4フレット4フィンガー(1フレット1フィンガー)

弦の押さえ方には運指スタイルがあり、エレキベースでよく使われるのが4フレット4フィンガー1フレット1フィンガーと言われる運指スタイルです。教則本でも必ずと言っていいほど、使用されている運指方法なので覚えておきましょう。

4フレット4フィンガーの練習

4フレット4フィンガーとは、4フレット分の指板エリアを、四本の指で押弦する運指のことです。エレキベースでは基本のような運指で、多くの人がこれを使い演奏しているかと思います。1つのフレットに一本の指を使う、という考え方も出来るので、1フレット1フィンガーとも言われます。

4フレット4フィンガーの運指を使った譜面

4フレット4フィンガーでド・レ・ミを弾く

4フレット4フィンガーの基本練習として「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を用いることが多く、これはCメジャースケールの運指でも使っていた運指です。4フレット4フィンガーの名前の通り、2フレットから5フレットの4フレット分を、人差し指・中指・薬指・小指と、四本の指で押弦しているのが分かります。ベースライン自体は単純なものですが、指を開くのに苦労するので、初心者には難しいはずです。先ずはこの譜面を4フレット4フィンガーの基本としましょう。


ドレミの順番を入れ替えた4フレット4フィンガーの譜面

ド・レ・ミの順番を入れ替えた4フレット4フィンガー

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を順番通りに弾くだけでなく、この譜面のように、順番を入れ替えて弾く練習もよくあります。また、4フレット4フィンガーはポジション移動をしない、という分けでもなく、3小節目にある矢印のポイントで、中指を1弦5フレットへ移動してやりましょう。そうすると、小指が4小節目の1弦7フレットに届く分けです。ポジション移動はこの運指方法だけでなく、3小節目の1弦5フレットを小指で押さえ、次の4小節目の1弦4フレットをポジション移動をして、人差し指で押さえるという運指でもいいと思います。


1弦から3弦への4フレット4フィンガーの譜面

1弦から3弦への4フレット4フィンガー

今度は1弦から3弦へと、音が低くなりながら進行していきます。始まって直ぐに1弦5フレットの中指から、1弦2フレットの人差し指で、ポジション移動があります。これは一つ前の譜面の続きなので、1小節目の1弦5フレットは中指から入っていますが、小指から入ってやっても問題ありません。また、最初はフレットを目で見て確認するのは仕方ないですが、最終的にはあまりフレットを見過ぎず、手の感覚だけで押弦できるようにしてください。時折チラっと確認する程度を目標にするといいでしょう。


ポジション移動のコツを説明した譜面

ポジション移動(シフティング)のコツ

もちろんフレットと弦は離れた状態ですが、指は弦から離さずにキュルキュルと音をさせながら、目的のフレットへと滑らすようにして、指を運んでやるといいかもしれません。この譜面でも矢印のポイントで、2回のポジション移動があるので、そんな感じでやってみてください。4小節目の4弦7フレットは薬指だけでなく、同時に中指も一緒に4弦を押さえてやるといいでしょう。中指と薬指で4弦を押さえたまま、次の4弦8フレットも、小指で押さえてやるといいと思います。

4フレット4フィンガー(1フレット1フィンガー)の特徴

4フレット4フィンガーの特徴は、指をいっぱいに広げての押弦なので、広範囲のフレットをカバー出来ます。そして、動きの多いフレーズにも対応しやすいです。しかし、女性や子供のように手の小さい人には、かなりきつい運指方法になるでしょう。一ヶ月ほど練習しても指が開かず、フレットに届かない場合は、次のページで説明している、3フレット4フィンガーを使っていきましょう。無理をして手を傷めないようにも気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です