メジャーコードは長三和音

エレキベースのコードに限ったことではなく、コードを勉強する時に、最初に覚えるのがメジャーコードかと思います。このメジャーコードが、これからのコードの基本になっていくと思うので、しっかりと見ていきましょう。過去のページで説明した「根音(ルート)・長3度・完全5度」が主役のコードです。

根音と長3度のベースライン

根音と長3度のベースラインを練習する譜面

メジャーコードの成分

譜面には「CFEG」というコードネームがあり、こういったアルファベットの大文字だけで表されるコードをメジャーコードと言います。「CFEG」がコードのルートを示している、というのは前のページで説明しましたが、メジャーコードは、ルートだけを意味している分けではありません。その中には長3度も含まれており、上記の譜面でも長3度を表す記号の位置で、そのコードの長3度の音を使っています。各コードのルートと、長3度のポジションを確認していきましょう。

「C」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでのコード「C」の根音と長3度のポジション

コード「C」の根音と長3度(1・5小節目)

指板の音名が頭に入ってないことには、ルートが押さえられないので、まずは左の指板図で「C」音を確認しておきましょう。1小節目も5小節目もルートは、3弦3フレットを使っています。1小節目の長3度は2弦2フレットだけですが、5小節目は4弦0フレットの、下の長3度を使っているのが分かります。


「F」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでのコード「F」の根音と長3度のポジション

コード「F」の根音と長3度(2・6小節目)

2小節目のルートは2弦3フレットで、長3度は1弦2フレットが使われています。6小節目のルートは2弦3フレットから、オクターブ低い4弦1フレットです。長3度は3弦0フレットを使っていますが、異弦同音に当たる、4弦5フレットでも問題ありません。4拍目は2弦3フレットのルートです。


「E」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでのコード「E」の根音と長3度のポジション

コード「E」の根音と長3度(3・7小節目)

7小節目で使われている、2弦2フレットのルートから、上の長3度に当たる、1弦1フレットのポジションは分かりやすいですが、3小節目の4弦0フレットのルートから、上の長3度は3弦ではフレットが足りず、押弦できないので、指板図にもあるように、上の長3度は4弦4フレットになります。


「G」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでのコード「G」の根音と長3度のポジション

コード「G」の根音と長3度(4・8小節目)

4小節目のルートと、長3度の関係は分かりやすいと思います。8小節目のルートは1弦0フレットで、上の長3度は1弦4フレットです。ルートである1弦0フレットを、異弦同音の2弦5フレットに直してやると、分かりやすいポジションになるでしょう。開放弦が入るとややこしくなるので、よく考えてみましょう。

長三和音のベースライン

メジャーコードを日本語で表すと長三和音(ちょうさんわおん)と言い、名前の通り三つの音から作られるコードです。メジャーコードには、根音(ルート)と長3度の音が含まれると説明しましたが、もう一つは完全5度の音です。

長三和音のベースラインを練習する譜面

コードトーンはコードを作る音

最初に見た譜面は、ルートと長3度を使ったベースラインでしたが、この譜面では更に完全5度の音を使っています。これで長三和音に含まれる、根音と長3度と完全5度の、全てを使ったベースラインになりました。譜面にある完全5度を表す記号の記号が、各コードの完全5度を表す音です。長三和音であるメジャーコードは、根音と長3度と完全5度から作られている分けですが、それらのコードを作る音をコードトーンと言います。これは長三和音に限ったことではなく、コードの構成音のことを、コードトーンと言うので覚えておきましょう。

「C」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでの長三和音「C」を表す指板図

長三和音「C」のポジション(1・5小節目)

1小節目は3弦3フレットのルートから、2弦2フレットの長3度、2弦5フレットの完全5度と、分かりやすいベースラインです。右(下)の指板図でも分かるように、2弦5フレットは1弦0フレットでも代用できます。5小節目は3弦3フレットのルートに対して、下の長3度と完全5度が使われています。


「F」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでの長三和音「F」を表す指板図

長三和音「F」のポジション(2・6小節目)

2小節目はルートこそ違いますが、1小節目と同じ音程だというのが、ベースラインの進行から分かると思います。6小節目は4弦1フレットのルートから、3弦0フレットの長3度、3弦3フレットの完全5度、2弦3フレットのルートと、最後はオクターブ高いルートで終わっています。


「E」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでの長三和音「E」を表す指板図

長三和音「E」のポジション(3・7小節目)

3小節目はルートの4弦0フレットから、3弦2フレットの上の完全5度を使っています。7小節目はルートの2弦2フレットから、3弦2フレットの下の完全5度を使っています。完全5度は同じ3弦2フレットですが、ルートが違うと完全5度も、上になったり下になったりする分けです


「G」音が強調されている5フレットまでの指板図
5フレットまでの長三和音「G」を表す指板図

長三和音「G」のポジション(4・8小節目)

4・8小節目ともにルートは4弦3フレット、長3度は3弦2フレット、完全5度は3弦5フレットを使っています。もちろん、これら以外のコードトーンを使っても問題ありません。右(下)の指板図も示しているように、2弦5フレット(1弦0フレット)のルートから入ってみたりと、いろいろ試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です