の音源は根音の「C」音と、完全5度の「G」音の、2つの音が鳴っています。完全5度の音程は安定しており、しっかりとした響きなのが分かると思います。右(下)の音源は、根音の「C」音は同じですが、次の音は、完全5度から半音低い「G」の減5度です。完全5度に比べると、減5度の音程は不安定な響きに感じられるでしょう。

増5度のフレットと音程

ルートが4弦1フレの度数
ルートが4弦1フレの度数を表す指板図
増5度のフレット
増5度のフレットを表している指板図

増5度は完全5度から半音高いフレット

先ずは左(上)の指板で、4弦1フレットをルートとする、度数を確認してみましょう。長3度の長3度を表す記号から半音低いフレットは、3弦では表現できないので、3弦0フレットを4弦5フレットの異弦同音に直し、そこから半音低い短3度を表す記号を短3度とします。そして、完全5度から半音高いフレットにあるのが、右(下)の指板でも表しているように、増5度を表す記号増5度(ぞうごど)と言います。「完全」が付く音程が半音上がると「増」を付けて表す、と覚えておきましょう。


増5度の上と下
増5度の上下を表す指板図
ルートから増5度の距離
ルートからの増5度の距離を表した指板図

増5度の上下とオクターブ

左(上)の指板図で、完全5度を表す記号がルートから完全5度を表している、のは分かると思います。1弦3フレットが上の完全5度、3弦1フレットが下の完全5度です。それら上下の完全5度から、半音高いフレットが増5度を表す記号の増5度です。2弦1フレットのルートを、異弦同音である3弦6フレットで表してみると、1弦8フレットにオクターブ高いルートが作れ、減5度との関係は、右(下)の指板図のようになります。


完全5度と増5度の音程

根音から増5度の音程を、ピアノでも聴いてみましょう。まずは減5度の時と同じように、根音の「C」音と完全5度の「G」音を聴いてみましょう。それから、完全5度から半音上がった「G#」音を聴いてください。完全5度より半音だけ、音に広がりが出来ますが、音程的にはどこか不安定さを感じられるかと思います。しかし、音程の感じ方は個々で違うので、増5度の音程が好きな人もいるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です